クリエイター生活!

ゲームデザイナー5年目となる綾崎あやめです。 ゲーム業界への就職、クリエイターの生活、創作に役立つ情報について発信します。 © 2020 エンタメスタジオCre-eat

ゲーム会社で作りたいゲームは作れるのか?

ゲーム会社で作りたいゲームは作れるのか?
概要:現役ゲームプランナーの綾崎が「ゲーム会社で作りたいゲームは作れるのか?」について語ります。

※公開日2020年4月4日(更新日2020年4月27日)

 

 

こんにちは、綾崎あやめです。

ゲームプランナーです。

4年間ほどテキスト制作等をしています。

 

この記事はこんな人に向けて書いています。

 

・ゲーム会社入社後の配属はどう決まるのか?

・配属先は選べるの?

・オリジナルのゲームは作れるの?

 

尚、僕の経歴は以下の通りです。

 

・大手家庭用ゲーム会社に新卒で入社

・ゲームプランナー5年目

・スマホゲーム1本 家庭用ゲーム1本制作

 

こんな感じでゲームを作ってきました。

今回は、現役ゲームプランナーの立場から、「ゲーム会社で作りたいゲームは作れるのか?」について語ります。

 

 

 

 

 

 

新人の場合は基本的に配属先は選べない


ゲーム会社に入社できたとしても、新人の場合は必ずしも作りたいタイトルに配属される訳ではありません

 

なぜなら、新人の場合は、能力・適正があるかどうか分からないため。

 

ゲームクリエイター4、5年目など、ある程度、商業ゲームの制作実績があれば、その人がアクションゲーム系の人なのか、恋愛ゲーム系の人なのか、それぞれ得意なジャンルについて判断できます。

 

しかし、新人は、通常、商業ゲームの制作実績なんてありません。希望したところで、行きたいタイトルに行ける可能性は少ないです。

 

 

配属先は選べないが、何をしたいかは尊重されやすい

 

どのタイトルに行くかはほとんど選べません。が、何をしたいかは、聞き入れて貰いやすいと思います。

 

例えば、以下の通りです。

 

・シナリオやテキストを書きたい

・アクションを作りたい

・ステージを作りたい

・敵を作りたい

 

上記のような要望は、わりと通りやすい印象です。

 

実際、新卒入社後、僕は上司に「敵を作りたい」という話をしました。そして、配属先にて、敵の企画・調整をできるようになりました。

 

同期も大体そんな感じでした。

 

 

もし自分のやりたい事があるなら、ちゃんと言った方が良いと思います。言わなければ、伝わらないので。

 

 

▼ゲーム会社への就職について


 

 

新規オリジナルゲームの立ち上げは難しい



ゲームプランナーの場合、「自分が一から企画したオリジナルゲームを作りたい」と考える人も少なくないと思います。

 

実際、僕がそうです。

 

しかし、結論から言うと、オリジナルゲームの立ち上げは、ディレクター経験のある人がほとんどです。

 

もちろん、いちプランナーから新規ゲームの立ち上げをすることも可能です。しかし、基本はディレクター経験のある人が起用されやすい。

 

 

スマホゲームの場合は若手でもチャンスはある

 

新規スマホゲームの立ち上げの場合は、4~5年目のゲームプランナーでも起用されやすいと思います。

 

スマホゲームの場合は、リリース本数が多いため、ディレクターだけでは間に合いません。実際、社内には、ディレクタークラスはそこまでいません。

 

そこで、ゲームプランナーが企画~立ち上げをすることがあります。

 

他社の友人からの話を聞いても、やはり3年目~5年目以上にならないと、新規オリジナルゲームの立ち上げを任せて貰えることは少ないようです。

 

デザイナー、プログラマー、サウンドについても、新規オリジナルゲームの立ち上げに関わるのは難しい印象です。

 

メンバーは、ある程度の制作実績がある人が選ばれている感じです。

 

 

▼ゲーム会社の雰囲気について


 

 

 

結論:作りたいゲームはすぐには作れない。どうしても作りたい場合は個人で作った方が早い

 

会社に所属している以上、やはり、どうしても自分の作りたいようには作れません。仮に新規オリジナルゲームの立ち上げをできたとしても、諸々の制約があります。

 

・開発メンバーが少ない

・資金が少ない

・ジャンルの指定

・短い開発期間

 

大抵、上記のような制約があります。また、売上が悪ければ、打ち切りの可能性もあります。

 

 

ぶっちゃけ、自由に作りたい場合は、個人でインディーゲームを作った方が良いと思います。

 

僕の場合は、元々シナリオが好きなので、会社でテキスト関連の仕事もしつつ、個人で小説を執筆して電子書籍として販売しています。

 

個人的には、今後のクリエイターの働き方としては、「会社で制作実績を付けつつ、個人としての制作実績も付けていく」が重要になると思っています。

 

なぜなら、商業ゲームの制作経験があれば、食うのには困らないためです。

 

また、個人としての活動は、そのゲームや小説が売れれば、利益にもなるし名も上がるためです。

 

ゲームプランナーに興味のある方は、一度リクナビに登録してみて、どんな求人があるのか見てみてください。(メジャーどころで案件が多いので)

 

 

 

 

▼関連記事

 

 

▼綾崎あやめ Twitter