エンタメスタジオCre-eat

中世ダークファンタジー剣戟譚『LANCASTER《ランカスター》』連載中 © 2019 エンタメスタジオCre-eat

中世ダークファンタジー剣戟譚ノベル『LANCASTER』第10話 既視感

LANCASTER《ランカスター》村の教会
第10話:既視感

あらすじ:賊徒共を斬り伏せ、地下室へ向かう朝霧。そこで待っていたのは、血だらけで横たわる村娘ローレン、そして、子供たちの死体だった。

 

中世ダークファンタジー剣戟ノベル『LANCASTER《ランカスター》』第10話:既視感

 

この既視感……薬師ココットの時と同じだ……)

(あの時も既視感があった……これは一体……

 

さっきから顔色悪いけど……大丈夫?

 

あ、ああ……

ここはどこか……自分は何者なのか……この既視感《デジャヴ》は何か……何も分からない。だが、今は前に進むしかない)

 

…………

 

作戦を変更する

 

え?

 

地下室までは共に行動する。それまでは俺から一切離れるな、約束だ

 

急にどうして!?

 

分からない。だが、そうしなければ……

 

そうしなければ……?

 

いや、何でもない。先を急ぐぞ

 

(何か様子がおかしいわ……)

 

 

LANCASTER《ランカスター》村の教会

 

 

ここが礼拝堂よ

 

礼拝堂にいる敵は3人。その近くに敵が隠れているはずだ

 

え……どうしてそんな事が分かるの

 

…………

それより約束は覚えているな?

 

え、ええ

 

それならいい。お前も子供たちも死なせはしない

 

それって……どういう意味?

てっ……あれ、もういない……

 

f:id:Toaru-GameDesigner:20190908155546p:plain

 

 

グハッッ!

 

まずは一人

 

やるじゃあねえか、あぁん

 

一撃で仕留めるとは……何者だ

 

その台詞を聞くのはこれで2回目だ

 

なんのことだ……まあ、いい。お前ら出て来い、敵だ

 

今度こそ確実に仕留める

 

カハッ……オレが斬ったのは残像……

 

凄い……一瞬で二人も…………

 

問題はここからだ

(ローレンを庇いながら複数相手にどこまで立ち回れるか)

 

暗殺者《アサシン》と、甘く見過ぎていたか……

女共々皆殺しだ

 

来るなら来い。掟に従い、忍び討つ────

 

中世ダークファンタジー剣戟ノベル『LANCASTER《ランカスター》』

第10話:既視感 END

 

中世ダークファンタジー剣戟ノベル『LANCASTER《ランカスター》』第11話:死の予感


中世ダークファンタジー剣戟ノベル『LANCASTER《ランカスター》』とは

ある日、現代からタイムスリップしたひとりの男。

目が覚めると、そこは中世暗黒時代、百年戦争の地だった。

再び生きて現代に戻る条件はただ一つ。

あらゆる願いを叶える《奇蹟の円環》を手に入れる事。

ビジュアルノベルで楽しめる中世ダークファンタジー剣戟譚、いざ開幕!

 

 

注意事項

当ブログはモブキャラや背景に一部フリー素材を拝借しております。

基本的に規約を遵守して使用させて頂いております。

権利者様におかれましては、もし記事中の画像について

問題等がございましたらご連絡をお願いします。

速やかに該当画像の削除等の対応をさせて頂きます。