クリエイター生活!

現役ゲームクリエイターの視点から「最新のエンタメ業界情報」「クリエイターの生活×仕事」 について毎日発信中!

ひとり暮らしがより楽しくなる方法

何かをキッカケに新しいことを始めてみると面白くなる

概要:ひとり暮らし歴4年の綾崎が「ひとり暮らしがより楽しくなる方法」について語ってみたいと思います。

※公開日2020年5月26日

 

 

こんにちは、綾崎あやめです。

本業はゲームプランナーです。

プレイヤー制作とテキスト制作等について4年間ほど行っています。

※ライトノベルも出版しました

 

 

Youtubeチャンネルもやっているので、ぜひ遊びに来て下さい! 動画内容は、基本的に料理・雑談・ルーティンなどVlog形式の内容になっています。

 


[Vlog]休日ルーティン 28歳ぼっち孤独な給料日の昼

 

 

この記事はこんな人に向けて書いています。

 

・これからひとり暮らしをしようと思っている人

 

・ひとり暮らしに興味を持っている人

 

・ひとり暮らしを始めたばかりの人

 

尚、僕の経歴は以下の通りです。

 

・大手家庭用ゲーム会社に新卒で入社

・ゲームプランナー5年目

・スマホゲーム1本 家庭用ゲーム1本制作

 

ひとり暮らし歴4年の綾崎が「ひとり暮らしがより楽しくなる方法」について語ってみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

部屋のコンセプトを決めると、ひとり暮らしは面白くなる

 

暮らしの根本は、なんといっても「住居」。

 

部屋が快適で心地よいものだと、だいぶ精神的にも癒されます。仕事から帰って来て、家が落ち着かない場所だと、全然休んだ気になりません。

 

そこで、部屋を心地よいものにするために、僕はいつも部屋のコンセプトを決めています。例えば、こんな感じです。

 

・ホテルのようなラグジュアリーな雰囲気

 

・喫茶店のような落ち着いた雰囲気

 

・90年代のアメリカのクラブのようなヴィンテージ風な雰囲気

 

などなど、こんな感じで部屋のコンセプトを決めて、部屋作りをしていくと、オシャレで住みやすい環境を作れます。

 

コンセプトをもとに部屋を作り上げていく感覚は、さながら「シムシティ」「マインクラフト」のようなサンドボックス的な面白さがあります。

 

コンセプトがあれば、カーテン、絨毯など家具ひとつ取っても、選ぶ楽しさが生まれます。

 

とはいえ、もうすでに一人暮らしを始めていて部屋ができている人は、今から一から作り上げていくのは面倒だと思います。

 

その場合は、引っ越しを転機に、部屋作りを始めてみると面白いです。

 

こんな感じで部屋のコンセプトを決めて、部屋づくりをすると、ひとり暮らしがきっと楽しくなると思います。

 

 

 

何かをキッカケに新しいことを始めてみると面白くなる

 

・これからひとり暮らしを始める

・会社を辞めて新しい会社に転職する

・これから社会人になる

 

僕の場合は、そんな心機一転の場面を迎える際には、何か新しいことを始めるようにしています。

 

なぜなら、一つの節目となるためです。言い換えれば、新しい自分に生まれ変わる機会だと思っています。

 

今までは面倒でしなかったことも、こうした外部的要因があれば、案外すんなり始めることができる

 

人間、不思議なものですよね。

 

引っ越し、転職、就職、受験、そうした外部的要因に晒されると、なぜか力が湧いてきて、普段しなかった事をしようと思ってみたりしませんか?

 

僕の場合は、引っ越しを機に、今まで面倒で一切しなかった料理をするようになりました。

 

 

それどころか今では仕事終わりに「今日はどんな料理を作ろうかな」ってワクワクするくらいですからね。

 

今までずっと外食しかしてこなかった人間がここまで変わるか、って自分で驚いているくらいです。

 

なので、何かをキッカケに新しいことを始めてみると、更に面白くなると思います。

 

特に初のひとり暮らしなんてね。めちゃめちゃワクワクするイベントじゃないですか。

 

新生活に合わせて新しいことを始めてみると、意外にハマったり、思いがけない出会いがあったり、色々なことがあると思います。

 

そんな感じで、何かをキッカケに新しいことを始めてみると面白くなるかもしれません。

 

 

 

 

 

以上、「ひとり暮らしがより楽しくなる方法」でした。

 

 

▼ゲームクリエイターを目指している人へ


 

▼綾崎あやめ Twitter