クリエイター生活!

現役ゲームクリエイターの視点から「最新のエンタメ業界情報」「クリエイターの生活×仕事」 について毎日発信中!

ゲームプランナーはきつい? つらい? 現役ゲームプランナーが答える!

ゲームプランナーはきつい? つらい?
概要:現役ゲームプランナーの視点から「ゲームプランナーはきつい? つらい?」という話をしたいと思います。

 

 

プロフィール:わたなべ りょう 

f:id:Toaru-GameDesigner:20201026214250p:plain

 

▼略歴
・明治大学政治経済学部卒

・株式会社カプコンに4年半勤務

・ゲームプランナー/アクションプランナー

・フリーランスとして独立

・特技は「テコンドー」「カポエイラ」

 

▼制作実績

・モンスターハンター ライズ

・モンスターハンター エクスプロア

・小説「LANCASTER《ランカスター》」

 

当ブログは、現役ゲームクリエイターの視点から、 以下情報について発信するブログとなります。

 

・最新のエンタメ業界に関するニュース

・クリエイターのライフスタイル×ワークスタイル

 

 

ゲームプランナーを目指している方については、ぜひ以下書籍を見てみてください。

当書籍は、元バンナムのプランナーによって書かれているため、企画の立て方について参考になる一冊になっています。

 

 

Q.ゲームプランナーはきつい? つらい? A.大手の場合はホワイト気味

ゲームプランナーといったらブラック……そんなイメージがあると思います。

 

でも、大手の場合はそんな事ないと思います。

 

理由は、以下の通りです。

 

  1. 年々労働基準法の規制が強くなっている
  2. 80時間を超える残業の規制
  3. 働き方改革法案の実施

 

こうした背景から昔のブラックさはないかと。

 

実際、筆者は、1日1時間残業するかどうかぐらいです。

 

しかし、急ぎの案件が生じた場合は、残業です。

 

  • 「来週までに企画書を書いて貰えない?」
  • 「来週までにアイテムを作って貰えない?」
  • 「明日までにテキストを貰えない?」

 

たまに、こんな感じで無茶ぶりが来ます。

 

とはいえ、無茶ぶりに答えるのもプランナーの仕事。

 

よっぽど無理そうでない限りは引き受けています

 

 

 

 

Q.ゲームプランナーはきつい? つらい? A.激務になる時期はある

 

ゲームソフトの発売日の1年前ぐらいから忙しくなります。

 

ゲームプランナーがよく走り回る時期です。

 

どれくらい忙しいかというと……

 

  1. 全体的に退社時間が遅くなる
  2. 中には徹夜をする人がチラホラ現れる
  3. 場合によっては休日出勤をする人もいる
  4. まれに会社で寝泊まりをする猛者も……
  5. 噂では帰宅せず会社で生活し出す人も⁉

 

といった感じです。

 

 

Q.ゲームプランナーはきつい? つらい? A.大手はブラックではない

 

少なくとも大手の場合は、そこまでブラックではないと思います。

 

なぜなら、大手の場合は、監査役員などに見張られているためです。

 

 

ダークファンタジー小説「LANCASTER《ランカスター》」

小説「LANCASTER《ランカスター》 不死のラーフ篇」概要紹介

 

その男、死ぬ度に、思い出す度に、強くなる──

 

ある日、現代からタイムスリップした一人の男。

目が覚めると、そこは中世暗黒時代、百年戦争の地だった。

生きて再び現代に戻る条件はただ一つ。

あらゆる願いを叶える《奇蹟の円環》を手に入れる事ーー

生死を賭した中世ダークファンタジー剣戟譚、開幕!!

 

 

▼LANCASTER《ランカスター》 第1話

 

 

▼電子書籍版