クリエイター生活!

ゲームデザイナー5年目となる綾崎あやめです。 ゲーム業界への就職、クリエイターの生活、創作に役立つ情報について発信します。 © 2020 エンタメスタジオCre-eat

春から一人暮らしを始めるクリエイターへ【生活に役立つ情報】

春から一人暮らしを始めるクリエイターへ【生活に役立つ情報】
概要:現役ゲームプランナーの綾崎が「クリエイターの一人暮らしに役立つ情報」について語ります。

※公開日2020年4月16日(更新日2020年4月27日)

 

 

こんにちは、綾崎あやめです。

本業はゲームプランナーです。

プレイヤー制作とテキスト制作等について4年間ほど行っています。

※ライトノベルも出版しました

 

 

Youtubeチャンネルもやっているので、ぜひ遊びに来て下さい! 動画内容は、基本的に料理・雑談・ルーティンなどVlog形式の内容になっています。

 


[Vlog]休日ルーティン 28歳ぼっち孤独な給料日の昼

 

 

この記事はこんな人に向けて書いています。

 

・これからクリエイターになる

・これから一人暮らしをする

・クリエイターを目指している

 

尚、僕の経歴は以下の通りです。

 

・大手家庭用ゲーム会社に新卒で入社

・ゲームプランナー5年目

・スマホゲーム1本 家庭用ゲーム1本制作

 

こんな感じでゲームを作ってきました。

今回は、現役ゲームプランナーの立場から、「クリエイターの一人暮らしに役立つ情報」について語ります。

 

 

 

 

 

 

コンビニ弁当・カップ麺に頼るのは止めよう

 

コンビニ弁当・カップ麺は、便利です。ついつい頼りがちになってしまいます。実際、僕も忙しい時にはよくコンビニ弁当やカップ麺で済ませていました。

 

でも、経験から言えますが、なるべく早い内から自炊する癖をつけた方がいいです。理由は、以下の通りです。

 

①健康によい食事をできる

②食費を抑えることができる

③料理の仕方を学べる

 

クリエイターは、健康第一です。日頃から健康を意識した食事を心がけていないと、肥満になったり、病気になったりしてしまいます。

 

クリエイターは、特に肥満になりがちです。なぜなら、デスクワークとなるためです。

 

面倒かもしれませんが、早い内から自炊をする癖をつけた方がいいと思います。

 

 

食費もだいぶ安くなります。昔、僕は外食ばかりしていましたが、今は自炊で食費30000円くらいです。昔は、平気で50000円くらい使っていました。

  

 

▼ゲームクリエイターなら知っておきたい話

 

 

スペックのいいPCを購入しよう。趣味・創作が捗る


クリエイターなら、やっぱり性能のいいPCはあった方が便利です。動画編集、ゲーム制作、イラスト制作などの作業をする場合は、特にそう思います。

 

参考までに以下僕のパソコンのスペックです。

 

PC本体価格:約10万程度

OS:Windows10

プロセッサ:core i5

実装メモリ:8GB

保存容量 :1TB

ディスプレイの数:デュアル

ディスプレイの画質:1920×1080

ソフト:エクセル、パワポ、ワード、Powerdirector、Adobe Premire

 

大体こんな感じのスペックです。これくらいのスペックがあれば、ゲーム制作・動画編集に関しては全く問題ないと思います。実際、僕は問題なく作業できています。

 

SteamのPCゲームも全然楽にできています。

 

PC本体価格は、10万とそこそこ高いので、ボーナス等で購入するのがいいかな、と思います。

 

僕は、PCを購入する際は、PC専門店の「ドスパラ」に行っています。安くて良い物が手に入るので。PCに詳しくない方は、ドスパラの店員さんに相談しながら買うことをオススメします!

 

 

▼クリエイターこそ自己投資が大事

 

 

仕事とは別に趣味を見つけよう。息抜きは大事です

 

最初は、仕事で手一杯で、趣味なんか全然考えられないと思います。でも、少し経って仕事にも慣れてきたら、社外へ飛び出して、趣味を始めることをオススメします。

 

身体を動かせば、 肥満の予防にもなるし、何よりスカっと爽快な気分になります。また、新しい知識・経験・出会いだって手に入ります。

 

個人的には、男女ともに「格闘技」をオススメしたいです。ミット打ちをすると、本当に驚くくらいにモヤモヤした気分が晴れるので! それに、自然と身体も出来上がります。僕は結構筋肉が付きました

 

こんな感じで趣味を見つけて、息抜きをすることも大事だと思います。

 

以上、クリエイターの一人暮らしに役立つ情報でした!

 

ゲームプランナーに興味のある方は、一度リクナビに登録してみて、どんな求人があるのか見てみてください。

 

 

▼関連記事

 

 

▼綾崎あやめ Twitter