エンタメスタジオCre-eat

中世ダークファンタジー剣戟譚『LANCASTER《ランカスター》』連載中 © 2019 エンタメスタジオCre-eat

ゲームクリエイターが教えるカッコイイ異名の作り方

ゲームクリエイターが教えるカッコイイ異名の作り方
概要:当記事は、現役ゲームクリエイターの綾崎あやめの制作経験より、カッコイイ異名の作り方についてまとめた記事になります。

※記事公開日2019年9月12日(記事更新日2019年11月31日)

 

 

こんにちは、綾崎あやめです。

ゲームデザイナーとして4年間ほどゲームのテキスト制作等を行っています。

個人では、現代から百年戦争の時代にタイムスリップした暗殺者の活躍を描いた

ダークファンタジーノベル『LANCASTER《ランカスター》』を連載中!

 

 

今回は、ゲーム制作の現場で実際に使用している異名の作り方について紹介します!

つまり、これを読めば、商業レベルのカッコイイ異名の作り方が分かるはず……!

 

 

 

 

 

異名はキャラクターの個性・雰囲気を出すのに最適

ゲームクリエイターが教えるカッコイイ異名の作り方

 

異名を付けるメリットは、こんな感じです。

 

 

 

・どういう人物なのかを想像しやすくなる

・身体的特徴、能力について想像しやすくなる

・趣味趣向が分かる

 

 

 

名前だけでは、名前以外の情報は読み取れません。

でも、異名を付ければ、それだけでキャラクターの個性・雰囲気を醸し出せます。

つまり、異名を付けないだけ損だと言えます。

 

 

例えば、『ワンピース』『NARUTO』等では、各キャラクターに以下の異名を付けています。

これにより、キャラクターの個性・雰囲気を出るようにしています。

 

 

モンキー・D・ルフィ : 麦わらのルフィ 

ロロノア・ゾロ  : 海賊狩りのゾロ

サンジ : 黒足のサンジ

ナミ : 泥棒猫

ウソップ : 狙撃の王様そげキング

畑カカシ : コピー忍者

百地再不斬 : 霧隠れの鬼人

 

引用元『ワンピース』『NARUTO』

 

 

麦わらのルフィ ⇒ 麦わら帽子を被っているキャラクターだと想像できます

黒足のサンジ ⇒ 足技に長けたキャラクターだと想像できます

ナミ ⇒ 泥棒猫と言うくらいだから可愛い女性キャラクターだと想像できます

 

このように、異名は、各キャラクターの特徴を出すのに最適な手段だと言えます。

 

 

 

 

 

 

異名の付け方には黄金の3パターンがあります

ゲームクリエイターが教えるカッコイイ異名の作り方

 

ぶっちゃけ、異名の付け方には、定型パターンが存在します。

商業ゲーム等では、この定型パターンを使って、異名を作っています。

この定型パターンさえ覚えれば、商業レベルに近い異名を作れるようになります。

 

 

以下は、異名の定型パターンです。

 

 

 

異名の付け方①

外見的特徴または身体的特徴から異名を付ける

 

異名の付け方②

キャラクターのバックボーンまたは現在の評価から異名を付ける

 

異名の付け方③

キャラクターの性格から異名を付ける

 

 

 

以下、詳しく解説していきます。

 

 

 

 

 

 

①キャラクターの外見的特徴または身体的特徴から異名を付ける

ゲームクリエイターが教えるカッコイイ異名の作り方

 

キャラクターの身に付けている服・小物・装備品といった外見的特徴、

あるいは「目がいい」「額に傷がある」といった身体的特徴から異名を付ける方法です。

 

 

この方法のメリットは、そのキャラクターの姿をイメージしやすい所です。

漫画『ベルセルク』『ワンピース』『ブラックラグーン』では、

この方法を使って、キャラクターに以下のような異名を付けていました。

 

 

ガッツ : 黒の剣士(黒い甲冑を着ているため)

