クリエイター生活!

ゲームデザイナー5年目となる綾崎あやめです。 ゲーム業界への就職、クリエイターの生活、創作に役立つ情報について発信します。 © 2020 エンタメスタジオCre-eat

こんな時期だからこそ在宅でできることから始めよう

こんな時期だからこそ在宅でできることから始めよう

概要:ゲームプランナーの綾崎が実践している「在宅でできること」について紹介します。

※公開日2020年5月9日

 

 

こんにちは、綾崎あやめです。

ゲームプランナーです。

プレイヤー制作とテキスト制作等について4年間ほど行っています。

 

この記事はこんな人に向けて書いています。

 

・自宅にいる時間が長くなった人

 

・何か新しい事を始めたいけど何をすればいいか分からない人

 

・時間を有効活用したい

 

尚、僕の経歴は以下の通りです。

 

・大手家庭用ゲーム会社に新卒で入社

・ゲームプランナー5年目

・スマホゲーム1本 家庭用ゲーム1本制作

 

こんな感じでゲームを作ってきました。

今回は、ゲームプランナーの綾崎が実践している「在宅でできること」について語ります。

 

 

 

 

 

 

ブログを書いて情報発信をしてみる

 
ブログを始めるメリットは、以下の通りです。

 

・自分の考えや意見をまとめる練習になる

 

・文章の書き方、構成について学べる

 

・SEOに詳しくなる

 

・収益が発生する

 

といった感じです。

 

とはいえ、収益目的だけだと、続かないと思います。というのも、始めたばかりの内は、いっさい誰にも見られないためです。

 

経験から言うと、1~2年くらい書き続けて、ようやくぽつぽつと見られ始める感じです。

 

実際、当ブログも最初は全く見られませんでした。見られるようになったのは、1年ぐらい継続してからです。

 

なので、収益目的でブログを始めようと思わない方がいいです。

 

それよりは、ブログという新しいことを始めることで、今よりも少しだけ成長したい、というくらいの気持ちの方がいいと思います。

 

ブログを書いていれば、文章の書き方・構成など色々なことについて学べます。

 

僕はブログを書き始めてから、1000~2000文字程度の文章なら、1時間も掛からずに書けるようになりました。

 

これは相当なメリットだと思います。始めたての頃は1記事書くのに3時間くらい掛かっていたので。

 

 

 

Youtubeの動画投稿や準備をしてみる


Youtubeをしてみるのも良いと思います。メリットは、以下の通りです。

 

・トーク力が磨かれる

 

・身なりやスタイルについて気をつけるようになる

 

・動画編集のノウハウを学べる

 

・収益が発生する

 

といった感じです。

 

実際してみると分かると思いますが、Youtubeはかなり大変です。

 

ジャンルにもよりますが、動画素材を収集するのにも時間が掛かるし、編集も時間が掛かります。

 

更には、トーク力やキャラクター性も求められます。

 

とはいえ、困難な分、学べる機会は非常に多いです。

 

見ているだけだと分かりませんが、カメラの前で一人で流暢に喋るのには慣れが必要です。また、見て貰えるような企画を考えなければなりません。

 

しかし、継続して動画を撮り続ければ、そのうちスキルも上がっていきます。

 

家にいる時間が多くなっているなら、新たに動画を始めてみるのもいいかもしれません。

 

 

 

ココナラとかでスキルを販売してみるのもいいかも


時間を有効活用して少しでもお金を稼ぎたい人は、「ココナラ」などにて、自分の得意なスキルを販売してみるのもいいかもしれません。

 

例えば、以下の通りです。

 

・資料作成のお手数をします(エクセル、パワポ、ワード)

 

・データ入力の代行をします

 

・動画編集のお手数をします(テロップ入力、カット)

 

・イラスト制作を承ります

 

といった感じです。

 

販売手数料は、以下の通りです。※公式サイトより原文引用(20年5月9日時点)

 

・1円〜5万円以下の金額部分       25%(税別)

・5万円超〜10万円以下の金額部分   20%(税別)

・10万円超〜50万円以下の金額部分 15%(税別)

・50万円を超える金額部分                10%(税別)

 

興味のある人は、隙間時間を利用してやってみるといいかもしれません。実際、僕もライトノベルの挿絵を作成するのに、利用させて貰っています。

 

  

以上、こんな時期だからこそ在宅でできることから始めようという話でした。

 

 

 

▼ゲームクリエイターを目指している人へ


 

▼綾崎あやめ Twitter