エンタメスタジオCre-eat

中世ダークファンタジー剣戟譚『LANCASTER《ランカスター》』連載中 © 2019 エンタメスタジオCre-eat

中世ダークファンタジー剣戟譚ノベル『LANCASTER』第6話 村娘ローレンの依頼

中世ダークファンタジー剣戟譚『LANCASTER《ランカスター》』:朝霧雫&村娘ローレン

第6話:村娘ローレンの依頼

あらすじ:オークリー村に到着した朝霧の耳に女の悲鳴が届く。朝霧は、野盗に襲われている村娘を目の前にして、秘めていた力を発揮するのだった。

 

中世ダークファンタジー剣戟ノベル『LANCASTER《ランカスター》』第6話:村娘ローレンの依頼

 

さっきは危ない所を助けてくれて、ありがとう。私はこのオークリー村に住むローレンよ

 

俺は、朝霧雫だ

 

あんた……どうやら、この村の人ではないようだね。見た事ない黒衣だ……

 

見た事ない黒衣……まさかスーツの事を言っているのか……?

あ、ああ。それより怪我はないか

 

ええ、あたいは大丈夫。それより、村の子供達が──────

 

ローレン以外にも……まだ生き残りが!?

 

ええ。賊が襲ってくる前に、あたいと村の大人たちで、教会の地下に子供たちを匿ったの

でも、子供たちを隠した所で賊が教会に乗り込んできて……それで、あたい以外の大人は皆…………

 

それで残ったローレンも賊に追われるハメになったという訳か

 

そう…………

こんなこと、村に無関係の人に言うのはおかしいって分かってる……でも、どうか子供たちを助けてくれませんか!

 

…………

 

さっきの強さ。あんたなら賊共から子供を救えるんじゃないかって……

 

強さか……俺にはローレンの方が十分強いように見える

 

え……

 

俺は、どうやら、人を殺す技術があるだけのようだ……

 

それはどういう意味……

 

……

幸い、賊から奪った短剣がある。教会の中に入ったら、賊共は俺が引き受ける。ローレンは、その隙に子供の所へ向かえ

 

え……

 

グズグズするな、急ぐぞ──────

 

中世ダークファンタジー剣戟ノベル『LANCASTER《ランカスター》』

第6話:村娘ローレンの依頼 END

 

 

中世ダークファンタジー剣戟ノベル『LANCASTER《ランカスター》』第7話:教会へ侵入

 

中世ダークファンタジー剣戟ノベル『LANCASTER《ランカスター》』とは

ある日、現代からタイムスリップしたひとりの男。

目が覚めると、そこは中世暗黒時代、百年戦争の地だった。

再び生きて現代に戻る条件はただ一つ。

あらゆる願いを叶える《奇蹟の円環》を手に入れる事。

ビジュアルノベルで楽しめる中世ダークファンタジー剣戟譚、いざ開幕!

 

注意事項

当ブログはモブキャラや背景に一部フリー素材を拝借しております。

基本的に規約を遵守して使用させて頂いております。

権利者様におかれましては、もし記事中の画像について

問題等がございましたらご連絡をお願いします。

速やかに該当画像の削除等の対応をさせて頂きます。