エンタメスタジオCre-eat

中世ダークファンタジー剣戟譚『LANCASTER《ランカスター》』連載中 © 2019 エンタメスタジオCre-eat

漫画・小説制作等に役立つキャラクターの名前の付け方

漫画・小説制作に役立つキャラクターの名前の付け方
概要:今回は、多くの商業作品に共通するキャラクターの名前のパターンを見ていくことで、キャラクターの名前の付け方について学ぶ記事となります。

 

 

こんにちは、綾崎あやめです。

ゲームデザイナーとして4年間ほどテキスト制作等の業務をしています。

なので、記事については、ある程度、信頼できる内容になっていると思います。

 

 

 

キャラクターの名前で悩んでいる方へ。

キャラクターの名前の付け方には、偉大な先人たちが築いてくれた黄金のパターンがあります。

この記事を読めば、5分後には、あなたはもうキャラクターの名前の付け方に悩まなくなるはず! 

 

 

以下は、 本記事の目次です。

 

 

 

 

 

キャラクターの名前の付け方にはパターンがある

 

世の中に存在するキャラクターの名前は、大概、いくつかのパターンに分けられます。

ぶっちゃっけ、一度、このネーミングパターンさえ覚えてしまえば、

誰でもイイ感じのキャラクター名を作ることができます。

 

 

実際、これから紹介するキャラクターの名前の付け方については、

現役のゲームデザイナーとして働く綾崎も現場で使用している技術となります。

 

なので、一応、商業レベルの【キャラクターの名前の付け方】だと思ってください。

 

 

 

 

神話や伝承上の人、物、出来事からキャラクターの名前を付ける

 

ギリシャ神話やアーサー王伝説など神話や伝承上の人、物、出来事から、

キャラクターの名前を付ける方法です。

 

 

方法としては、以下の通りです。

 

 

 

・神話や伝承から、キャラクターの雰囲気に合った人、物、事の名称をピックアップする

 

ピックアップした人、物、事の名称の一部を利用してキャラクターの名前を付ける

 

・もしくは名称の一部と別の名称の一部を合体させてキャラクターの名前を付ける

 

 

 

といった感じです。

 

この方法を使って、実際にキャラクターの名前を作ると、こんな感じになります。

 

 

作りたいキャラクター :隊の隊長を務める誠実な騎士

 

 

参考にする神話・伝承上の人物 (ここから雰囲気に合いそうな名称を選びます):

 

・アーサー・ペンドラゴン(円卓の騎士の長。聖剣エクスカリバーを所有する)

・ガウェイン(アーサー王に仕えた円卓の騎士の1人)

・カラドック(円卓の騎士の1人。剛腕のカラドックという異名を持つ)

・グリフレット(円卓の騎士の1人。アーサー王の生涯の助言者)

・サグラモール(円卓の騎士の1人。勇猛な騎士) 

・ベティヴィア(円卓の騎士の1人。隻腕の美形の騎士)

・キルタ・マック・ロナン(ケルト神話。フィアナ騎士団の1人。俊足の持ち主)

・コナン・マウル(ケルト神話。フィアナ騎士団の1人。戦場から決して逃げない強さを持つ)

・フィン・マックール(フィアナ騎士団の団長。金髪色白の美形の騎士) 

 

 

キャラクターの名前:

 

案①アスル・ペンドラゴン(アスルはスペイン語で「青」+アーサー・ペンドラゴン)

青のイメージは「誠実」「冷静」「信頼」+円卓の騎士団の団長アーサー・ペンドラゴンより

 

案②コナン・マックール(コナン・マウル+フィン・マックール

コナンは「逃げない強さを持つ」+フィアナ騎士団の団長を務めたフィン・マックールより

 

参考資料:『クリエーターのための人名ネーミング辞典

 

 

といった感じで、

 

神話や伝承の人、物、事の名称を引用すると、

それだけでキャラクターの雰囲気が出るのでオススメです。

 

