クリエイター生活!

ゲームデザイナー5年目となる綾崎あやめです。 ゲーム業界への就職、クリエイターの生活、創作に役立つ情報について発信します。 © 2020 エンタメスタジオCre-eat

クリエイターにオススメしたい映画【ザ・ウォーカー】

クリエイターにオススメしたい映画【ザ・ウォーカー】

概要:現役ゲームプランナーの綾崎が「クリエイターにオススメしたい映画」について紹介します。

※公開日2020年5月7日

 

 

こんにちは、綾崎あやめです。

ゲームプランナーです。

プレイヤー制作とテキスト制作等について4年間ほど行っています。

 

この記事はこんな人に向けて書いています。

 

・クリエイターとしてネタを増やしたい

 

・創作に役立ちそうな知識&設定を集めたい

 

・クリエイターがどんな作品を見ているのか知りたい

 

尚、僕の経歴は以下の通りです。

 

・大手家庭用ゲーム会社に新卒で入社

・ゲームプランナー5年目

・スマホゲーム1本 家庭用ゲーム1本制作

 

こんな感じでゲームを作ってきました。

今回は、現役ゲームプランナーの立場から、「クリエイターにオススメしたい映画」について語ります。

 

 

 

 

 

 

一冊の謎の本を巡って戦う作品「ザ・ウォーカー」

 

映画「ザ・ウォーカー」:あらすじ

 

大規模な戦争により、文明が崩壊した世界。

“ウォーカー”と呼ばれる男は、30年間、世界でたった1冊だけ残る“本”を持って、西へ旅を続ける。

全ては、世界の救済のため。


しかし、街を支配する独裁者カーネギーは、
世界を支配するために"その本"を奪おうとする。

 

その本は、なぜ世界を救済できるのか。

その本は、なぜ世界を支配できるのか。

その本の正体とは───

 

今、一冊の本をめぐる壮絶な死闘が始まる──

 

映画「ザ・ウォーカー」:予告

 

本作の見所はなんといっても「本の謎」

 

本作では、物語が進むにつれ、本の謎が解き明かされていきます。

 

・主人公は、なぜ、その本を大切に守っているのか

 

・敵は、なぜ必死になって、その本を奪おうとするのか

 

・その本がどのような影響力を持っているのか

 

何より面白いのは、実在する"ある一冊の本"を基にして作られている点です。

 

謎が解き明かされていくにつれ、"ある一冊の本”が思い浮かびます。最後の場面になって、ようやく、その本の正体が分かります。

 

本の正体が分かった時に初めて、この本の偉大さや影響力を痛切に感じました。

 

確かに、この本があれば、この荒廃した世界を救うこともできれば、この荒廃した世界を支配することもできるな、と。

 

このように、本に関する謎が面白い作品になっていました。

 

尚、現在、動画配信サービス「U=NEXT」にて、31日間無料で見放題という期間限定のキャンペーンをしているので、ぜひ活用してみて下さい。

※無料期間中に解約すれば、お金は掛かりません。

 

 

本作の物語の構造は、「金の羊毛」という構造を使用した物語になっています。気になる方は、以下記事を見てみてください。

 

以上、 クリエイターにオススメしたい映画でした。 

 

 

▼クリエイターにオススメしたい映画一覧


 

▼ゲームクリエイターを目指している人へ


 

▼Twitter