クリエイター生活!

現役ゲームクリエイターの視点から「最新のエンタメ業界情報」「クリエイターの生活×仕事」 について毎日発信中!

『DARK SOULS III』フレーバーテキスト集

『DARK SOULS III』フレーバーテキスト集

概要:当記事は『DARK SOULS III』のフレーバーテキストについてまとめた記事です。

※記事公開日2020年2月9日(更新日2020年8月3日)

 

 

こんにちは、わたなべ りょーです。

本業は、ゲームプランナーです。

プレイヤー制作とテキスト制作等について4年間ほど行っています。

 

当記事は、下記の方に向けて書いています。

 

・フレーバーテキストの書き方について学びたい方

 

・文章の書き方について学びたい方

 

・シナリオライターに興味のある方

 

本記事では、『DARK SOULSⅢ』に登場するフレーバーテキストについてまとめました。

 

ぜひ、フレーバーテキストを書く際の参考にしてみて下さい。

 
尚、語彙・表現について増やしたい方は、ぜひ以下書籍を覗いてみてください。
本書のメリットは、以下の通りです。

 

・普段あまり目にしない格調高い日本語について学べる

 

・シナリオ/テキストに使いたいと思える表現を見つけることができる

 

 

フレーバーテキストとは

 

フレーバーテキストとは、ゲーム内に登場する武器・アイテム等に関する説明文のことです。

 

例えば、以下の通りです。

 

ダークソウル3:盗賊の短刀

 

幅広の刃を持つ片刃の短刀

 

斬りつけることを主眼とした武器であり

その刃には、

出血を強いる細工が施されている

盗人や追いはぎなど、賤しい者たちの武器

 

戦技は「クイックステップ」

特にロックオン状態で使用することで

側面や背後に一気に回り込む

 

このように、フレーバーテキストとは、世界観を醸し出しつつ、効果・概要について説明する文章となります。

 

 

 

フレーバーテキストの書き方

 

フレーバーテキストの書き方は、以下の通りです。

 

・コンセプト(読者に何を伝えたいのか)について決める

 

・コンセプトに合わせた情報を書く

 

上記2点のポイントを意識して、実際にフレーバーテキストを作ってみます。

 

魔法名:火球

 

の力を帯びた赫赫たる炎

うねり走り全てを焼き尽くす

跡には灰さえ残らない

 

上記フレーバーテキストにおけるコンセプトは「炎の激しさ」です。

 

そのため、フレーバーテキストの中には、炎の激しさが伝わるように、「姿形」「温度」に関する情報について記載しました。

 

・竜、うねり、赫赫(姿形)

・焼き尽くす、灰さえ残らない(温度)

 

 

いかがでしょうか。

 

炎の激しさについてイメージしやすくなっているかと思います。

 

実際、『DARK SOULS III』 のフレーバーテキストにおいても、上記法則が使われています。

 

次の章では、『 DARK SOULS III』 のフレーバーテキストについて紹介します。

 

 

【DARK SOULS III フレーバーテキスト集①】盗人の短刀 

 

幅広の刃を持つ片刃の短刀

 

斬りつけることを主眼とした武器であり

その刃には、

出血を強いる細工施されている

盗人や追いはぎなど、賤しい者たちの武器

 

戦技は「クイックステップ」

特にロックオン状態で使用することで

側面や背後に一気に回り込む

 

コンセプト:卑劣さ

情報①:出血を強いる細工

情報②:賤しい者たちの武器

 

 

 

【DARK SOULS III フレーバーテキスト集②】アルスターの槍 

 

大樹の腹に納められた呪いのひとつ

串刺し公アルスターのおぞましい武器

 

腐肉の蔦が巻きついた槍は、

強い毒性を持ち

また敵を倒したときHPを回復する

 

戦技は「貫通突き」

狙い澄まし、大きく踏み込む突きの一撃は

敵の盾を貫通してダメージを与えられる

 

コンセプト:毒々しさ

情報①:呪い

情報②:腐肉の蔦

情報③:強い毒性

 

 

【DARK SOULS III フレーバーテキスト集③】ファランの大剣

 