 

 

 

 

 

キャラクターの性格、特徴、色などからキャラクターの名前を付ける

 

そのキャラクターの性格、特徴、色などから、キャラクターの名前を付ける方法です。

漫画『鋼の錬金術師』にて、よく使われている手法となります。

 

例えば、こんな感じ。 

 

 

 

プライド傲慢なキャラクター。名前にPride(自尊心)を使用

エンヴィー嫉妬深いキャラクター。名前にEnvy(妬み)を使用

グリード強欲なキャラクター。名前にGreed(強欲)を使用

ラスト色欲的なキャラクター。名前にLust(色欲)を使用

ラース怒りに満ちたキャラクター。名前にWrath(激怒)を使用

リザ・ホークアイ正確無比な狙撃能力を保有するキャラクター。名前にHawk Eyes(鷹の目)を使用

スカー額に十字傷のある男。名前にScar(傷)を使用

ブラックハヤテ号ホークアイに飼われる黒い犬。名前にBlack(黒)を使用

 

 

 

この方法のメリットは、名前から、キャラクターの性格・背景を想像しやすい点です。

プライドが高いからプライド(自尊心)、顔に傷があるからスカー(傷)などといった感じです。

 

 

 

 

 

 

語感の良さからキャラクターの名前を付ける

 

言いやすさ、テンポ、語感の良さから、キャラクターの名前を付ける方法です。

漫画『ジョジョの奇妙な冒険』にて、よく使われている手法となります。

 

例えば、こんな感じ。

 

 

 

ジョナサン・ジョスター(『ジョジョの奇妙な冒険』の第一部の主人公)

ジョセフ・ジョースター(『ジョジョの奇妙な冒険』の第二部の主人公) 

空条 承太郎(『ジョジョの奇妙な冒険』の第三部の主人公)

ジョルノ・ジョバァーナ(『ジョジョの奇妙な冒険』の第五部の主人公)

空条 徐倫(『ジョジョの奇妙な冒険』の第六部の主人公)

 

 

 

この語感の良さは、《頭韻》と《脚韻》という2つの技術から作られています。

頭韻と脚韻とは、簡単に言うと、こんな感じです。

 

 

 

頭韻:文章の頭と頭で語感を合わせること

ジョナサン・ジョスター、ジョルノ・ジョバァーナetc )

 

脚韻:文章の頭と尻で語感を合わせること

 (空 太郎、空  etc)

 

 

 

端的に言えば、同じ音を繰り返すと語感が良くなります。

 

ジョジョの作者、荒木飛呂彦さんは、自著『荒木飛呂彦の漫画術』にて、

名前のリズム感だけでキャラクターを作れるとまで述べています。

 

 

この方法のメリットは、名前について圧倒的に覚えて貰いやすい所です。 

物語に頻繁に登場する人物に付ければ、すぐ名前を覚えて貰えるでしょう。

 

 

 

 

キャラクターの名前の付け方、決め方のまとめ

 

さて、おさらいです。

キャラクターの名前の付け方には、3つの方法がありました。

 

 

 

 神話や伝承上の人、物、出来事からキャラクターの名前を付ける方法

 

 キャラクターの性格、特徴、色などから名前を付ける方法

 

 語感の良さからキャラクターの名前を付ける方法

 

 

 

この三点を覚えれば、もう悩まずにキャラクターの名前を付けられるはずです。

ぜひ、あなたの創作にも活用してみてください!

 

 

最後に、僕がキャラクターの名称を考える時に実際に現場で使用している本を紹介します。

それがこちらになります。

 

 

 

この本には、北欧神話、ケルト神話など、

様々な神話等に登場する英雄の名前等について網羅的にまとめられています。

 

神話や伝承上の名前からキャラクターの名前を付けたい場合は、

こちらの本が一冊あれば、簡単に名前を付けることができるので、オススメです