クリエイター生活!

ゲームデザイナー5年目となる綾崎あやめです。 ゲーム業界への就職、クリエイターの生活、創作に役立つ情報について発信します。 © 2020 エンタメスタジオCre-eat

クリエイターが持っておくと便利な物【実際、僕はこんな感じの物を持っています】

クリエイターが持っておくと便利な物【実際、僕はこんな感じの物を持っています】
概要:現役ゲームプランナーの綾崎が「クリエイターが持っておくと便利な物」について公開します。

※公開日2020年4月18日(更新日2020年4月22日)

 

 

こんにちは、綾崎あやめです。

本業はゲームプランナーです。

プレイヤー制作とテキスト制作等について4年間ほど行っています。

※ライトノベルも出版しました

 

 

Youtubeチャンネルもやっているので、ぜひ遊びに来て下さい! 動画内容は、基本的に料理・雑談・ルーティンなどVlog形式の内容になっています。

 


[Vlog]休日ルーティン 28歳ぼっち孤独な給料日の昼

 

 

この記事はこんな人に向けて書いています。

 

・クリエイターを目指している

・現在クリエイターをしている

・クリエイターの持ち物が気になる

 

尚、僕の経歴は以下の通りです。

 

・大手家庭用ゲーム会社に新卒で入社

・ゲームプランナー5年目

・スマホゲーム1本 家庭用ゲーム1本制作

 

こんな感じでゲームを作ってきました。

今回は、現役ゲームプランナーの立場から、「クリエイターが持っておくと便利な物」について語ります。

 

 

 

 

 

個人的にはこれは欠かせない。ブルーライトカット眼鏡

 

クリエイターは、とにかくモニターを見つめる機会が多いです。しかし、じっとモニターを見続けていると、目が痛くなります

 

実際、僕もブルーライトカット眼鏡を使用する前は、作業が終わる頃にはよく目が痛くなっていました。

 

しかし、ブルーライトカット眼鏡を使用するようになってからは、目の疲れや痛みもだいぶ軽減されたように思います。

 

医学的に効果があるかどうかは分かりません。僕も正直効果について半信半疑です。とはいえ、実際に目の負担が軽くなっているので、それでいいかな、と。

 

値段については、レンズだけなら5000円程度で買えるので安いかな、と思います。僕は、zoffで作りました。

 

個人的にはマストアイテムの一つです。

 

 

▼ゲームクリエイターなら知っておきたい話

 

 

 

ノートPCがあれば、外出先でも作業できる

 

ノートPCについては、必須ではないと思いますが、やっぱりあると便利です。出先でもPCを開いて、隙間時間にブログを更新したり、動画を編集したり、ゲームの制作を行えるので。

 

実際、僕は、メインのデスクトップPCとは別に、もう一つサブとしてノートPCを使っています。出張や移動時にも作業ができるので重宝しています。

 

ノートPCのスペックについては、サブ用として使う場合は、そこまで高い性能は要らないかなと思います。 

 

僕のサブ用のノートPCのスペックは、以下の通りです。

 

値段:4万程度

OS:window10 Home

CPU:インテル® Celeron® N4100

内臓メモリ:4GB

保存容量:64GB

ソフト:パワポ、エクセル、ワード

 

大体こんな感じです。資料作成・ブログ作成程度なら、特に問題なくできています。

 

 

▼クリエイターこそ自己投資が大事

 

 

ゲーム制作・動画編集にはヘッドホンは欠かせない

 

ゲーム制作をする場合は、BGM・SEの確認をする必要があります。そこで、ゲーム会社では、よくヘッドホンを使用しています。

 

僕の場合は、Beats Solo³ Wirelessというヘッドホンを使用しています。値段については、大体2万円程度のものになります。ワイヤレスで長時間使えるので重宝しています。

 

ゲーム会社でよく使われるヘッドホンとしては、「SONY ( ソニー ) / MDR-CD900ST 密閉型スタジオモニターヘッドホン」というのがあります。

 

値段は1万円程度です。社内でも使っているクリエイターを多く見かけます。

 

音に強いこだわりがあるという人以外は、ぶっちゃけ、このSONYのスタジオヘッドホンでいいと思います。

 

プロのゲームクリエイターが使っているのは、ほとんどこれだし、何より安いので。

 

 

▼一人暮らしを始めるクリエイターへ

 

 

動画編集をする場合は、マイクを持っておきたい

 

動画編集をする場合は、音質はかなり重要です。 

 

よくYoutubeのコメント欄で見るのは「声が小さい」「聞き取り辛い」という意見があります。その問題の本質は、ぶっちゃけ、ほとんどマイクのせいだと思っています。

 

声が小さいのではなく、そもそも外部マイクを使っていないとか、集音性の低いマイクを使っているとかがほとんどかと。

 

マイクを変えるだけで、音質についてはかなり変わります。

 

僕は「HyperX QuadCast」というマイクを使っています。音質が超クリアな上に、マイク調整が楽なので重宝しています。

 

値段は1万5000円くらいと、マイクの中では値は張りますが、その分質はかなり高いです。

 

 

以上、クリエイターが持っておくと便利な物でした!

 

ゲームプランナーに興味のある方は、一度リクナビに登録してみて、どんな求人があるのか見てみてください。

 

 

▼関連記事

 

 

▼綾崎あやめ Twitter