クリエイター生活!

ゲームデザイナー5年目となる綾崎あやめです。 ゲーム業界への就職、クリエイターの生活、創作に役立つ情報について発信します。 © 2020 エンタメスタジオCre-eat

クリエイターは継続が大事だと思う話【継続は力なり】

クリエイターは継続が大事だと思う話【継続は力なり】

概要:現役ゲームプランナーの綾崎が「クリエイターは継続が大事だと思う話」について紹介します。

※公開日2020年4月22日(更新日4月27日)

 

 

こんにちは、綾崎あやめです。

ゲームプランナーです。

プレイヤー制作とテキスト制作等について4年間ほど行っています。

 

この記事はこんな人に向けて書いています。

 

・現在クリエイターをしている人

 

・クリエイターを目指している人

 

・クリエイターに興味がある人

 

尚、僕の経歴は以下の通りです。

 

・大手家庭用ゲーム会社に新卒で入社

・ゲームプランナー5年目

・スマホゲーム1本 家庭用ゲーム1本制作

 

こんな感じでゲームを作ってきました。

今回は、現役ゲームプランナーの立場から、「クリエイターは継続が大事だと思う話」について語ります。

 

 

 

 

 

 

小さな成功の積み上げでしかない


最初から高い給与が貰えたり、動画の再生回数が伸びたり、PVが伸びたり等することはまずありません。

 

なぜなら、結局、日々の研鑽と積み上げでしかないからです。

 

例えば、ゲーム業界でいえば、新人プランナーが最初からゲームのメイン部分の仕様を担当ことはまずないし、新人デザイナーが最初からゲームのメインキャラのデザインをすることはまずないです。

 

動画・ブログ等でも同じ話だと思います。体感で言えば、100本くらいコンテンツを作成して、その内の何本かがバズって、ようやく再生回数・PVが上がる感じです。

 

クリエイターのステップアップの方法は「基本的にコツコツ継続」しかないと思う

 

コツコツ継続していけば、スキルは確実に上がっていくし、認知もされやすくなります。認知して貰えれば、少なくとも食うのには困らないと思います。

 

例えば、僕でいえば、アクションゲームの制作経験があるので、新しくアクションゲームを作る際に声を掛けて貰いやすいです。今の開発現場もそうして声を掛けて貰って、入りました。

 

こんな感じコツコツ継続していって、できることを増やしていけば、仕事を作っていけると思います。

 

まずは「あなたは何ができる人なのか」を認知して貰えるように、ひたすら積み上げをしていくことが重要だと思います。

 

 

 

 

 

 

諦めたら終了。諦めなければ、永遠に可能性は続いていく


「クリエイターでは食べていけないから辞めるか」と言って、辞めたらそこで終わりです。

 

逆に続ければ、いつかテキストで食べていけたり、いつかイラストで食べていけたり、いつか動画で食べていけたり、できるかもしれません。

 

クリエイターの場合は、最初は単価が安くても実績をつけていけば、単価を上げやすいです。

 

実際、僕の例でいえば、最初は月給18万程度から、現在はフリーランスのゲーム案件で月給50万程度の打診を貰えるようになりました。

 

でも、辞めたくなる気持ちも分かります。認知を得るまでの過程は、厳しいからです。

 

ゲームクリエイターとして食べていけるようになるまで、どれだけ怒られたことかと。このブログだって、初めは誰にも見向きされませんでした。

 

 

とはいえ、結局、いま上手くいっているように見える人たちにも苦境はあった訳で。それを乗り越えて、今があるんだと思います。

 

辞めなければ、チャンスは必ずあります。

 

 

 

 

 

習慣化してしまえば、続きやすい


継続のコツは、習慣化です。お風呂やハミガキと一緒です。当たり前のように毎日していけば、むしろしないと気持ち悪い感覚になっていきます。

 

僕の場合は、本業のゲーム制作以外に、毎日のルーティンとして、ブログ作成・電子書籍(小説)作成をしています。純粋に文字を書くのが好きなので。

 

 

そんな生活を、かれこれ2年くらい続けています。

 

しかし、習慣として定着するまでがキツイかもしれません。だらけて別の事をしてしまうかもしれません。その場合は、1分でもいいので取り組んで、「今日はやったこと」にしてしまえば良いと思います。

 

完璧主義はなるべく捨てた方が良いと思います。「今日できなかったからもう止めよう」ってなりがちなので。

 

そうなりそうな人は、1分でもいいので取り組んで、「今日をやったこと」にして、また明日がんばれば良いと思います。

 

以上、クリエイターは継続が大事だと思う話でした。 

 

 

 

▼関連記事一覧

 

 

▼綾崎あやめ Twitter