クリエイター生活!

現役ゲームクリエイターの視点から「最新のエンタメ業界情報」「クリエイターの生活×仕事」 について毎日発信中!

ゲームプランナーは狭き門 高倍率の選考を突破する方法

ゲームプランナーは狭き門 高倍率の選考を突破する方法

概要:現職ゲームプランナーの綾崎がゲームプランナーの選考を突破する方法を紹介

※公開日2020年2月26日(更新日2020年4月22日)

 

 

こんにちは、綾崎あやめです。

本業はゲームプランナーです。

プレイヤー制作とテキスト制作等について4年間ほど行っています。

※ライトノベルも出版しました

 

 

Youtubeチャンネルもやっているので、ぜひ遊びに来て下さい! 動画内容は、基本的に料理・雑談・ルーティンなどVlog形式の内容になっています。

 


[Vlog]休日ルーティン 28歳ぼっち孤独な給料日の昼

 

 

この記事はこんな人に向けて書いています

 

・ゲームプランナーへの就職を考えている

・ゲームプランナーになれるかどうか不安

・ゲームプランナーの選考倍率が気になる

・選考を突破するコツを知りたい

 

尚、僕の経歴は以下の通りです

 

・大手家庭用ゲーム会社に新卒で入社

・ゲームプランナー5年目

・スマホゲーム1本 家庭用ゲーム1本制作

 

こんな感じでゲームを作ってきました

今回は実体験を踏まえつつ……

ゲームプランナーの攻略方法を話します

 

 

 

 

 

 

 

ゲームプランナーの枠は少ない

 

新卒の場合は~10名程度しか採らない

 

ゲームプランナーの枠は極めて少ないです

弊社の場合でも毎年10名程度しかなれません

人事曰く、倍率は約100倍以上とのこと

 

以下は各社の2018年度の新卒の採用数です

※全職種込み

 

スクエニ:51名

バンナム:17名

カプコン:145名

任天堂:61名

セガ:26名

 

※リクナビより引用

 

上記枠の中の数人がゲームプランナーです

現状ゲームプランナーはかなり狭き門です

新卒からなれるかどうかは運要素も大きい

 

その分ゲーム業界でそこそこ重宝されます

人が少ないため多方面から声が掛かります

以下は僕の実体験です

 

「今プランナーが少なくて……来てくれない?」

「PLを作れる人がいないから来て欲しい」

「ウチでUI・UXの設計をしてくれないか」

 

こんな感じで多々依頼が届きます

社内の別チームや時には他社からも

なので仕事は安定的にあります

 

尚、収入面については以下の通りです

そこそこ食べられる職種かなと思います

 


 

 

 

 

 

ゲームプランナーの選考突破の鍵は面接


プランナーは面接で適正を判断される

 

プランナーはやたら面接の回数が多いです

新卒の場合2回も3回も面接をします

なぜなら説明能力や思考を見るためです

 

プランナーは職業柄説明する事が多いです

そこで面接の場では論理性を求められます

以下は僕が面接時に実際に受けた質問です

 

・なぜゲームプランナーになりたいのか?

・なぜゲームでなければならないのか?

・ゲームを通じて何をしたいのか?

・自分はゲームに対してどう貢献できる?

 

いわゆるナゼナゼ面接っていうやつです

ロジックを見るのによく使われる手法です

ここでプランナーの適性を見られます

 

ここで論理的に答えられないと落ちます

高学歴でもガンガン落ちます

逆に答えられれば適正有として生き残る

 

 

 

ゲームプランナーの面接を突破するコツ

 

この面接を突破するコツは以下の通りです

 

・「なぜ」に対して「なぜなら」で返す

・聞かれた事に対して簡潔に答える

・相手が何を求めているのかを考える

 

基本的にはこの要点を抑えれば論理的かと

面接くらいならこれで乗り切れると思います

実際、僕が仕事で使用している考え方なので

 

▼関連記事


 

 

 

 

 

ゲームプランナーになれない場合の対処

 

未経験他業界からの転職もある

 

新卒でゲームプランナーになれなかった

それでも諦めきれない場合

他業界から転職する方法もあります

 

実際、そうした経歴を持つ人もいます

以下は周りのプランナーの経歴です

 

・元 家電販売員

・元 外商

・元 漫画家

・元 不動産営業

 

家電量販員の人は説明がすごい上手いです

漫画家の人は絵を描いて説明をできます

こんな感じでプランナーになった人もいます

 

結局何をアピールできるかだと思います

未経験・他業界であったとしてもです

上記の人たちはまさにそうでした

 

尚、僕はゲームプランナーになれなかった場合

小説を書いて生活をしていこうと思っていました

ゲーム会社も3社しか受けませんでした

落ちたら落ちたらでいいやと

いつでもチャンスはあるだろと思っていました

 

 

 

 

 

競争率高いゲームプランナーを勝ち取る

  

以下ゲームプランナーの選考突破の方法です

 

・「なぜ」に対して「なぜなら」で返す

・聞かれた事に対して簡潔に答える

・相手が何を求めているのかを考える

 

 

以上僕の実体験からまとめた選考攻略でした

 

 

 

 

▼関連記事

 

 

▼綾崎あやめ Twitter