深淵の監視者たちが振るう大剣

独特の短刀と組み合わせた、

特殊な双刀武器

 

短刀を楔とした独特な剣技が特徴であり

左右二刀時の左攻撃に

それを見ることができる

ファランの不死隊の名を

知らしめたその剣技は

の狩りに似て

敵を大きく翻弄するだろう

 

戦技は「パリィ」

タイミングを合わせて攻撃を受け流し

追撃で、致命の一撃を叩きこむ

短刀を用いた戦技

 

コンセプト:翻弄する姿

情報①:独特な剣技

情報②:狼の狩りに似て

情報③:敵を大きく翻弄する

 

 

【DARK SOULS III フレーバーテキスト集④】鴉人の大短刀

 

異端の語り部に導かれた

忌み者たちの短刀

 

短剣としては大きく、攻撃力も高いが

その大きさは、むしろ恐れの現れだろう

哀れなこけおどしだ

 

戦技は「死角の一撃」

盾を構えた相手に対する戦技であり

横面から、盾をかいくぐる一撃を放つ

 

コンセプト:異様な形状

情報①:異端

情報②:忌み者たちの短刀

情報③:短剣としては大きく

 

 

【DARK SOULS III フレーバーテキスト集⑤】罪の大剣

 

法王サリヴァーンの持つ右手の剣

罪の火を称する儀式の剣

 

遥か昔、イルシールのはずれ

その地下にの都と消えぬ火を

見出したとき

若き魔術師サリヴァーンの心にも

消えぬ野心が灯ったのだろう

 

戦技は「罪の火」

罪の火を一時的に呼び出す技

踏み込みからの強攻撃で

刀身は火に包まれる

 

コンセプト:欲深さ

情報①:罪の火を称する

情報②:消えぬ野心が灯った 

 

 

【DARK SOULS III フレーバーテキスト集⑥】ダークソード

 

に滅んだ古い小国の生き残り

ダークレイスの漆黒の直剣

 

彼らは最古の、赤い瞳の侵入者であり

肉厚で幅の広い刃は、独特の剣技を生んだ

 

戦技は「踏み込み」

体重をのせた低い踏み込みは強靭度が高く

またその勢いのまま

かち上げ斬りの強攻撃に繋ぐことができる

 

コンセプト:禍々しさ

情報①:闇に滅んだ古い小国の生き残り

情報②:漆黒の直剣

 

 

【DARK SOULS III フレーバーテキスト集⑦】煙の特大剣
 

黒い岩板のような異形の剣

特大剣の中でも最重量のもの

 

古い反逆者の武器であったというが

その重さから誰も振るう者なく

やがて歴史から忘れ去られた

 

戦技は「踏み込み」

体重をのせた低い踏み込みは強靭度が高く

またその勢いのまま

叩きつけの強攻撃に繋ぐことができる

 

コンセプト:重量

情報①:黒い岩板

情報②:最重量

情報③:その重さから誰も振るう者なく

 

 

【DARK SOULS III フレーバーテキスト集⑧】血狂い

 

古い「積む者」の刀剣

 

彼は祭壇に犠牲を積み

最後に自らそのひとつになったという

そして一振りの刀を、

彼の家族に残したのだと

 

戦技は「血狂い」

自らの血でその刃を染め

一時的に、

異様なまでの切れ味を手に入れる

血狂いに斬れぬものなし

 

コンセプト:妖刀

情報①:彼は祭壇に犠牲を積み

情報②:自らの血でその刃を染め

情報③:血狂いに斬れぬものなし

 

 

【DARK SOULS III フレーバーテキスト集⑨】ミラのベスト

 

ミラの騎士団の旅装

正統な騎士にのみ与えられたという

ハードレザーのベスト

 

騎士の旅は使命と共にあり

それを成就する者は少ない

 

コンセプト:正統な騎士

情報①:正統な騎士にのみ与えられた

情報②:騎士の旅は使命と共にあり

 

 

【DARK SOULS III フレーバーテキスト集⑩】幽鬼の鎧

 

ファランの幽鬼たちが用いた鎧

 

