クリエイター生活!

ゲームデザイナー5年目となる綾崎あやめです。 ゲーム業界への就職、クリエイターの生活、創作に役立つ情報について発信します。 © 2020 エンタメスタジオCre-eat

ゲーム業界における女性の割合は少ない

ゲーム業界における女性の割合は少ない
概要:現役ゲームプランナーの綾崎が「ゲーム業界における女性の割合」について語ります。

※公開日2020年4月1日(更新日2020年4月27日)

 

 

こんにちは、綾崎あやめです。

ゲームプランナーです。

4年間ほどテキスト制作等をしています。

 

この記事はこんな人に向けて書いています。

 

・ゲーム会社における女性の比率を知りたい

・職種によって女性の比率は変わるのか?

・女性はどんな風に活躍しているのか

 

尚、僕の経歴は以下の通りです。

 

・大手家庭用ゲーム会社に新卒で入社

・ゲームプランナー5年目

・スマホゲーム1本 家庭用ゲーム1本制作

 

こんな感じでゲームを作ってきました。

今回は、現役ゲームプランナーの立場から、「ゲーム業界における女性の割合」について語ります。

 

 

 

 

 

 

ゲーム会社はおっさんばかり。体感として7~8割は男

 

ぶっちゃけ、ゲーム会社はほとんどおっさんだらけです。残念ですが、漫画『NEW GAME!』のように、可愛い女の子だらけなんてありません。

 

社内のエレベーターを乗る度に思います。「おっさん多すぎだろ…」と。10人乗っていたら、その中に2~3人女性がいるかどうかぐらいです。

 

大手家庭用ゲーム会社ほど、その傾向は強いかなと思います。老舗と言われるゲーム会社の社員の平均年齢は、だいたい高めです。 

 

もちろん、若い男性もいます。しかし、やはり、それ以上におっさんの方が多いと感じています。

 

ベンチャー系のゲーム会社だと若い男性が多い印象

 

都内のベンチャー系のゲーム会社になると、若い男性が多くなるイメージです。

 

実際、就職活動をしていた際に何社かベンチャー系のゲーム会社に行きました。そこで見かけたのは、若い男性ばかりでした。

 

知り合いのベンチャー系のゲーム会社に至っては、20~30代の社員くらいしかいないようです。

 

 

▼ゲーム会社への就職について


 

 


 

 

 

ゲーム会社は職種によって女性の比率が変わる。デザイナーは女性が多い


男ばかりの男社会のゲーム業界にも女性はいます。

 

デザイナーは、圧倒的に女性が多いです。体感として6割くらいは女性の印象です。

 

実際、僕はゲームプランナーとしてデザイナーの方とも一緒に仕事をします。関わるデザイナーは、ほとんど女性です。

 

もちろん、男のデザイナーの方もいます。それでも、やはり、女性デザイナーの方が多い印象です。

 

 

一方、女性プログラマーや女性ゲームプランナーは少ない

 

女性ゲームプランナーはチラホラ見ます。でも、女性プログラマーは、本当に少ないです。社内でもあまり見ないです。

 

 

ゲーム業界における男女の比率は、大体こんな感じです。

 

 

▼ゲーム会社の雰囲気について


 

 

 

結論:ゲーム会社に女性は少ない。でも、デザイナーなど一部職種には多い

 

ゲーム会社には男性が多いという話をしました。が、女性がいないという訳ではありません。むしろデザイナーについては女性の方が多いくらいです。

 

尚、ゲーム業界に女性が少ない理由については、よく分かりません。僕が思う理由は、以下の通りです。

 

・女性は理想より現実を見る?

・そもそも男性の応募の方が圧倒的に多い?

 

ゲーム業界=ブラック、長時間労働、不安定みたいなイメージから、そもそもゲーム業界を志望する女性が少ないのかな、とも思います。

 

男側の自分から言えば、「ゲームが好きだからゲーム業界行く」という単純な理由でゲーム業界に入りました。でも、女性の場合は、色々考えるのかも。

 

応募については、僕は人事部ではないので分かりませんが、男の応募の方が多そうかなと。就職活動していた際も、周りはほとんど男ばかりだったので。

 

個人的には、もっと女性の方にもゲーム業界に来て欲しいと思っています! ほら、一応、僕も男の訳で。そりゃー、おっさんより、女性の方が好きな訳でして。

 

ここからは真面目な話で、男女比の偏りは、個人的にあまり良くないと思っています。

 

男がいっぱいいれば、男にウケるゲームは作りやすいかもしれないけど、女性にウケるゲームは作り辛いと思っています。

 

ゲーム業界にもう少し女性の方が増えたら、更に面白いゲームを作れるかなと思います! あと男の僕も個人的に喜びます!

 

ゲームプランナーに興味のある方は、一度リクナビに登録してみて、どんな求人があるのか見てみてください。(メジャーどころで案件が多いので)

 

 

 

 

▼関連記事

 

 

▼綾崎あやめ Twitter