クリエイター生活!

ゲームクリエイターの綾崎がクリエイターライフに役立つ情報を発信! © 2020 エンタメスタジオCre-eat

ゲームプランナーを目指す人が知っておくべき話

ゲームプランナーを目指す人が知っておくべき話
概要:現職ゲームプランナーの綾崎がゲームプランナーの現実を話します

※公開日2020年3月15日

 

 

こんにちは、綾崎あやめです

ゲームプランナーです

4年間ほどテキスト制作等をしています

 

この記事はこんな人に向けて書いています

 

・ゲームプランナーを目指している

・ゲームプランナーに興味がある

・ゲーム業界への就職を考えている

 

尚、僕の経歴は以下の通りです

 

・大手家庭用ゲーム会社に新卒で入社

・ゲームプランナー5年目

・スマホゲーム1本 家庭用ゲーム1本制作

 

こんな感じでゲームを作ってきました

今回は実体験を踏まえつつ……

ゲームプランナーの現実を話します

 

 

 

 

 

 

 

ゲームプランナーはどんな仕事?

ゲームプランナーはどんな仕事?

 

ゲームの企画~実装まで全て担当

 

ゲームプランナーは企画だけではありません

仕様・調整・バグチェックなど全部行います

とにかく幅広い業務をします

 

以下は僕の実際の担当業務です

 

・プレイヤーアクション関連の企画書作成

・プレイヤーアクション関連の仕様書作成

・プレイヤーアクションの調整

・プレイヤー関連のUI作成

・アイテムの作成

・プレイヤー関連の一部テキスト作成

・各種発注対応

・チェックプレイ

 

こんな感じでプレイヤー周り全般をしてます

実は企画書を書いている時間は少ないです

殆ど実装相談や発注に時間を使っています

 

席に戻れば、以下実装確認・調整を行います

 

・企画した通りに実装されているか

・サウンドやエフェクトは出ているか

・パラメーターの調整

 

こんな感じで作業を進めていきます

企画書は隙間時間にサラっとまとめます

基本は実装対応を優先して進めます

 

これが、いちプランナーの実際の働き方です

尚、業務は担当によって変わります

例えば、シナリオ系のプランナーなら……

 

・ シナリオ作成

・ キャラクターの考案

・ 台詞作成

・ 絵コンテ作成

・ フレーバーテキスト作成

・ ボイス収録

 

といった感じの業務をすることになります

ひとえにゲームプランナーと言っても……

担当によって業務も大きく変わります

  

 

▼ゲームプランナーの労働時間について





 

 

ゲームプランナーに向いている人

ゲームプランナーに向いている人

 

折衝能力がある人は向いている

 

ゲームプランナーは折衝の多い仕事です

自分の企画を実装するために交渉します

例えば、以下の通りです

 

・ディレクター(以下D)への企画提案

・各セクションへの実装相談

・スケジュール管理

 

まずDに企画を通す必要があります

Dから承認を貰えないと実装できません

なので企画の意図等を説明して納得させます

 

いわゆるDチェックというフェーズです

Dに企画を通すのは結構難しいです

説明の仕方や見せ方にコツが要ります

 

 

Dチェックが通ったら実装相談へ進みます

相手はプログラマーやデザイナーです

以下のような実装相談をしていきます

 

・実装に必要なリソースを発注

(エフェクト、サウンド、モデル等)

 

・どのように実装するかを相談

(通信同期はするのかどうか等)

 

・いつまでに何を用意して貰うかを相談

(1週間後にモーションを用意して貰う等)

 

文字にすると簡単に見えると思います

ただ、実際に現場でするとなると相当難しい

新人プランナーは大抵ここで詰みます 

 

なぜなら実装は一筋縄ではいかないためです

作業が進む度に問題がしばしば生じます

頼んでいた物と違う物ができてしまった等

 

プランナーは工員を乗せて船の舵取りしつつ

実装というゴールに向かわなければならない

故に交渉・相談・情報共有が大事になります

 

 

▼ゲームプランナーの一日の働き方


 

 

 

 

 

 

ゲームプランナーの収入と残業時間

ゲームプランナーの収入と労働時間

 

1年目~3年目は割と低い年収

 

新人プランナーの年収は低めです

大企業でも300~400程度です

僕も実際それくらいでした

 

尚、あくまで家庭用ゲーム業界の話です

スマホ業界だともう少し貰えます

GreeやDeNAだと400~500程度貰えます

 

家庭用ゲーム業界は年功序列が強いです

毎年着実には上がります

でも、大きく上がる事は少ないです

 

4年目ぐらいからスキルを見られます

そこで初めて大きく上がるチャンスが!

少なくとも弊社の場合はそんな感じです

 

 

▼ゲームプランナーの収入について


 

今の時代はもう残業時間は少ない

 

ぶっちゃけ、今は残業時間は少ないです

僕が入社したての頃は結構残業がありました

新人の頃でも22時くらいまで働いていました

 

でも、今はもう法律で規制されています

いわゆる「働き方改革」です

そんな働き方をさせたら会社は罰則を受ける

 

実際、弊社でも残業規制が実施されています

もはや昔のように朝まで残るなんて不可能

させたら上司が人事に呼ばれて怒られます

 

そういう意味ではだいぶホワイトになったかと

僕は以前より定時ダッシュで帰ってましたが!

もちろん仕事は終わらせてね!

 

 

▼ゲームプランナーの労働環境について

 

 

▼綾崎あやめ Twitter