エンタメスタジオCre-eat

中世ダークファンタジー剣戟譚『LANCASTER《ランカスター》』連載中 © 2019 エンタメスタジオCre-eat

LANCASTER《ランカスター》:第1話 異世界の始まり

LANCASTER《ランカスター》:第1話 異世界の始まり
第1話:異世界の始まり

あらすじ:ある日、目覚めると、朝霧雫は見知らぬ土地にいた。眼前に広がる平野には、金属鎧に身を固めた兵士の骸の山。「ここは一体どこだ……自分はいったい何者だ……」。記憶を失くした男、見慣れぬ異様な光景、いま物語が動き出す。

※記事公開日2019年8月19日(記事更新日2019年11月30日)

 

 

中世ダークファンタジー剣戟ノベル『LANCASTER《ランカスター》』とは

ある日、現代からタイムスリップしたひとりの男。

目が覚めると、そこは中世暗黒時代、百年戦争の地だった。

再び生きて現代に戻る条件はただ一つ。

あらゆる願いを叶える《奇蹟の円環》を手に入れる事。

ビジュアルノベルで楽しめる中世ダークファンタジー剣戟譚、いざ開幕!

 

 

 

LANCASTER《ランカスター》第1話:異世界の始まり

 

いいか、忘れるな……決して忘れるな

 

何だ……暗闇の底から声がする……

 

たとえ"時"を超えようとも 組織の命令は絶対だ

 

だ、誰だ………何を言っているんだ……

 

良いな。ゆめゆめ忘れるな。彼の地にて、己の任務を果たすのだ

 

 

 

 

何か夢を見ていたような気が……身体を起こすだけで頭が痛む。

俺はいったい誰なんだ…………

 

LANCASTER《ランカスター》朝霧雫が異世界の光景を見て戸惑うシーン

 

それに……ここは一体……

 

LANCASTER《ランカスター》:ダークファンタジーな異世界

 

どこなんだ……

鎧……剣……これじゃ、まるで中世のようだ……

 

LANCASTER《ランカスター》道1

 

────なんだ……森の奥から悲鳴が!?

 

 

 

LANCASTER《ランカスター》第2話:急襲