エンタメスタジオCre-eat

中世ダークファンタジー剣戟譚『LANCASTER《ランカスター》』連載中 © 2019 エンタメスタジオCre-eat

LANCASTER《ランカスター》:第4話 変わる未来

LANCASTER《ランカスター》:第4話 変わる未来
第4話:変わる未来

あらすじ:朝霧は、左右に分かれた岐路を前にして、不意に既視感に襲われる。それは、右手に進んだ後、薬師ココットは、追手の賊徒に殺されてしまう、というものだった。

※記事公開日2019年8月20日(記事更新日2019年11月24日) 

 

 

中世ダークファンタジー剣戟ノベル『LANCASTER《ランカスター》』とは

ある日、現代からタイムスリップした一人の男。

目が覚めると、そこは中世暗黒時代、百年戦争の地だった。

生きて再び現代に戻る条件はただ一つ。

あらゆる願いを叶える《奇蹟の円環》を手に入れる事ーー

生死を賭した中世ダークファンタジー剣戟譚、開幕!!

 

 

 

LANCASTER《ランカスター》第4話:変わる未来

 

これだけ走れば、問題ないだろう

 

ハァハァ………でも、どうして……ハァハァ……急に道を変えようなんて……

 

自分でもよく分からない。ただ……嫌な予感がしたんだ 

そう……血の臭いのする嫌な景色が見えたんだ

 

血の臭い……もしかしたらあのまま岩戸へ向かっていたら今ごろ……

 

…………

 

だとしたら、え~と……

 

朝霧(あさぎり)。俺の名は朝霧雫(あさぎりしずく)だ

 

そう、朝霧さんが未来を変えてくれたのかも……な~んて!

 

未来を変えた、か

(そんな馬鹿げたこと……)

 

それでこれからどうするんですか?

 

俺はもう一度、村に戻る

 

な、何を言っているんですか!? せっかく逃げて来たばかりなのに……

命を捨てるつもりですか!

 

命を捨てるか……たとえ、そうなったとしても、俺は残された人を救わなきゃいけない。それが俺の罪滅ぼしだ

(なぜ、そんな台詞を。俺は……)

 

落ち着いて下さい。助けたい気持ちは私も同じです

でも、私たちに何ができると言うんですか!

 

何ができるかは分からない……それでも見捨てることはできない

 

それなら私も……!

 

駄目だ。ココットには危険すぎる

 

それなら朝霧さんだって────

(いや、違う。この人はこんな時でも眉ひとつ動じていない。まるでランカスター隊長のようだ……それに比べて私は……)

 

…………

 

分かりました。それでは、せめて、これを持って行ってください

 

これは……薬草?

 

山の頂上にしか咲かない太陽の光を集めた《陽光草》から作った薬です。飲めば、たちまちに傷が癒えます

 

いいのか。ランカスターとやらに渡す予定じゃなかったのか

 

今は急を要する事態。必要とする人に使って下さい。それに──

ランカスター隊長がここに居れば、彼女もきっと同じ事を言うはずです

 

分かった。使わせて貰うぞ。世話になった、ココット

 

どうかご武運を

(オークリーの山の神よ……どうか彼にご加護をお与え下さい)

 

 

 

LANCASTER《ランカスター》第5話:覚醒する力