クリエイター生活!

現役ゲームクリエイターの視点から「最新のエンタメ業界情報」「クリエイターの生活×仕事」 について毎日発信中!

物語を面白くする設定の作り方

物語を面白くする設定の作り方
概要:現役ゲームプランナーの視点から「物語を面白くする設定の作り方」について紹介!

 

 

プロフィール:わたなべ りょう 

f:id:Toaru-GameDesigner:20201026214250p:plain

 

▼略歴
・明治大学政治経済学部卒

・株式会社カプコンに4年半勤務

・ゲームプランナー/アクションプランナー

・フリーランスとして独立

・特技は「テコンドー」「カポエイラ」

 

▼制作実績

・モンスターハンター ライズ

・モンスターハンター エクスプロア

・小説「LANCASTER《ランカスター》」

 

当ブログは、現役ゲームクリエイターの視点から、 以下情報について発信するブログとなります。

 

・最新のエンタメ業界に関するニュース

・クリエイターのライフスタイル×ワークスタイル

 

尚、下記ラジオでは、エンタメ業界に関する最新情報についていち早く発信中!

 

 

尚、台詞の書き方について学びたい方は、以下1冊があると便利だと思います。 

▼本書の特徴

・具体的な台詞の書き方について書かれている

・キャラクターの感情を中心に物事を描く方法について解説されている

 

 

物語を面白くする設定の作り方①:物語をワクワクさせるのはサスペンス

 

クリエイターが身に付けるべき技術。それは、次にどうなるんだろうと思わせて、読者にページをめくらせることです。

 

読者の好奇心を掻き立てる方法は、《サスペンスの提示》です。

 

サスペンスとは、緊張感、不安、心配、疑念のことです。

 

すなわち、「この先に何が起きるんだろう」という心理状態にすること。

 

例えば、以下の通りです。

 

  1. 8分後に起爆する爆弾
  2. 切れそうな吊り橋
  3. 酸素が無くなりそうな潜水士
  4. 燃料が切れそうな飛行機

 

こうした不安定な状況は「次にどうなるんだろう」と読者を繋ぎ止めます

 

読者は、この先の展開を知るまで、画面から離れられなくなります。

 

そして、この危機的状況が大きくなればなるほど、読者の関心も高まります。

 

もし、あなたがあなたの作品で読者を引き付けたいと考えるならこの《サスペンスの提示》を使用してみて下さい。

 

 

物語を面白くする設定の作り方②:時間的制限はサスペンスを増大させる

 

サスペンスを最も盛り上げる方法は、《時間的制限》です。

 

つまり、「早く! 今すぐ! 何かをしなければならない状況」を提示すること。

 

人間は、この差し迫った危機に興奮を覚えます。

 

例えば、『ミッション:8ミニッツ』は、《時間的制限》を最大限に利用した名作となります。

 

 

ある日、列車の中にいた主人公は、この列車の中に爆弾が仕掛けられていることに気づく。

 

さらに爆弾が爆発するまでには《8分》しかないことを知る。主人公は、制限時間内に爆弾を見つけ、阻止するために動く──

 

このように、今まさに目の前に差し迫った危機は、読者の関心を高めます

 

読者は、この直近の問題に高ぶり、熱狂します。読者の頭は、もはや、この眼前の問題をどう解決するかで一杯です。

 

もし、爆弾が爆発するまで1カ月あったら、どうでしょう? 同じように興奮できるでしょうか。無理ですよね。

 

読者を熱狂させるのは、「今すぐ! 早く!」の《時間的制限》です。 

 

 

物語を面白くする設定の作り方③:失敗の代償もサスペンスを増大させる

 

失敗の代償が大きくなればなるほど、サスペンスは増大します。

 

例えば、『ミッション:8ミニッツ』では、爆弾を見つけて解除できなければ、乗客全員が爆発の犠牲になってしまいます。

 

つまり、失敗の代償は、もはや主人公ひとりの命だけでは済みません

 

主人公の行動には、全員の命運が掛かっています。

 

そうなれば、もう、読者は主人公の一挙一動から目を離せなくなります。

 

尚、失敗の代償は、以下順で大きくなります。

 

  • 人類の存亡 > 国家の命運 > 集団の命 > 個人の命

 

このように、失敗した際に失う物が大きくなればなるほど、読者の興味関心も肥大していきます。

 

 

物語を面白くする設定の作り方④:動機を曖昧にしてサスペンスを作る

 

キャラクターの動機を曖昧にすることでも、サスペンスは生まれます

 

例えば、映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』では、主人公は、物語の途中から自分ひとりだけで行動するようになります。

 

その理由は、後半まで明かされません。読者は、以下のような疑問を持ちます。

 

それまで仲間と一緒に行動していたのになぜ? このキャラクターは、どうしてこんな事をするんだろうと。

 

このように、動機の曖昧化は、サスペンスをもたらします

 

それにより、読者は、キャラクターに対する興味関心を強めます。

  

 

物語を面白くする設定の作り方:まとめ

 

以下おさらいです。

 

  1. 読者の好奇心を掻き立てる方法は《サスペンスの提示》
  2. サスペンスとは「この先に何が起きるんだろう」という好奇心のこと
  3.  サスペンスを最も盛り上げる方法は《時間的制限》
  4.  失敗の代償が大きくなるほどサスペンスも増大
  5.  動機の曖昧化もサスペンスを作る

 

 

小説「LANCASTER《ランカスター》」:試し読み

 

小説「LANCASTER《ランカスター》」とは、筆者がシナリオ担当として描いたダークファンタジー小説のことです。

 

あらすじについては、以下の通りです。

 

その男、死ぬ度に、思い出す度に、強くなる――

 

ある日、現代からタイムスリップした一人の男。

目が覚めると、そこは中世暗黒時代、百年戦争の地だった。

生きて再び現代に戻る条件はただ一つ。

あらゆる願いを叶える《奇蹟の円環》を手に入れる事――

生死を賭した中世ダークファンタジー剣戟譚、開幕!!

 

▼小説プラットフォーム「エブリスタ」にて一部無料公開中!

  

▼書籍購入