エンタメスタジオCre-eat

中世ダークファンタジー剣戟譚『LANCASTER《ランカスター》』連載中 © 2019 エンタメスタジオCre-eat

『売れる作家の全技術』から学ぶキャラクターの作り方

『売れる作家の全技術』から学ぶキャラクターの作り方

概要:今回は『売れる作家の全技術』より、キャラクターの作り方について学ぶ記事となります。

 

 

こんにちは、綾崎あやめです。

ゲームデザイナーとして4年間ほどテキスト制作等の業務をしています。


  

魅力的なキャラクター、作れていますか?

この記事を読んだ後は、キャラクターの作り方について分かるようになります。

 

 

 

以下参考文献:

小説講座 売れる作家の全技術 デビューだけで満足してはいけない

 

 

 

 

 

 

キャラクターの作り方:読者はキャラクターの変化の過程に感情移入する

 

キャラクターを描くということは、

キャラクターを通じて、読者に「感情移入してしまうような出来事」を体験させることです。

 

例えば、こんな感じです。

 

 

 

・ハヤテのごとく

大量の借金を背負う綾崎ハヤテは、大富豪の三千院ナギと出会い、その下で執事をする

 

・鬼滅の刃

竈門炭治郎は、鬼によって家族を奪われた経験から、鬼を滅することを誓う

 

・デスノート

夜神ライトは、デスノートを使って、法では裁けない悪人を倒していく

 

 

 

読者は、キャラクターが経験した嬉しい出来事や悲惨な出来事などを通じて、

自分もそのキャラクターと同じように一喜一憂します。

 

つまり、キャラクターを描くとは、キャラクター変化の過程を見せることです。

読者は、その変化の過程に感情移入して、そのキャラクターを好きになっていきます。

 

 

物語の始まりと終わりで主人公がまったく変わらないという小説は、まずない。

ストーリーが進むにつれて主人公は変化する、

ストーリーが登場人物を変化させていく、

この変化の過程に読者は感情移入するんです。 

 

小説講座 売れる作家の全技術 デビューだけで満足してはいけない』より引用

 

 

 

 

 

 

キャラクター作りのコツ:「意外性」で記憶に残るキャラクターを作る

 

意外性を持ったキャラクターは、読者の記憶に残りやすいです。

 

例えば……

 

 

・善人だと思っていた人は、実は悪人だった

 

・強いと思っていた人は、実は弱かった

 

・大富豪だと思っていた人は、実は貧乏だった

 

 

といったように、意外性のあるキャラクターは、読者の記憶に残りやすくなります。

 

 

やり方はいろいろ工夫できると思います。

「悪人が実は善人」というほうが物語に深みを与えるし、

読者にも濃い印象を残すことができます。

 

小説講座 売れる作家の全技術 デビューだけで満足してはいけない』より引用

 

 

 

 

 

 

キャラクター作りのコツ:激しい感情を描く

 

キャラクターの個性は、

激しい感情に襲われた際にどんなリアクションをするか」によって顕著に表れます。

 

 

例えば、

 

目の前で親友がいじめられていた場合

 

親友を助けるためになりふり構わず飛び出すのか(勇気あるキャラクター)

 

内心は怒りを覚えているけど怖くて踏み出せないのか(臆病なキャラクター)

 

冷静に状況を判断してから行動するのか(冷静なキャラクター)

 

 

 

といったように、キャラクターの個性は、感情の高ぶる場面において、ひときわ表出されます

 

 

 

 

 

 

キャラクター作りのコツ:キャラクターを追い込む

 

キャラクターを描くとは、「変化の過程を見せること」でした。

読者は、キャラクターの変化の過程に共感して、そのキャラクターを好きになります。

 

変化の過程を見せるコツは……

 

 

キャラクターを「変わらざるをえないほどの状況」に追い込むことです

 

 

例えば、空から急に女の子が落ちて来るとか、今まで見たことのない化物が急に襲って来るとか。

キャラクターは、追い込まれることで、変化せざるをえなくなる訳です。

 

 

追い込まれた結果、主人公が何らかのアクションを起こせば、

これは受け身ではなく変化になる。

ポイントは、主人公が考えて行動しているかどうかという点です。

 

小説講座 売れる作家の全技術 デビューだけで満足してはいけない』より引用

 

 

 

 

 

 

キャラクター作りのコツ:キャラクターは論理的であるべき

 

現実の人間は、非論理的な存在です。

甘い物が嫌いな人でも、ふとした弾みで甘い物を食べることはあるでしょう。

 

しかし、キャラクターの論理には、一貫性が要求されます

例えば……

 

 

