クリエイター生活!

現役ゲームクリエイターの視点から「最新のエンタメ業界情報」「クリエイターの生活×仕事」 について毎日発信中!

【2020年最新版】VR/ARの市場規模~今後のクリエイターの未来~

【2020年最新版】AR/VRの市場規模~今後のクリエイターの未来~
概要:「"VR/ARの市場規模"と"今後のクリエイターの未来"」という話。

 

 

よ、わたなべ りょー  です。

まずは、軽い自己紹介をば。

 

https://www.instagram.com/p/CBE2mfBp592/

 

職業   :  ゲームプランナー

制作実績 :「モンスターハンター」シリーズ等々

特技   :  テコンドー、カポエイラ

 

この日記は、「日々の気づき」「日々の取り組み」等について記録した日記となります。

 

 

 

VR/AR市場は2023年に1606.5億ドル(約17兆3000億円)に達する予測

 

VR/AR市場の規模は、IDC JAPANのレポートによれば、以下見込みになるとのことです。

 

 

AR/VRの世界の市場規模が面白い。 IDCのレポートによれば、 ・2018年 89.0億ドル ・2019年 168.5億ドル ・2023年 1,606.5億ドル見込 2018年から2023年にかけての年間平均成長率は、驚異の78.3%。スシスワップの如き成長率(笑) 俺も今後はVR/ARのゲーム制作をしてみたいかも。

 

ちょっと詳しく解説していきます。

 

今後は金融・インフラ分野にてVR/ARの活用が進む

 

金融分野におけるVR/ARのCAGR(年平均成長率)は、同レポートによれば、133.9%に達するとのこと。

 

また、インフラ分野におけるVR/ARのCAGRは、122.8%に達する見込みとのこと。

 

尚、ゲーム等の一般消費分野におけるVR/ARのCAGRは、2023年には68.8%に上昇するとのこと。

 

今後は、ゲーム等の一般消費だけではなく、金融・インフラ・工業等ビジネス分野でもVR/ARの活用が進んでいくみたいです。

 

実際、オーストラリアの銀行Commonwealth bank of Australiaでは、ARを利用した不動産投資を導入しています。

 

このように、ビジネス分野での活用が進めば、更なる市場発展が見込めると感じています。

 

 

VR/ARの市場規模が大きくなるにつれ、クリエイターの需要も増えていく

 

当然、VR/ARの市場規模が大きくなれば、クリエイターの需要も増えていくと思います。

 

実際、最近では、周りのゲームクリエイターの中には、他業界から声を掛けられて、VR/ARを活用した新サービスの開発に関わる人もチラホラと出てきました。

 

事実、VR/ARを活用した製品も増えてきましたよね。

 

・Facebook「Facebook Horizon

・Niantic「ポケモンGO」

・コロプラ「ドラクエ ウォーク」等々

 

正直、俺も今の内にVR/ARの制作に携わりたいと思っています。

 

理由としては、簡単です。

 

今ベッドしたら、将来的なリターンが大きそうだからです。

 

俺は、今までスホゲーも家庭用ゲームも作ってきたので、次はVR/ARの制作実績も付けたいと考えています。

 

その方が仕事の幅が広がるので。

 

ということで、クリエイターの方については、今の内にVR/ARに注目しておくと良いと思います。

 

 

尚、Vlogでは、"クリエイターのライフスタイル×ワークスタイル"等について発信しています。興味があれば、ぜひチャンネル登録をお願いします。