長身痩躯、虚ろな眼窩の戦士たちは

ファランの戦士が深淵に飲まれたとき

うっそりと現れ、

集団でそれを狩ったという

 

そしてファランが滅びた後は

望まれずさまよう、

亡者の群れとなった

 

コンセプト:死者の様子

情報①:幽鬼

情報②:長身痩躯、虚ろな眼窩の戦士

情報③:亡者の群れ

 

 

【DARK SOULS III フレーバーテキスト集⑪】太陽印の鎧

 

チェインメイルに白いコートを重ねた鎧

太陽のホーリーシンボル

大きく描かれている

 

古い太陽の騎士が愛用したものであり

そのシンボルは彼の自画であったというが

特に聖なる力があるわけではない

 

コンセプト:神聖

情報①:白いコートを重ねた鎧

情報②:太陽のホーリーシンボル

 

 

【DARK SOULS III フレーバーテキスト集⑫】竜血の鎧

 

竜の血を信奉したという騎士団の甲冑

その赤布は、血への憧憬であるという

 

信仰は、多くの時代、多くの場所で

戦士たちの心を捉えた

それは彼らが、言葉を求めぬからだろうか

 

コンセプト:血への信仰

情報①:竜の血を信奉したという騎士団の甲冑

情報②:その赤布は、血への憧憬

 

 

【DARK SOULS III フレーバーテキスト集⑬】逃亡騎士の鎧

 

不名誉な逃亡騎士団の鎧

散り散りにはぐれ、

野垂れ死んだのだろう

 

うす汚れたボロ布に隠されたそれは

炎などに有効な黒鉄の堅固なもので

かつてを偲ぶ、金彫の意匠も見てとれる

 

コンセプト:不名誉

情報①:不名誉な逃亡騎士団の鎧

情報②:散り散りにはぐれ、野垂れ死んだ

情報③:うす汚れたボロ布

 

 

【DARK SOULS III フレーバーテキスト集⑭】寵愛の抱かれ鎧

 

女神フィナの寵愛を表現した甲冑

哀れな「抱かれ」騎士の鎧

 

その表面には、装備者を抱くように

女神の腕が絡みついている

 

移り気な寵愛とは裏腹に

 

コンセプト:愛

情報①:女神フィナの寵愛を表現した甲冑

情報②:装備者を抱くように女神の腕が絡みついている

 

 

【DARK SOULS III フレーバーテキスト集⑮】魔術「致死の白霧」

 

竜の隠密の魔術でもっとも危険なもの

信頼できる者にしか明かされない魔術

 

HPを蝕み続ける白霧を発生させるが

それは術者自身にも影響を及ぼす

 

その死体は静かな白い霧の中にあり

だが表情は叫びに捻じ曲がっているという

凄絶な光景は、彼らの名を恐怖とした

 

コンセプト:危険性

情報①:その死体は静かな白い霧の中にあり

情報②:表情は叫びに捻じ曲がっている

 

 

【DARK SOULS III フレーバーテキスト集⑯】呪術「炎の嵐」

 

イザリスの魔女の一人

クラーナの伝えた原初の呪術のひとつ

 

周囲に幾つもの炎の柱を吹き上げる

 

荒れ狂う嵐は対象を選ばず

それは炎の畏れを伝えるものであるという

 

コンセプト:炎の激しさ

情報①:周囲に幾つもの炎の柱を吹き上げる

情報②:荒れ狂う嵐

情報③:それは炎の畏れを伝えるもの

 

 

 

フレーバーテキストの書き方:まとめ

 

フレーバーテキストの書き方は、以下の通りでした。

 

・コンセプト(読者に何を伝えたいのか)について決める

 

・コンセプトに合わせた情報を書く

 

 

以上、フレーバーテキストの書き方でした。

 

尚、語彙・表現について増やしたい方は、ぜひ以下書籍を覗いてみてください。
本書のメリットは、以下の通りです。

 

・普段あまり目にしない格調高い日本語について学べる

 

・シナリオ/テキストに使いたいと思える表現を見つけることができる

 

▼関連記事