クリエイター生活!

現役ゲームクリエイターの視点から「最新のエンタメ業界情報」「クリエイターの生活×仕事」 について毎日発信中!

位置情報を利用したゲーム「PACMAN-GEO(パックマンジオ)」が面白そう

位置情報を利用したゲーム「PACMAN-GEO(パックマンジオ)」が面白そう
概要:「位置情報を利用したゲーム"PACMAN-GEO(パックマンジオ)"が面白そう」という話。

 

プロフィール:わたなべ りょう 

 

https://www.instagram.com/p/CBE2mfBp592/

 

▼略歴


・明治大学政治経済学部卒

・株式会社カプコンに4年半勤務

・ゲームプランナー/アクションプランナー

・代表作は「モンスターハンター」シリーズ

・フリーランスとして独立

・特技は「テコンドー」「カポエイラ」

 

当ブログは、現役ゲームクリエイターの視点から、 以下情報について発信するブログとなります。

 

・最新のエンタメ業界に関するニュース

・クリエイターのライフスタイル×ワークスタイル

 

尚、下記ラジオでは、エンタメ業界に関する最新情報についていち早く発信しています。

 

 

 

位置情報を利用したゲーム「PACMAN-GEO(パックマンジオ)」が面白そう

 

最近、Twitterにて、以下ツイートをしました。

 

 

 

バンダイナムコが2020年9月10日に発表した資料によれば、Googlemapを利用した「PAC-MAN GEO(パックマン ジオ)」が2020年内に配信される予定とのこと。

 

内容としては、実在の街を迷宮に見立てて、敵から逃げるといったゲームになりそうだね。

 

いやー、めっちゃ面白そう!

 

ちょっと詳しく解説していきます。 

 

 

バンダイナムコも遂に位置情報ゲームを開発!

 

バンダイナムコは、2020年9月10日、以下発表を行いました。以下引用

 

株式会社バンダイナムコ研究所(以下、バンダイナムコ研究所)は、今秋より株式会社バンダイナムコエンターテインメントが全世界170を超える国や地域に向けてサービスを配信する、App StoreとGoogle Play用アプリケーションゲーム「PAC-MAN GEO(パックマン ジオ)」において、プロトタイプのディレクションから製品化に向けての企画開発に協力しました。

 

 

出典:Google Maps Platformで現実の世界地図をゲームステージにしたApp Store・Google Play™向けアプリケーション「PAC-MAN GEO(パックマン ジオ)」の企画開発に協力 | 株式会社バンダイナムコ研究所

 

最近ゲーム業界で流行している位置情報×大型IPということで、年内リリース予定のスマホゲームの中では、相当ビッグタイトルになると思います。

 

気になるゲーム内容については、まだ判明していません。

 

しかし、「パックマン」というタイトルから察するに、"実在の街を舞台に敵から逃げる"といった感じになるのかな、と思っています。

 

 

この時期に発表ということは、詳細については2020年9月27日に行われるTGSで発表されるのかな?

 


いずれにしても、大型IP×位置情報ということで、個人的にはかなり期待しています。

 

 

位置情報を利用したゲームは売れやすい?

 

2016年にナイアンティックと株式会社ポケモンによって共同開発されたスマートフォン向け位置情報ゲームアプリ「Pokémon GO」は、リリース当時、異様な盛り上がりを見せました。

 

その結果、国内インストール数だけで1740万を突破。

 

売上については、2019年には9億ドルに達しました。

 


その後、2019年には、コロプラから位置情報を利用したスマホゲーム「ドラゴンクエストウォーク」がリリースされました。

 

「ドラゴンクエストウォーク」については、2019年にリリースされ、今もなおアプリストアのセールスランキングTOP10にランクインするほどの人気ぶりです。

 

とはいえ、位置情報ゲームだから流行るという訳ではありません。

 

重要なのは、あくまでゲーム性。

 

さて、「PACMAN-GEO(パックマンジオ)」は、どうなるかな。

 

 

早くプレイして、ゲームの真価を判断したいです。

 

以上

 

 

尚、下記ラジオでは、エンタメ業界に関する最新情報についていち早く発信しています。