グリフィス : 白い鷹(白銀の髪に白色の外套を羽織っているため)

レヴィ : 二挺拳銃(二丁の拳銃を携えているため)

ルフィ : 麦わらのルフィ(麦わら帽子を被っているため)

アルビダ : 金棒のアルビダ(巨大な金棒を持っているため)

シャンクス : 赤髪のシャンクス(赤い髪のため)

ミホーク : 鷹の目のミホーク(鷹の如く鋭い目つきのため)

 

引用元『ベルセルク』『ワンピース』『ブラックラグーン』

 

 

どの異名を取って見ても、そのキャラクターの姿を想像できるかと思います。

このように、キャラクターの外見的特徴or身体的特徴から異名を付けることで、

そのキャラクターの容姿を想像させやすくすることができます。

 

 

 

 

 

 

②キャラクターの過去または現在の評価から異名を付ける

ゲームクリエイターが教えるカッコイイ異名の作り方

キャラクターの生い立ち、過去、現在の評価から異名を付ける方法です。

 

この方法のメリットは、キャラクターがその世界でどう見られているのかを説明できる所です。

漫画『ワンピース』『るろうに剣心』『NARUTO』等では、

この方法を使って、キャラクターに以下のような異名を付けていました。

 

 

 

ゾロ : 海賊狩りのゾロ(昔、海賊を狩っていたため)

ニコロビン : 悪魔の子(関わる人に不幸をもたらすと思われているため)

剣心 : 人斬り抜刀斎(昔、多くの要人を斬殺したため)

カカシ : コピー忍者(いちど見た技をコピーできるため)

御坂美琴 : 超電磁砲(物体に電磁加速を加えて放つ姿から)

衛宮切嗣 : 魔術師殺し(魔術師の忌避する戦術と手段を用いるため)

シンドバッド : 七界の覇王(七つの海と迷宮を制覇して七体のジンの主のため)

 

引用元『ワンピース』『るろうに剣心』『NARUTO』『とある魔術の禁書目録』『マギ』

 

 

ここで共通するのは、並々ならない強者に対して、この方法を使っている所です。

強者や尋常ではない雰囲気を醸し出すためには、過去現在の評価から異名を付けると有効です。

 

 

 

 

 

 

 

③キャラクターの性格から異名を付ける

ゲームクリエイターが教えるカッコイイ異名の作り方
 

キャラクターの性格から異名を付ける方法です。

この方法のメリットは、キャラクターの性格をダイレクトに表現できる所です。

例えば、『ワンピース』では、こんな感じで異名を付けていました。

 

 

 

トニー・トニー・チョッパー : わたあめ大好きチョッパー(わたあめが大好きなため)

ジュエリーボニー  : 大喰い(大食いのため)

ベラミー : ハイエナのベラミー(他人が苦労して手に入れたお宝を横取りすることを好むため)

 

引用元:『ONE PIECE』 

 

 

 

見ての通り、どんな性格かがザックリ把握できるかと思います。

このように、キャラクターの性格から異名を付けることで、

そのキャラクターの性格を反映することができます。

 

 

 

 

 

 

異名の作り方・コツまとめ

 

さて、最後におさらいです。

異名の作り方についてのまとめです。

  

 

 

異名の付け方① キャラクターの外見的特徴または身体的特徴から異名を付ける

 

異名の付け方② キャラクターのバックボーンまたは現在の評価から異名を付ける

 

異名の付け方③ キャラクターの性格から異名を付ける

 

 

ぜひ上記3つのパターンを使ってみて下さい。

これで商業レベルのカッコイイ異名が作れるはずです!

 

 

 

 

 

 

ダークファンタジーノベル『LANCASTER《ランカスター》』はこちらから!

 

現代から百年戦争の時代にタイムスリップした暗殺者の活躍を描いた

ダークファンタジーノベル『LANCASTER《ランカスター》』は以下より読めます!

ぜひ、読んで頂ければ嬉しいです!