クリエイター生活!

ゲームデザイナー5年目となる綾崎あやめです。 ゲーム業界への就職、クリエイターの生活、創作に役立つ情報について発信します。 © 2020 エンタメスタジオCre-eat

リアルに語る! クリエイターの休日の過ごし方

リアルに語る! クリエイターの休日の過ごし方
概要:現役ゲームプランナーの綾崎が「クリエイターの休日の過ごし方」について紹介します。

※公開日2020年4月24日

 

 

こんにちは、綾崎あやめです。

ゲームプランナーです。

プレイヤー制作とテキスト制作等について4年間ほど行っています。

 

この記事はこんな人に向けて書いています。

 

・現在クリエイターの人

 

・クリエイターを目指している人

 

・クリエイターに興味がある人

 

尚、僕の経歴は以下の通りです。

 

・大手家庭用ゲーム会社に新卒で入社

・ゲームプランナー5年目

・スマホゲーム1本 家庭用ゲーム1本制作

 

こんな感じでゲームを作ってきました。

今回は、現役ゲームプランナーの立場から、「クリエイターの休日の過ごし方」について語ります。

 

 

 

 

 

 

休日は自分だけの創作に没頭できる時間が生まれる。有意義な時間の過ごし方


僕でいえば、休日はブログを書いたり、電子書籍(ライトノベル)を制作したり、Youtube用の台本を書いたりなど、基本的に文筆活動をしています。

 

周りのクリエイターの中には、自作ゲームの制作、イラストの制作、漫画制作、同人誌の制作などの創作活動に励んでいる人もいます。

 

休日は家でゴロゴロするよりも、創作活動に時間を使った方が良いかな、というのが僕の考えです。収入も増えるし、コンテンツも増えるし、何より自分のクリエイティブなスキルが上がるので。

 

とはいえ、習慣化していないと、グダグダして一日が終わってしまうと思います。

 

まずは、1日5分でもいいので、自分のためだけの時間を確保して、面白いコンテンツ作りに時間を使うのが良いかな、と思います。

 

自分のコンテンツがコツコツ積み上がっていく感覚は、会社で働くのとはまた違った面白さがあります。だって、作れば作るほど、自分の名を知って貰う機会が増えるし、資産として残るので。

 

 

 

休息も大事。僕の場合は、服を買いに行ったり料理を作ってみたりする

 

僕の場合は、休日の息抜きとして、ユニクロに服を買いに行ったり、スーパーに食材を買いに行ったりなどをしています。

 

リエイターは、私服勤務がほとんどなので、身だしなみにはある程度気を付けたいと思っています。オシャレになる必要はないと思うけど、せめて小奇麗にはしておきたいです。

 

料理については、新しいレパートリーを増やす絶好の機会だと思っています。ちょっと手間の掛かるローストビーフを作ってみたり、手作り餃子を作ってみたりなど。案外やってみると面白いものですよ。

 

こんな感じの息抜きも大事かな、と思います。

 

 

息抜きの方法は、人それぞれかな、と。映画を好きなら、映画館に行ったり、自宅で映画を見たり等。あるいは、漫画を見たり、アニメを見たり等。

 

アマゾンビデオなら、月額500円程度で海外ドラマを見られたり、アニメを見られたりするので、僕はだいぶ重宝しています。

 

 

自分に合った息抜きの方法で、1週間の疲れを癒してみてください。

 

 

 

 

身体を動かす絶好の機会。健康のためにも身体は動かした方がいい

 

クリエイターは、デスクワークになるので、普段から座っている時間が長いです。意識的に運動する機会を作らないと、マジでソッコー太ります、腹が出ます(実体験)。

 

そこで、休日は、運動する時間も作った方がいい、と切に思います。

 

準備もなく簡単に始められる運動の代表例は、以下の通りかと。

 

・ウォーキング

・ランニング

・筋トレ(自重)

 

僕で言えば、休日は、ウォーキングと筋トレの量を増やしています。習慣になってからは、ほぼ毎日しているので、休日の際は量を増やすようにしています。

 

趣味を始めてみるのも良いと思います。テニス、サッカー、バスケなど。実際、周囲のクリエイターの中には、休日に社会人スポーツクラブに顔を出している人も少なくありません。

 

僕の場合は、週に1回ほど、格闘技を習いに行っています。そのおかげで、体重は減って、筋肉もついて、出ていた腹も今ではスッキリと引っ込んでいます

 

なにより、運動した後にかく汗は気持ちいいです。平日に溜まった毒素が身体から抜け落ちるような感覚になります。クリエイターの方には、ぜひ運動を推したいです。

 

以上、 クリエイターの休日の過ごし方でした。 

 

 

 

▼関連記事一覧

 

 

▼綾崎あやめ Twitter