クリエイター生活!

ゲームクリエイターの綾崎がクリエイターライフに役立つ情報を発信! © 2020 エンタメスタジオCre-eat

未経験からのゲーム会社への就職・転職の準備

未経験からのゲーム会社への就職・転職の準備
概要:現役ゲームプランナーの綾崎がゲーム会社への就職・転職に関する準備について語ってみます

※公開日2020年3月22日

 

 

こんにちは、綾崎あやめです。

ゲームプランナーです。

4年間ほどテキスト制作等をしています。

 

この記事はこんな人に向けて書いています。

 

・ゲーム会社の面接を控えている

・ゲーム会社に面接を受けにいくつもりだ

・ゲーム会社への就職or転職を考えている

 

尚、僕の経歴は以下の通りです。

 

・大手家庭用ゲーム会社に新卒で入社

・ゲームプランナー5年目

・スマホゲーム1本 家庭用ゲーム1本制作

 

こんな感じでゲームを作ってきました。

今回は、現役ゲームプランナーの立場から、ゲーム会社に就職・転職する際に必要となる準備について語ってみます。

 

 

 

 

 

 

ゲーム会社の面接は私服でよい

ゲーム会社の面接は私服でよい

 

ゲーム会社の面接には、次のような特徴があります。

 

・私服でお越し下さい

・私服可

・スーツは不要

 

といった感じで、私服での面接が可能になっています。

 

がしかし、本当に私服で行っても良いのだろうか? もしや罠ではないか……いざ私服で行ったら周りは皆スーツなのではないか……

 

そんな疑心暗鬼になる人もいるかと思います。実際、僕も就職活動時にそんな迷いがありました。

 

結論:私服で問題ありません

 

僕が就職活動をしていた際も周りはほとんど私服で面接を受けていました。もちろん、スーツの人もいました。体感的には、7:3くらいの割合で私服がほとんど。

 

実際、ゲーム会社の開発部門の人たちは、ほとんど私服で勤務しています。スーツを着ているのは、人事部や総務部など総合職くらいです。

 

上記理由から、「私服でお越し下さい」は、文字通り私服で行って大丈夫です。

 

とはいえ、ある程度TPOは弁えた方が無難だとは思います。綺麗目なオフィスカジュアルにしておけば、悪い印象にはならないかと。

 

 

▼ゲームプランナー志望の就職対策について


 

 

 

 

 

ゲーム会社に資格は特に要らない

 

特に募集要項にない限りは「英検1級」「TOEIC900点」といったような資格は不要です。理由は以下の通りです。

 

・そもそもゲーム制作系の資格がない

⇒ゲームプランナー1級とかプログラマー1級とかそんなものはないです

 

・資格よりもゲームを作れるかどうかの方が大事

⇒なんたら1級よりも現場ではゲームを作れるかどうかが全てです

 

・翻訳については基本的に海外翻訳班が行う

⇒製品版の翻訳にミスがあってはダメなので、翻訳は基本的に各国のネイティブスピーカーが担当します

 

もちろん、資格があった方が有利にはなると思います。人事部面接とかなら、ある程度有利になるかなと思います。

 

ただ、面接が進んで、開発部面接になると、勉強できるアピールは受け辛いと思います。なぜなら、ゲーム開発者は、そんな真面目な話にあまり興味はないためです。

 

 

資格より面白い体験を聞きたい

 

飲み会などで開発系のお偉いさんとよく話すことがあります。そこで「面接でこんな面白いエピソードを持っているヤツがいてさ~」みたいな話を聞くことがあります。

 

結局、記憶に残っている人は、そういう人のようです。

 

実際、最終選考を通過した人は何らかのエピソードを持っていることが多いです。例えば、こんな感じです。

 

・プロゲーマーをしていた

・ホームレス生活をしていた

・ボディビルの大会で優勝した

・地下格闘技の大会に出たことがある

・大食い選手権に出たことがある

 

面接相手は、面白いゲームを作ろうと思っている人たちです。真面目一辺倒よりは「コイツ面白そう」と思わせた方が受けは良いかと。

 

 

実際、僕は新卒時にTOEICの高得点を持っていましたが、そんなものはアピールしませんでした。それより「話上手いな」「面白いな」と思って貰えるように話をしました。

 

 

▼ゲームプランナーの勉強方法について





 

 

ゲーム会社用にポートフォリオを作る

ゲーム会社用にポートフォリオを作る 

 

プログラマーやデザイナーといった技術職については、アプリ、ゲーム、イラストの制作実績をまとめておいた方が良いです。

 

理由は、以下の通りです。

 

 

技術職は制作物から能力を推測される

 

尚、制作物については、ある程度、種類があった方が無難かなと思います。

 

特にイラストの場合は「ロボット」しかない場合は、「この子はロボット系しか書けなそうだな……」と思われる可能性があります。

  

ゲームプランナー志望の場合は「体験」をストックしておけばいいと思います。面白い話や制作経験など。

 

こんな感じで、各職種ごとにポートフォリオの準備はしておいた方が良いです。

 

 

 

 

 

 

ゲーム会社への就職・転職の準備

チャットノベルの動向

 

ゲーム会社の面接を受ける前に、以下点を頭の片隅にでも置いておいてください。

 

・私服可は私服でよい

 

・資格アピールは人事部にはウケが良いかも。但し開発部は体験や個性を重視しがち

 

・ポートフォリオは準備した方が良い。できれば種類はあった方がいい 

 

 

面接を受ける前にできる準備といったら、これくらいかなと思います。

 

以上、僕の新卒時の就職活動の体験・ゲーム会社の現場での体験を基にしたまとめでした。

 

 

 

 

▼関連記事一覧

 

 

▼綾崎あやめ Twitter