クリエイター生活!

現役ゲームクリエイターの視点から「最新のエンタメ業界情報」「クリエイターの生活×仕事」 について毎日発信中!

ゲームプランナーが教える業界研究の仕方【ゲーム業界 篇】

ゲームプランナーが教える業界研究の仕方【ゲーム業界 篇】
概要:現役ゲームプランナーの綾崎がゲーム業界を中心に「業界研究の仕方」について語ります。

※公開日2020年4月1日(更新日2020年4月22日)

 

 

こんにちは、綾崎あやめです。

本業はゲームプランナーです。

プレイヤー制作とテキスト制作等について4年間ほど行っています。

※ライトノベルも出版しました

 

 

Youtubeチャンネルもやっているので、ぜひ遊びに来て下さい! 動画内容は、基本的に料理・雑談・ルーティンなどVlog形式の内容になっています。

 


[Vlog]休日ルーティン 28歳ぼっち孤独な給料日の昼

 

 

この記事はこんな人に向けて書いています。

 

・ゲーム会社への就職を考えている

・ゲーム業界を中心に就職活動をしている

・ゲーム業界への転職を考えている

 

尚、僕の経歴は以下の通りです。

 

・大手家庭用ゲーム会社に新卒で入社

・ゲームプランナー5年目

・スマホゲーム1本 家庭用ゲーム1本制作

 

こんな感じでゲームを作ってきました。

今回は、現役ゲームプランナーの立場から、ゲーム業界を中心に「業界研究の仕方」について語ります。

 

 

 

 

 

 

業界の市場動向を把握しよう


就職するにあたって業界の市場動向を把握するのは重要です。なぜなら、斜陽産業に入ると、給与が上がり辛かったり、転職し辛かったりするためです。

 

業界の市場規模はわりとどうでもいい

 

国内の市場規模だけで見れば、卸売業界は106兆2,194億円でトップに位置しています。一方、ゲーム業界の国内市場規模は、5兆5,622億円です。

 

ゲーム業界は、卸売業界と比べれば、まだまだ比較的小さい規模と言えます。

 

 

しかし、重要なのは伸び率

 

ぶっちゃけ、被雇用者にとって市場規模はどうでもいいと思っています。なぜなら、市場規模が大きい=給与が高い、という訳ではないためです。

 

それより被雇用者にとって重要なのは「その業界は伸びているの? それとも落ち目なの?」ということだと思っています。

 

2018-19年の卸売業界の伸び率が7.7%に対して、ゲーム業界の伸び率は12.7%

 

業界が伸びていれば、それだけ今後人手が欲しい話になります。そうなれば、自然と雇用は増えます。また、中途採用で提示される報酬の額も高くなります。

 

実際、ゲーム業界にいると、年がら年中人手を募集しています。「人員が欲しい」という言葉をもう何千回聞いたことかと。

 

中途採用での報酬提示額もそこそこ羽振りがいいと感じています。実際、僕の経歴で大体月45~55万ぐらいの提示になります。

 

 

▼ゲームプランナーの収入について


 

 

 

家庭用ゲームとスマホゲームの人気作品ぐらいはプレイしておいた方が良い


今どんなゲームが流行っているのかくらいは知っておいた方がいいです。

 

なぜなら、面接の際に「〇〇というゲームについてどう思いますか?」「なんで流行っていると思いますか?」と意見を求められることがあるためです。

 

ゲーム業界では、最近のゲームについてある程度知っている前提で話をされることがあります。 


特に『フォートナイト』『PUBG』など人気作品については、話題に上がりやすい印象です。

 

 

とはいえ、家庭用ゲームだけに詳しいとかスマホゲーだけに詳しいとかは避けた方が良い

 

仮に家庭用ゲーム会社を志望していたとしても、最新のスマホゲームくらいはひと通り触っておいた方が良いと思います。

 

理由は、以下の通りです。

 

・家庭用ゲーム会社でもスマホゲームの話は日常的にするため

 

・家庭用ゲーム会社でもスマホゲームを制作している場合があるため

 

・ゲーム業界全体のトレンドを把握しておいた方がいいため

 

スマホゲーム系の会社を志望していた場合も同じです。スマホゲーでも、家庭用ゲームでどんな物が流行っているかくらいは意識します。

 

とりあえず、最近のスマホゲームと家庭用ゲームくらいは、ひと通り触っておいた方が無難だと思います。

 

質問された際に「分かりません」「やったことありません」だと、「あ、この子ゲーム好きじゃないな……」と思われる可能性があるので。 

 

 

▼ゲーム会社への就職について

 

 

 

 

 

結論:ゲーム業界を研究するためにはゲームを遊ぶのが一番

 

業界研究というと、難しく聞こえます。がしかし、特に難しい勉強なんてする必要はないです。

 

ゲームが好きでゲーム業界に行きたいなら、たくさんゲームをしましょう。それが一番の業界研究です。

 

但し、ゲームをするといっても、ただボーっとプレイするのでは駄目かなと。

 

これから仕事にしようと思うのであれば、ゲームをよく観察して、よく思考することが大事です。

 

・面白いと思った部分はどこ?

 

・なぜ面白いのか?

 

・キャラクターが魅力的に見えるのはなぜ?

 

・没入感が高いのはなぜ?

 

といった感じで自分の頭で色々考えてみて下さい。そのゲームの面白さ・魅力について人に説明できるようになれれば、最高です。

 

きっと、面接も突破しやすくなるはずです。

 

説明は、拙くても大丈夫です。自分の言葉でしっかり考えを伝えてみて下さい。面接で見られているのは、「この子ゲームをちゃんと見てるかな、考えているかな」という部分だと思うので。

 

ゲームプランナーに興味のある方は、一度リクナビもしくはマイナビに登録してみて、どんな求人があるのか見てみてください。(メジャーどころで案件が多いので)

 

 

 

▼関連記事

 

 

▼綾崎あやめ Twitter