クリエイター生活!

現役ゲームクリエイターの視点から「最新のエンタメ業界情報」「クリエイターの生活×仕事」 について毎日発信中!

僕の睡眠時間は5時間。ショートスリーパーの生活はこんな感じ

僕の睡眠時間は5時間。ショートスリーパーの生活はこんな感じ
概要:基本的に5時間睡眠の自分が「ショートスリーパーの生活」について語ってみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

一日の平均睡眠時間は7-8時間程度が健康的らしい

 

って言われているけど、ぶっちゃっけ、最適な睡眠時間なんて人それぞれだと思っています。

 

10時間あっても足りない人もいれば、3時間で足りる人もいます。

 

自分は大体5時間くらいです。

 

深夜2時に寝て、朝7時くらいに起きる感じです。というよりも、目覚める感じに近いです。

 

早い時は、4時、5時に起きることもあります。

 

睡眠時間は短いけど体調不良などはない

 

僕は昔から睡眠時間が短いですが、「だるい」「気持ち悪い」「眠い」といったような不調は特にありません。健康診断でも特に異常はありません。

 

それどころか、ここ4年くらいは微熱すら引いたことなく、皆勤している程です。

 

 

 

睡眠時間を削るのは止めた方がいいと思う

 

僕は、体質的に短時間の睡眠で十分です。

 

しかし、普段から7~8時間寝ている人が短時間睡眠に切り替えるのは止めた方がいいと思います。

 

普通に眠くなると思います。

 

それぞれに合った睡眠時間を取るのがベストだと思います。僕の場合は、早く起きたいというより、布団の中で目が冴えちゃうので、仕方なく起きるだけです。

 

特に社会人の場合は、遅刻するかもしれないので、マジでオススメしないです。 

 

 

 

ショートスリーパーは起きている間に何をしているのか

 

睡眠時間が短いので、比較的に起きている時間が長い訳ですが、その間なにをしているのか、というと……

 

筋トレしたり、映画を観たり、ブログを書いたり、動画を作ったりとか

 

大体こんな感じです。人が寝ている時間帯は、大体こんな感じで過ごしていることが多いです。

 

夜中に筋トレしたり、動画を作ったりとか、そんな感じです。ただただ平凡な日常です。

 

短時間睡眠は、1日に使える時間が増えるので、ありがたい反面、何かをしていないと、とにかく退屈です。

 

その結果、僕の場合は、1日活動する量が増えてしまっています。

 

それでも疲れて何もできないみたいことはないので、やはり短時間睡眠は、体質なんだと思います。

 

 

ダークファンタジー小説「LANCASTER《ランカスター》」

小説「LANCASTER《ランカスター》 不死のラーフ篇」概要紹介

 

その男、死ぬ度に、思い出す度に、強くなる──

 

ある日、現代からタイムスリップした一人の男。

目が覚めると、そこは中世暗黒時代、百年戦争の地だった。

生きて再び現代に戻る条件はただ一つ。

あらゆる願いを叶える《奇蹟の円環》を手に入れる事ーー

生死を賭した中世ダークファンタジー剣戟譚、開幕!!

 

 

▼LANCASTER《ランカスター》 第1話

 

 

▼電子書籍版