クリエイター生活!

現役ゲームクリエイターの視点から「最新のエンタメ業界情報」「クリエイターの生活×仕事」 について毎日発信中!

キャラクターを作る際に考えること【ゲームプランナー直伝!】

キャラクターを作る際に考えること
概要:現役ゲームプランナーの視点から「キャラクターを作る際に考えること」について紹介!

 

 

プロフィール:わたなべ りょう 

f:id:Toaru-GameDesigner:20201026214250p:plain

 

▼略歴
・明治大学政治経済学部卒

・株式会社カプコンに4年半勤務

・ゲームプランナー/アクションプランナー

・フリーランスとして独立

・特技は「テコンドー」「カポエイラ」

 

▼制作実績

・モンスターハンター ライズ

・モンスターハンター エクスプロア

・小説「LANCASTER《ランカスター》」

 

当ブログは、現役ゲームクリエイターの視点から、 以下情報について発信するブログとなります。

 

・最新のエンタメ業界に関するニュース

・クリエイターのライフスタイル×ワークスタイル

 

尚、下記ラジオでは、エンタメ業界に関する最新情報についていち早く発信中!

 

尚、小説の書き方について更に学びたい方は、ぜひ以下書籍をみてください。  

 ▼本書の特徴

・プロの小説家から"小説の書き方全般"について学べる

・"会話の書き方"について深く学べる

 

 

 

キャラクターを作る際に考えること①:説明するな! 見せろ!

 

魅力的なキャラクターを作る最大のコツは「説明するな! 見せろ!」です。

 

つまり、行動を通じて、キャラクターの感情を見せるということです。

 

例えば、怒っているキャラクターがいたとします。この際、「僕は怒っている」と書くのはNGです。

 

キャラクターの怒りは、以下のように「行動」として描いて下さい。

 

  1. パチンと張り手をかます
  2. 鋭い眼光で睨みつける
  3. 拳を地面に叩きつける
  4. 血が滲み出る程に唇を噛みしめる

 

このように、魅力的なキャラクターは、必ず「行動」で「感情」を表現します

 

すなわち、行動を通じて、感情を見せます。

 

 

なぜ行動として描くことが重要なのか?

 

それは「行動」は動的な変化であるためです。

 

物語とは、キャラクターの成長・変化の過程を描いた物です。

 

つまり、読者は、キャラクターの変化の積み重ねを見たいと思っています。

 

こうした理由から、キャラクターを描く際は、「行動」を通じて「感情」を見せることが重要となります。

 

 

 

キャラクターを作る際に考えること②:感情・容姿の説明をしない

 

キャラクターを描く際に絶対にしてはいけないことは「感情」「容姿」の説明です。

 

なぜなら、キャラクターの説明をしてしまうと嘘っぽくなるためです。

 

例えば、以下の通りです。

 

  1. 彼は優しい人だ
  2. 彼女は美人だ

 

どうでしょう。この表現を見て、具体的にイケメン・美女を思い浮かべられるでしょうか? 

 

おそらく無理だと思います。

 

なぜなら、こうした表現は全て「説明」だからです。

 

キャラクターを描く際は、先述した通り、「行動」として見せることが重要です。

 

行動として描くことで、そのキャラクターの人柄や容姿にリアリティを出せます。

 

例えば、以下の通りです。

 

  1. 彼は道端に落ちている財布を見つけると拾い上げる。そして、わざわざ交番に届けに行った
  2. 彼女が歩く度、艶のあるブロンドの長い髪が揺れる。通りすぎる男はみなこぞって振り返る。

 

「彼は優しい人だ」と書くより、彼の優しい人柄が出ていませんか? 

 

「彼女は美人だ」と書くより、彼女の美しさが出ていませんか?

 

このように、キャラクターの魅力を引き出したいなら「説明」は避けた方が無難です。

 

 

 

キャラクターを作る際に考えること③:あらゆる引き出しをあける

 

全ての場面や出来事は、キャラクターの新しい一面を見せるための好機です。

 

機会がある度に、キャラクターの新しい一面を提示してみて下さい。

 

引き出しを開ければ開けるほど、キャラクターはどんどん魅力的になります。

 

例えば、以下の通りです。

 

■ 道路でボール遊びをする子たちを見つけた場面

  1. 一緒に遊ぶ(=子供好きな面を提示)
  2. 注意する(=お節介な面を提示)
  3. ボールを奪って返さない(=意地悪な面を提示)

 

■皆で焼肉をしている場面

  1. 焼く順番や焼き加減に拘る(=神経質な面を提示)
  2. 他人が焼いている肉を横から奪う(=無神経な面を提示)
  3. ありったけの肉をガバっと焼く(=ガサツな面を提示)

 

このように、あらゆる場面や出来事は、キャラクターの個性を見せる好機となります。

 

この機会を使って、ぜひ、キャラクターの新しい側面を見せてあげて下さい。

 

今まで見せなかった一面を見せることで、キャラクターの魅力をグっと引き出せます。

 

 

キャラクターの魅力について最も効果的に上げる方法は「意外性」の提示

 

「このキャラにはこんな可愛いらしい一面があったんだ……!」「このキャラにはこんなカッコイイ一面があったんだ……!」 

 

読者は、こうした意外な一面を見る度に、キャラクターを好きになっていきます。 

 

 

キャラクターを作る際に考えること④:秘密を持たせる

 

「秘密」はキャラクターを魅力的にします

 

言い換えれば、魅力的なキャラクターは、誰にも言えない秘密を抱えています

 

例えば、以下の通りです。

 

  1. 昼間は超マジメな生徒会長だけど、実は夜はキャバ嬢のバイトをしている
  2. 会社ではエリートサラリーマンだけど、実は家ではマザコンで一人では何もできない
  3. 皆に憧れられるヒーローだけど、実は弱虫で臆病

 

このように、決して誰にも打ち明けられない秘密は、キャラクターを魅力的にします

 

なぜなら、人は隠し事や秘密に興味を持ってしまう性質があるためです。

 

そのため、読者は、秘密を抱えるキャラクターに魅力を感じます。

 

 

 

 

キャラクターを作る際に考えること:まとめ

 

以下、魅力的なキャラクターの作り方です。

 

  1. 行動を通じてキャラクターの感情を見せる
  2. 説明は絶対に避ける
  3. 場面や出来事を通じてキャラクターの新しい一面を見せる
  4. 秘密はキャラクターを魅力的にする

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

 

ダークファンタジー小説「LANCASTER《ランカスター》」とは

小説「LANCASTER《ランカスター》 不死のラーフ篇」概要紹介

 

あらすじについては、以下の通りです。

 

その男、死ぬ度に、思い出す度に、強くなる──

 

ある日、現代からタイムスリップした一人の男。

目が覚めると、そこは中世暗黒時代、百年戦争の地だった。

生きて再び現代に戻る条件はただ一つ。

あらゆる願いを叶える《奇蹟の円環》を手に入れる事ーー

生死を賭した中世ダークファンタジー剣戟譚、開幕!!

 

現在、下記各種プラットフォームにて、絶賛連載中!

 

▼エブリスタ

https://estar.jp/novels/25734692

 

▼アルファポリス

https://www.alphapolis.co.jp/novel/273525405/908432974

 

▼Pixiv

https://www.pixiv.net/novel/series/1432353

 

▼ノベルアップ+

https://novelup.plus/story/277321143

 

▼MAGNET MACROLINK

https://www.magnet-novels.com/novels/66473

 

 

▼書籍購入