クリエイター生活!

現役ゲームクリエイターの視点から「最新のエンタメ業界情報」「クリエイターの生活×仕事」 について毎日発信中!

動画市場はNETFLIXが天下を取ると思う


概要:「動画市場はNETFLIXが天下を取ると思う」という話。

 

 

よ、わたなべ りょー  です。

まずは、軽い自己紹介をば。

 

https://www.instagram.com/p/CBE2mfBp592/

 

職業   :  ゲームプランナー

制作実績 :「モンスターハンター」シリーズ等々

特技   :  テコンドー、カポエイラ

 

この日記は、「日々の気づき」「日々の取り組み」等について記録した日記となります。

 

尚、下記アプリにて、毎日ラジオを配信しているので、気になる方はぜひ聞いてみてください。

当ラジオは、現役ゲームクリエイターの視点から、 以下情報について発信するラジオ番組となります。

・最新のエンタメ業界に関するニュース

・クリエイターのライフスタイル×ワークスタイル

 

 

 

 

動画市場はNETFLIXが天下を取ると思う

 

最近、Twitterにて、以下ツイートをしました。

 

 

 

動画市場は、Netflixが天下を取ると思う。

 

日経新聞によれば、Netflixの国内有料会員数は、500万人突破とのこと。

Netflixの最低プランが800円なので、最低でもサブスクリプションフィーだけでも毎月40億円。年間にすれば、国内だけで480億円。

 

日本市場だけでYouTubeの広告市場と同じくらい稼ぐとは

 

 

ちょっと詳しく解説していきます。

  

 

理由①:サブスクリプションによる収益が異様に高い

 

2020年9月7日、日経新聞にて、以下記事が取り上げられていました。

 


ネットフリックスの日本国内の有料会員数は、日経新聞の記事によれば、500万人を突破したとのことです。

 

500万人ということは、単純計算で言えば、20人に1人はネットフリックスの有料会員ということになります。

 

ネットフリックスの料金プランは、以下3種類から成ります。

 

ベーシック:月額800円

スタンダード:月額1200円

プレミアム:月額1800円

 

つまり、最低800円のプランを利用されていたとしても、月額40億円のサブスクリプションフィーとなります。

 

月額でいえば、最低でも480億円のサブスクリプションフィーが発生しています。

 

更に言えば、ネットフリックスは、190カ国以上に1.9億人を超える利用者がいます。

 

ネットフリックスには、このように、毎月安定した莫大なサブスクリプションフィーがあります。

 

 

理由②:オリジナルコンテンツ制作への莫大な投資

 

ネットフリックスの強みは、なんといっても──

 

ネットフリックスでしか見ることができないオリジナルコンテンツがあることだと思っています。

 

例えば、以下の通りです。

 

・愛の不時着

・梨泰院クラス

・ARASHI's Diary -Voyage-

・バードボックス

 

上記で取り上げた作品は、ネットフリックスのオリジナルコンテンツの中でも、とりわけ人気の作品となります。

 

上記人気作品は、ネットフリックスでしか見ることができません。

 

ここが、ネットフリックスが天下を取ると思う所以。

 

つまり、「この人気作品を見たいから入る」という強い動機が生まれます。

 

ネットフリックスは、このように、人気作品を作れば作るほど、有料会員を増やすことができます。

 

だからこそ、ネットフリックスは、今も毎日日夜、多額のキャッシュを利用して、オリジナルコンテンツへの莫大な投資をしているのだと思います。

 

プラットフォーム事業の本質は、コンテンツ。

 

しかし、ただコンテンツの量が多ければいい、という話ではないです。

 

そこでしか見ることができないコンテンツ。

 

だから、人はそのコンテンツを見るために、そのプラットフォームにログインする。

 

ってね。

 

クリエイターとしてコンテンツを制作している俺は、リアリティを以て、そう感じている次第です。

 

 

尚、下記アプリにて、毎日ラジオを配信しているので、気になる方はぜひ聞いてみてください。

当ラジオは、現役ゲームクリエイターの視点から、

以下情報について発信するラジオ番組となります。

・最新のエンタメ業界に関するニュース

・クリエイターのライフスタイル×ワークスタイル

 

また、YouTubeでは、ラジオの公開収録を行っているので、ぜひ見てみてください。