クリエイター生活!

ゲームデザイナー5年目となる綾崎あやめです。 ゲーム業界への就職、クリエイターの生活、創作に役立つ情報について発信します。 © 2020 エンタメスタジオCre-eat

商業作品から学ぶカッコイイ必殺技の作り方・コツ

商業作品から学ぶカッコイイ必殺技の作り方・コツ

概要:当記事は、漫画等の商業作品からカッコイイ必殺技の作り方・コツについて紹介する記事です。

※記事公開日2019年9月9日(記事更新日2020年7月29日) 

 

 

こんにちは、わたなべ りょーです。

本業は、ゲームプランナーです。

プレイヤー制作とテキスト制作等について4年間ほど行っています。

 

  

当記事は、下記の方に向けて書いています。

 

・小説、漫画、ゲームについて制作している方

 

・これから創作をしようと思っている方

 

今回は、『Bleach』『NARUTO』など人気商業作品より、カッコイイ必殺技の作り方について紹介します!

 

 

 

 

必殺技の作り方①:その必殺技はどういう立ち位置の必殺技なのかを決める

 

必殺技を作るにあたって真っ先に決めたいのは、その必殺技の立ち位置です。

 

つまり、その必殺技は、「どういったポジションの必殺技になのか」について決める必要があります。

 

例えば、以下の通りです。

 

・美しい必殺技

・破滅的な必殺技

・卑怯な必殺技

 

このように、まずポジションを決めてください。

 

なぜなら、全キャラクターが一撃必殺の高火力技を使ってしまうと、キャラクター毎の差がなくなってしまうためです。

 

 

 

必殺技の作り方②:商業作品に共通して見られる必殺技の立ち位置の分類


商業作品から分析した所、必殺技の立ち位置は、主に以下の通りに分けられます。

 

 

美しい必殺技

(朽木白哉「千本桜」、朽木ルキア「白霞罸」、カカシ「千鳥」等)

 

破滅的な必殺技

(例.山本元柳斎重國「流刃若火」、アルトリア・ペンドラゴン「エクスカリバー」等)

 

卑怯な必殺技

(例.涅マユリ「金色疋殺地蔵」、大蛇丸「穢土転生」等)

 

・テクニカルな必殺技

(例.平子真子「逆様邪八宝塞」、奈良シカマル「影縫いの術」等)

 

ユニークな必殺技

(例.ガアラ「砂の盾」「砂の鎧」、黄猿「八咫鏡」等)

 

身体変化の必殺技

(例.トニー・トニー・チョッパー「脚力強化」「重量強化」等)

 

 

このように、必殺技の立ち位置は、大まかに上記6つに分類することができます。

 

 

必殺技の立ち位置について決める際は、ぜひ上記分類を参考にしてみてください。 

 

 

必殺技の作り方③:「制限」が魅力的な必殺技を作る

 

制限があると、必殺技は魅力的になります。

 

なぜなら、制限があることで、「でも、見たい」という強力なヒキを作ることができるためです。

 

この効果は、カリギュラ効果と呼ばれ、心理学的にも実証されています。

 

カリギュラ効果とは、禁止されるほどやってみたくなる心理現象のことをいう。例えば、テレビ番組で、「ピー」などの効果音を付けて発言を聞こえなくしたり、モザイク処理をかけて映像の一部を見えなくすることにより、いっそう視聴者の興味をかき立てるなどである。

 

Wikipediaより引用

 

このように、必殺技に「制限」を設けることで、「でも、見たい」という心理効果を引き出せます。

 

 

 

必殺技の作り方④:必殺技に課すことで面白くなる4つの禁

 

商業作品では、必殺技に以下いずれかの禁を課すことで、ヒキを作っていました。 

 

 

・回数制限

(使用できる回数に制限がある)

 

肉体制限

(使用する度に肉体に極度の負荷が掛かってしまう)

 

状況制限

(使用できる場所に制限がある)

 

・禁忌制限

(禁忌・掟・ルールにより「その技は使うな」と言われている)

 

  

このように、必殺技に上記いずれかの禁を設けることで、ヒキを作ることができます。

 

例えば、『Fate』にて、衛宮切嗣は「時間操作」を利用して、2倍、3倍の速さで動けるようになります。

 

しかし、加速度が上がる度に身体に極度の負荷が掛かってしまいます。

 

 

 

 

必殺技の作り方⑤:必殺技に「弱点」を用意することで戦略が生まれる

  

最強の必殺技というのは、おもしろくないかもしれません。なぜなら、攻略する余地がないからです。

 

「最強そうに見えて、実は弱点がある」

 

こっちの方がおもしろそうに見えませんか?

 

そこで、先ほど紹介した4つの禁が役に立ちます。

 

 

・回数制限

 

肉体制限

 

状況制限

 

・禁忌制限

 

 

 

 

このように、上記禁を設けることで、必殺技に弱点を用意できます。

 

弱点があれば、バトルに「駆け引き」が生まれます。

 

バトルの楽しさは、単純な力比べだけではなく、時には頭脳比べでもあります。

 

 

 

必殺技の作り方⑥:キメ台詞があると必殺技はより魅力的になる

 

キメ台詞は、料理で言えば、スパイスのようなものです。

 

物語にピリッとした雰囲気を持たせるのに非常に有効な手段です。なぜなら、キメ台詞が出てくることで、否が応でも期待が生まれるためです。

 

例えば、漫画『BLEACH』では、以下キメ台詞を用意することで、読者に期待させていました。

 

 

・日番谷冬獅郎「霜天に坐せ『氷輪丸』」

 

・山本元柳斎重國「万象一切灰燼と為せ『流刃若火』」

 

・朽木白夜「散れ『千本桜』」

 

・市丸ギン「射殺せ『神鎗』」

 

・狛村左陣「轟け『天譴』」

  

・涅マユリ「掻き毟れ『疋殺地蔵』」 

 

 

このように、キメ台詞を口にすることで、読者の期待感をグっと高めることができます。 

 

 

必殺技の作り方⑦:必殺技後の台詞は印象に残りやすい

 

必殺技後の台詞は、読者の目を引き付けた状態で言うため、印象に残りやすい傾向があります。

 

Playstationゲームソフト『ヴァルキリープロファイル』では、必殺技後に台詞を吐かせることで、キャラクターの個性をアピールしていました。

 

レナス・ヴァルキュリア

 

その身に刻め

神技「ニーベルン・ヴァレスティ」

貴様に救いの道などない

 

アリューゼ

 

てめえの顔も見飽きたぜ

奥義「ファイナリティ・ブラスト」

わりと楽しかったぜ

 

エイミ

 

身体が熱い、力が目覚める

奥義「ドラゴンドレッド」

あっははは、快感

 

ブラムス

 

轟然たる我が魔力の胎動

奥義「ブラッディカリス」

さらばだ、脆弱なる者よ

 

このように、必殺技後に台詞を吐かせることで、キャラクターの人生観、死生観、宗教観といった個性を表現することができます。

 

 

必殺技の作り方:コツまとめ

 

必殺技の作り方は、以下の通りです。

 

① 必殺技の立ち位置を決める

 

② 必殺技に制限を設ける

 

必殺技を出す際にキメ台詞を吐かせる

 

できれば必殺技後の台詞も吐かせる

 

尚、必殺技の台詞の作り方については、以下記事を参考にしてみてください。