クリエイター生活!

ゲームデザイナー5年目となる綾崎あやめです。 ゲーム業界への就職、クリエイターの生活、創作に役立つ情報について発信します。 © 2020 エンタメスタジオCre-eat

ゲームプランナーはゲームのPVも作る【これが結構大変…】

ゲームプランナーはゲームのPVも作る【これが結構大変…】

概要:現役ゲームプランナーの綾崎が「ゲームのPVがどのようにして作られるか」について紹介します。

※公開日2020年4月11日(更新日2020年4月27日)

 

 

こんにちは、綾崎あやめです。

本業はゲームプランナーです。

プレイヤー制作とテキスト制作等について4年間ほど行っています。

※ライトノベルも出版しました

 

 

Youtubeチャンネルもやっているので、ぜひ遊びに来て下さい! 動画内容は、基本的に料理・雑談・ルーティンなどVlog形式の内容になっています。

 


[Vlog]休日ルーティン 28歳ぼっち孤独な給料日の昼

 

 

この記事はこんな人に向けて書いています。

 

・ゲームプランナーに興味がある

・ゲーム業界に興味がある

・ゲームのPVを作ってみたい

 

尚、僕の経歴は以下の通りです。

 

・大手家庭用ゲーム会社に新卒で入社

・ゲームプランナー5年目

・スマホゲーム1本 家庭用ゲーム1本制作

 

こんな感じでゲームを作ってきました。

今回は、現役ゲームプランナーの立場から、「ゲームのPVがどのようにして作られるか」について語ります。

 

 

 

 

 

 

ゲームのPV作成はキツイ。とにかく動画素材の収集に時間が掛かる


ゲームのPV作成手順は、基本的に以下の通りです。

 

①動画素材の収集

   ↓

②ディレクターチェック

   ↓

③動画編集

   ↓

④ディレクター、プロデューサーチェック

   ↓

⑤PV作成完了

 

大体こんな感じです。

 

ゲームプランナーは、基本的に上記全工程に関わります。

 

何が一番キツイって動画素材の収集

 

動画素材の収集とは、以下ゲーム内のシーンについて録画する作業になります。※3Dアクションゲームの場合

 

・プレイヤーと敵とのバトル紹介シーン

 

・草原や砂漠などステージ紹介シーン

 

・町や村などの拠点紹介シーン

 

・武器作成や合成などのシステム紹介シーン

 

この動画素材の収集は、全てゲームプランナーが行います。

 

これが本当にキツイ。何がキツイって、PV映えするようなカッコイイ動画を撮影するのがとにかく難しい……

 

例えば、PVにて、「プレイヤーとボスが戦っていて、プレイヤーがタイミングよく回避して、剣で斬る」みたいなシーンがよくあります。

 

時間にしてわずか2、3秒程度の尺。でも、このワンシーンを撮影するだけでも、平気で1~2時間くらい掛かります

 

なぜ、こんなに時間が掛かるかというと、ゲーム内のカメラの見え方を気にする必要があるためです。

 
ただ単純にゲームを遊ぶだけなら、カメラの見え方なんて気にする必要はありません。でも、PV用の動画素材は、カッコよく綺麗に見せる必要があります

 

こうした苦労を経て、以下のようなPVができ上がります。

 

 

※公式動画より引用

 

 

▼ゲーム業界について



 

 

 

ゲームプランナーが動画編集をすることもある

 

公式PVとは別に、開発状況について報告するための社内向けのPVを作成することがあります。

 

この社内向けのPVについては、ゲームプランナーが動画編集をすることがあります。なぜなら、映像班まで巻き込むと、コストが大きくなるためです。

 

しかし、こうなったら更に大変です。動画素材の収集に加えて、動画編集までするのだから。ほぼほぼ残業確定です。

 

 

 

実際、僕も社内向けのPVを作ったことがあります。かなりキツかったです。1本5分の動画を作るのに100時間くらい掛かったと思います。

 

なので、ゲームプランナーでも、ある程度は動画編集ができた方がいいかもです。

 

ツールとしては、adobe premiere proが使えれば、問題ないと思います。ゲーム会社は、ほぼwindowsなので、Final Cut Proの出番は少ないかと。

 

 

 

▼ゲームプランナーについて


 

 

結論:PV作成は大変だけど、PVができ上がると嬉しい


散々PV作成は大変と言ってきましたが、PVができ上がると、嬉しくなります

 

最終的に演出、台詞、BGMが入ったPVを見た時には、感動します。苦労してやった甲斐があったな、と。夜遅くまで残って作業した甲斐があったな、と。

 

YoutubeやSNSでバズっていると更に嬉しくなります。

 

以上、皆が見ているゲームのPVの裏では、こんな感じでゲームプランナーが動いているよ、という話でした!

 

ゲームプランナーに興味のある方は、一度リクナビに登録してみて、どんな求人があるのか見てみてください。(メジャーどころで案件が多いので)

 

 

▼関連記事

 

 

▼綾崎あやめ Twitter