クリエイター生活!

ゲームデザイナー5年目となる綾崎あやめです。 ゲーム業界への就職、クリエイターの生活、創作に役立つ情報について発信します。 © 2020 エンタメスタジオCre-eat

クリエイターこそ自己投資が大事だと思う話

クリエイターこそ自己投資が大事だと思う話

概要:現役ゲームプランナーの綾崎が「クリエイターこそ自己投資が大事だと思う話」について語ります。

※公開日2020年4月16日(更新日2020年4月27日)

 

 

こんにちは、綾崎あやめです。

本業はゲームプランナーです。

プレイヤー制作とテキスト制作等について4年間ほど行っています。

※ライトノベルも出版しました

 

 

Youtubeチャンネルもやっているので、ぜひ遊びに来て下さい! 動画内容は、基本的に料理・雑談・ルーティンなどVlog形式の内容になっています。

 


[Vlog]休日ルーティン 28歳ぼっち孤独な給料日の昼

 

 

この記事はこんな人に向けて書いています。

 

・クリエイターを目指している

・クリエイターに興味がある

・現在クリエイターをしている

 

尚、僕の経歴は以下の通りです。

 

・大手家庭用ゲーム会社に新卒で入社

・ゲームプランナー5年目

・スマホゲーム1本 家庭用ゲーム1本制作

 

こんな感じでゲームを作ってきました。

今回は、現役ゲームプランナーの立場から、「クリエイターこそ自己投資が大事だと思う」について語ります。

 

 

 

 

 

 

新しい知識・経験を吸収しないと、時代についていけなくなる


時代は、常に変化しています。その変化は、時代を追うごとに、より早く、より富んだものになっています。

 

例えば、ゲーム業界だけでいえば、ここ最近だけでも以下変化がありました。

 

・Switch

・PS5

・VR

・AR

・スマートフォン

・ブロックチェーン

・5G

 

上記テクノロジーは、たった10年足らずで登場しました。つまり、時代の変化は、僕たちが思っている以上に早いということです。

 

※PS5はまだ世の中には登場していませんが、ゲーム会社ではとっくにソフトの開発をしています。

 

変化についていけなくなると要らない人になる

 

クリエイターは、こうした変化にいち早く対応する必要があります。なぜなら、IT業界では、真っ先に革新的な技術が取り入れられるためです。

 

例えば、ゲーム業界でいえば、最近では、VR、AR、ブロックチェーン等を取り入れたゲームの制作をしています。

 

「VRって何? ARって何? 一回もプレイしたことないんだけど」とか言っていると、ゲーム業界では、マジでチームにアサインされなくなります(=仕事を貰えなくなる)

 

こんな感じで、クリエイターは、常に変化を求められる立場にあります。

 

ゆえに、クリエイターとして飯を食べていこうと思うなら、自己投資が大事になってくると思っています。

 

 

▼ゲームクリエイターなら知っておきたい話

 

 

 

アンテナを広げて色々な事に興味を持ってみることが大事


新しいテクノロジーが出てきた時に「分からない」と言って避けるのではなく、「とりあえず調べてみる」「とりあえず触ってみる」が大事かな、と思っています。

 

例えば、最近でいえば、僕はこんな感じで色々触っています。

 

・インスタに登録して投稿をしてみる

 

・Youtubeに動画投稿をしてみる

 

・新しい動画編集ソフトを使用してみる

 

・撮影機材などを用意してみる

 

・VR/ARゲームをプレイしてみる

 

・ブロックチェーンを利用したゲームをプレイしてみる

 

こんな感じで基本的に何でも触っています。

 

結局のところ、「自分で触ってみてやってみてみないと分からない」と思っているので、僕は何でも自分でやってみるようにしています。

 

そのおかげで、だいぶ仕事に活きています。

 

例えば、Youtubeで動画投稿をするようになってからは、動画編集ソフトにも慣れて、ゲームのPV作成が楽になったし、インスタを始めてからは、ゲーム内にインスタの要素を含めた企画を立てられるようになりました。

 

こんな感じで、アンテナを広げることで、実際、仕事にも繋がります

 

▼ゲームプランナーの仕事について

 

 

とにかく動き出す、新しいことを始めてみることが超大事

 

新しいネタ、面白い企画は、自分の内側からしか出てきません。大事なことなので、もう一度いいます。自分の内側からしか出てきません。

 

結局、成長しようと思ったら、「新しいことに挑戦して経験してみるしかない」と思います。

 

 

他人と比べる必要はなくて、「常に昨日の自分と比べてどうか、何か少しでも変われたか」。僕の場合は、そう思って行動するようにしています。

 

例えば、僕でいえば、2019年から新しく始めたこととして、「格闘技、筋トレ、電子書籍作成」があります。2020年からは新たに「動画編集」も頑張ってみようと思っています。

 

こうした新しい経験から得た「知識」「体験」が、ゲーム制作にまた活かされて、それが収入に繋がります。

 

ゆえに、クリエイターにとって「挑戦」は大事かな、と。

 

以上、クリエイターこそ自己投資が大事だと思う話でした!

 

ゲームプランナーに興味のある方は、一度リクナビに登録してみて、どんな求人があるのか見てみてください。

 

 

▼関連記事

 

 

▼綾崎あやめ Twitter