クリエイター生活!

現役ゲームクリエイターの視点から「最新のエンタメ業界情報」「クリエイターの生活×仕事」 について毎日発信中!

ゲームプランナー5年目がゲーム会社の雰囲気を語る

ゲームプランナー5年目がゲーム会社の雰囲気を語る
概要:現職ゲームプランナーの綾崎がゲーム会社の雰囲気を語ってみます

※公開日2020年3月15日(更新日2020年4月22日)

 

 

こんにちは、綾崎あやめです。

本業はゲームプランナーです。

プレイヤー制作とテキスト制作等について4年間ほど行っています。

※ライトノベルも出版しました

 

 

Youtubeチャンネルもやっているので、ぜひ遊びに来て下さい! 動画内容は、基本的に料理・雑談・ルーティンなどVlog形式の内容になっています。

 


[Vlog]休日ルーティン 28歳ぼっち孤独な給料日の昼

 

 

この記事はこんな人に向けて書いています

 

・ゲーム会社への就職を考えている

・今年からゲーム会社に就職する予定

・ゲーム業界について気になる

 

尚、僕の経歴は以下の通りです

 

・大手家庭用ゲーム会社に新卒で入社

・ゲームプランナー5年目

・スマホゲーム1本 家庭用ゲーム1本制作

 

こんな感じでゲームを作ってきました

今回は実体験を踏まえつつ……

ゲーム会社の雰囲気を語ってみます

 

※以下はあくまで弊社の雰囲気となります

 

 

 

 

ゲーム会社は私服勤務、面接も私服

 

スーツを着ることなんてほぼない

 

ゲーム会社はほとんど私服勤務になります

実際、弊社の開発現場では、全員私服です

オフィスカジュアルにする必要もないです

 

ラフな格好でも問題ありません

半袖短パンサンダルでも何も言われません

実際、夏場はそういう人も多くいます

 

スーツを着たのは入社式くらいです

あとは一切着用していません

着用する必要もありません

 

私服勤務はあくまで開発部門の人が対象です

人事など非開発部門の人はスーツを着ます

少なくとも弊社ではそうなっています

見る限り他社も大体そんな感じだと思います

 

僕は就活時からスーツが嫌いでした

動き辛いし暑苦しいし非合理的だし

画一的で没個性的にも思っていました

 

なので私服勤務は合っていました

首元もきつくないし動きやすいし

何より個性も出せるので

 

私服勤務はゲーム会社のメリットかなと 

 

▼ゲームプランナーの一日の働き方





 

 

 

ゲーム会社は基本的に髪色・髪型自由

 

茶髪、金髪、赤髪なんでもよい

 

髪型・髪色は自由です

赤でも青でも何色にしても問題ないです

別に誰からも何も言われません

 

実際に青髪や赤髪の人もいます

また、髪型も自由です

ロン毛でもパーマでも何でもOKです

 

大人になってもオシャレできる環境です

僕はこうした自由さは重要だと思います

なぜなら感性が磨かれるためです

 

カッコよく見られたい、綺麗に見られたい

こうした意識は仕事にも活きると思います

センスの良さとして製品に表れるでしょう 

 

そもそも髪を染めたらダメとか意味不明です

同様に男なら短髪にしろとかも理解に苦しみます

ゲーム会社はそこら辺わりと自由です

 

▼ゲームプランナーの労働環境




 

 

 

仕事中にコーヒーやお菓子もOK

 

疲れたらティーブレイク

 

仕事中の飲食はわりと自由です

コーヒーも飲めるしお菓子も食べられます

別に間食をしていても何も言われないです

 

会社でお菓子が販売がされているほどです

コーヒーやアイスも売っています

弁当やカップ麺も売っています

 

創作には脳を結構使います

糖分補給はわりと大事かなと思います

そっちの方がパフォーマンス出るかなと

 

噂では酒を飲みながら仕事をしている人も!?

さすがに猛者すぎる……

曰く、そっちの方が良い仕事ができるとか(笑)

 

ちなみに僕は間食はしません

理由は太るためです

それに無駄に散財もしたくないので

 

▼ゲームプランナーの収入について

 

 

 

まとめ

 

以下ゲーム会社の雰囲気のまとめです

 

・開発部門は私服勤務でOK

・髪型や髪色も自由

・仕事中に間食しても問題ない

 

以上、ゲーム会社の雰囲気でした

 

尚、あくまで弊社を例に説明しました

他社の雰囲気はもう少し変わるかも

その点はご了承ください

 

ゲームプランナーに興味のある方は、一度リクナビに登録してみて、どんな求人があるのか見てみてください。(メジャーどころで案件が多いので)

 

 

 

 

▼関連記事

 

 

▼綾崎あやめ Twitter