クリエイター生活!

ゲームデザイナー5年目となる綾崎あやめです。 ゲーム業界への就職、クリエイターの生活、創作に役立つ情報について発信します。 © 2020 エンタメスタジオCre-eat

デスクワークの人には半身浴がいいと思う話

デスクワークの人には半身浴がいいと思う話
概要:ゲームプランナーとして普段デスクワークをしている綾崎が「半身浴の良さ」について語ってみたいと思います。

※公開日2020年5月16日

 

 

こんにちは、綾崎あやめです。

ゲームプランナーです。

プレイヤー制作とテキスト制作等について4年間ほど行っています。

 

この記事はこんな人に向けて書いています。

 

・デスクワークの人

 

・運動不足の人

 

・汗をかく場面が少ない人

 

尚、僕の経歴は以下の通りです。

 

・大手家庭用ゲーム会社に新卒で入社

・ゲームプランナー5年目

・スマホゲーム1本 家庭用ゲーム1本制作

 

今回は、ゲームプランナーとして普段デスクワークをしている綾崎が「半身浴の良さ」について語ってみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

1ヶ月ほど半身浴を実践して感じた効果・効能

 

最近、仕事から帰宅後、半身浴をするようにしました。理由は、単純に健康のためです。

 

さて、1カ月ほど半身浴を試して感じたメリットは、以下の通りです。

 

・入浴後、しばらく身体の芯からポカポカする

 

・汗が大量に出る(デトックス)

 

・リラックス、疲労回復する

 

・むくみ解消

 

 

大体こんな感じです。

 

個人的にイチバン感じている効果は「発汗量の多さ」です。

 

半身浴をしていると、内側からジワっとベタベタとした汗が滲み出てきます。この老廃物が出ていく感じが最高です。

 

実際、ボクシングの試合前の減量期に体重を減らす方法として、半身浴を利用した水抜きがあるくらいです。それくらい汗が流れます。

 

 

普段デスクワークで運動不足になりがちな人には、大量に汗を流せる良い機会だと思います。

 

穴という穴から汗が滲み出るので、だいぶ肌の老廃物も取れているんじゃないかな、と思っています。

 

  

 

僕の半身浴の時間は20分~30分くらい

 

半身浴ってどれくらいすればいいんだろうと悩んだ挙句、行き着いた入浴時間の目安が20~30分です。

 

理由は、30分以降は湯が完全に冷めてしまうからです。なので、湯が温かい内は続けるようにしています。

 

 

半身浴をしている間は、スマートフォンを見たり、雑誌を見たり、音楽を聴いたり等をしていれば、案外、簡単に入浴を続けられます。

 

確かに、最初は「30分も入浴なんかしてられねーよ」と思ったけれど、入浴しながら別のことをしていれば、時間はあまり気になりません。

 

 

 

 

半身浴後に夜風で身体を冷ますのが最高

 

半身浴後は、しばらく身体がポカポカしていて、熱いです。

 

しかし、エアコンで急激に冷ましてしまうと、腹に悪いと思います。そのため、半身浴後は、身体を冷ますために夜散歩をします。

 

冷たい夜風が最高に心地よい 

 

時おり吹き抜ける夜風は、火照った身体を良い感じに冷ましてくれます。更に髪も乾かしてくれるので、一石二鳥です。

 

入浴後の血行の良くなった状態で歩いていると、身体が凄い軽くなった感じになります。

 

散歩しながらストレッチもしたら最高

 

僕は、散歩をしながら首を回したり、腕を回したり、足の関節を回したり等ストレッチも一緒にするようにしています。

 

そこで、一日の凝りをほぐすようにしています。

 

血が巡るように、ちゃんと身体を捻るようにします。そうすることで、明日に疲れを残さないようにします。

 

特にデスクワークの人は、首・肩が凝りがちなので、重点的に首・肩のストレッチをします。

 

こんな感じで習慣的に「半身浴+ウォーキング+ストレッチ」をしているので、僕はほとんど肩コリ・ケガをしません。

 

 

社会人は自分で体調管理をしないといけない 

 

正直、半身浴や散歩などは面倒かもしれません。

 

しかし、社会人は、ある程度、自分で自分の体調を管理しないと、仕事に支障が出るので、最低限の体調管理は必要になるかな、と思います。

 

僕は基本的に何よりも「身体こそ資本」だと思っているので、「身体の鍛錬・管理」はしっかりとするタイプです。

 

体調管理について意識することで、風邪予防・怪我予防・肥満予防などにも繋がるので、大事かなと思います。

 

 

 

 

以上、デスクワークの人には半身浴がいいと思う話でした。

 

 

▼ゲームクリエイターを目指している人へ


 

▼綾崎あやめ Twitter