悪事を見て見ぬふりできない正義感の強いキャラクターがいたとします。

現実の人間なら、正義感が強くても、見て見ぬふりをする日があるかもしれません。

しかし、キャラクターにおいては、特別な理由がない限り、見て見ぬふりはしません。

 

 

といったように、キャラクターは、自身の設定に忠実であるべきです。

なぜなら、キャラクターの論理がブレてしまうと、読者の気持ちが離れてしまうためです。

「このキャラって、こんなことをしないよな……」と。

 

 

 

もし、論理が崩れるとすれば、そこには必ず理由があります

例えば、正義感の強いキャラクターが悪事を見過ごすことがあれば、

それは「一人では手に負えないから」とか「尾行する必要があるから」とかの理由があります。

 

 

 

 

 

 

 

キャラクター作りのコツ:人物の背景や過去を「会話」で描く

 

会話によって「キャラクターの過去」について明らかにする手法のことです。

つまり、会話の中に回想シーンを描く、ということです。

会話にすることで、読者は飽きずにキャラクターの過去を追うことができます。

 

例えば……

 

 

A「その傷はどうしたの?」

B「実は……」

 

 

といったように、合いの手によって、過去を明かしていきます。

 

 

要は回想シーンに入るきっかけのボタンが重要だということ。

「言いたくはないけど、その一言を聞いた以上、こっちも話さない訳にはいかないな」、

そういう入り口を作ってあげることが大切です。

 

小説講座 売れる作家の全技術 デビューだけで満足してはいけない』より引用

 

 

 

 

 

 

キャラクター作りのコツ:地の文で性格を描写しない

 

地の文に「彼は卑怯な人間だ」と書かないということです。

性格は、会話や行動を通じて見せること、その方が読者に納得して貰いやすいです。

 

例えば、目の前に1本1000円の酒が置いてあるとします。

 

 

貧乏そうなキャラクター「この酒はいくらだ」

店主「1000円だ」

 

お金持ちそうなキャラクター「この酒はいくらかね」

店主「はい、10000円になります!」

 

 

この会話から、この店主の性格について以下のように読み取れます。

・人を見て態度を変える人物

・金を持っていそうと見れば、平気で騙してくる人物

 

 

卑怯な人物だ、と書くより、よっぽど卑怯な人物に見えるかと思います。

 

 

 

 

 

 

キャラクター作りのコツ:言葉遣いでキャラクターの個性を表現する

 

キャラクターの個性は、一人称・言葉遣いによっても表現できます。

実際、ゲームクリエイターとして働く綾崎もキャラクターを作る際は、

キャラクターごとに一人称・言葉遣いを変えるようにしています。

 

なぜなら、どの一人称・言葉遣いを使うかで、キャラクターの印象はだいぶ変わるからです

このような特定の印象を想起させるような言葉遣いは、役割語と呼ばれます。

以下は、代表的な役割語です。

 

 

一人称の種類と受ける印象

 

私:大人の女性、しっかりした女性の印象(男が使用した場合は「真面目」な印象)

俺:若い男性、 くだけた感じ(女が使用した場合は「勝気」「ボーイッシュ」な印象)

僕:大人しい男性、真面目な印象(女が使用した場合は「朴訥」とした印象)

儂:年寄り、年増の印象

 

 

 

言葉遣いと受ける印象

 

~だわ:女性らしい女性ことば。

~じゃ:老人らしい老人ことば。

~ある:外国人(特に中国人)などを表現する際に使用することば。

 

参考文献『役割語研究の地平』『日本語必笑講座

 

 

このように、キャラクターごとに一人称・言葉遣いを分けることで、

それぞれのキャラクターの印象付けをすることができます。

 

 

 

 

 

 

キャラクター作りのコツまとめ

 

以下は、本日のおさらいになります。

ぜひ覚えて、キャラクター作りに活かしてみて下さい。 

 

 

キャラクターを描くとは、キャラクターの変化の過程を描くこと

 

読者は、キャラクターの変化の過程に共感して、そのキャラクターを好きになる

 

変化の過程を見せるコツは、変わらざるをえない状況にキャラクターを追い込むこと

 

キャラクターの個性は、感情の高ぶる場面において、ひときわ表出される

 

キャラクターの個性は、一人称・言葉遣いによっても表すことができる

 

性格は、会話や行動を通じて見せる(地の文で「彼は卑怯な人間だ」と書かない)

 

キャラクターは、論理的であるべき(設定からズレたことをすると読者の気持ちが離れてしまう)

 

キャラクターの過去は「会話」の中で描く(説明文は飽きられる)

 

「意外性」は記憶に残りやすいキャラクターを作る(善人だと思っていた人は実は悪人だった等)

 

 

キャラクターの作り方について更に詳しく知りたい方は、以下記事をどうぞ。