クリエイター生活!

現役ゲームクリエイターの視点から「最新のエンタメ業界情報」「クリエイターの生活×仕事」 について毎日発信中!

Amazonがクラウドゲームサービス「ルナ」を発表!!

Amazonがクラウドゲーム・サービス「ルナ」を発表!!

概要:「Amazonがクラウドゲーム・サービス「ルナ」を発表!!」という話。

 

プロフィール:わたなべ りょう 

f:id:Toaru-GameDesigner:20201026214250p:plain

 

▼略歴
・明治大学政治経済学部卒

・株式会社カプコンに4年半勤務

・ゲームプランナー/アクションプランナー

・フリーランスとして独立

・特技は「テコンドー」「カポエイラ」

 

▼制作実績

・モンスターハンター ライズ

・モンスターハンター エクスプロア

・小説「LANCASTER《ランカスター》」

 

当ブログは、現役ゲームクリエイターの視点から、 以下情報について発信するブログとなります。

 

・最新のエンタメ業界に関するニュース

・クリエイターのライフスタイル×ワークスタイル

 

尚、下記ラジオでは、エンタメ業界に関する最新情報についていち早く発信中!

 

 

 

Amazonがクラウドゲーム・サービス「ルナ」を発表!!

 

最近、Twitterにて、以下ツイートをしました。

 

 

Amazonがクラウドゲームサービス「ルナ」を発表!

 

ルナでは、月額5.99ドルにて、クラウド上で配信されているゲームソフトを遊べるようになるとのこと。

 

まずは、米国のAmazonにて、アーリーアクセスの申込を受け付けるみたい。

Googleのスタディアに続いて、Amazonもか。

 

今日は、Amazonのクラウドゲーム・サービス「ルナ」について解説したいと思います。

 

 

そもそもクラウドゲーム・サービスとは?

 

クラウドゲームサービスとは、インターネット回線を通じて、サーバー(クラウド)側にゲーム内の演算・処理・通信を行わせることで、利用者の端末(クライアント)に演算結果を返すサービスの事です。

 

って言われても、ピンとは来ないですよね? 簡単に説明します。

 

通常、家庭用ゲームをする場合、"PS4/Xbox等のゲーム機"と"テレビまたはモニター"が必要になります。この場合、PS4等のゲーム機側にゲームの演算・処理・通信を行わせることで、モニター側に演算結果を返します。

 

しかし、クラウドゲームサービスでは、サーバー(クラウド)側にゲーム内の演算・処理・通信を行わせるため、PS4/Xbox等のゲーム機本体が無くてもゲームを遊べるようになります。

 

つまり、事実上、インターネットとスマホ/PCがあれば、どこでも家庭用ゲームを遊べるようになります。

 

 

クラウドゲームサービスのデメリット

 

クラウドゲームサービスのメリットは、先ほど説明した通りです。

 

インターネットとスマホまたはPCさえあれば、事実上はどこでも簡単に家庭用ゲームを遊ぶことができます。そのため、PS4/Xbox等のゲーム機本体は要りません。

 

しかし、もちろん、デメリットもあります。

 

いわゆる、ラグ、レイテンシーと言われる遅延の問題です。もっと分かりやすい言葉で言えば、「カクつく」「ラグい」「重い」等です。

 

ラグについては、当然、オンラインゲームでも生じます。しかし、オンラインゲームでは、P2P技術を利用して、先行してキー入力のデータのみ送信することで、できる限りラグを軽減していました。※詳細な処理については割愛。

 

しかし、クラウドゲームでは、サーバー側で全ての処理を行うため、必然的にラグの問題が生じてしまいます。そのため、クラウドゲームサービスは、実現不可能とされてきました。

 

そう、従来までは……

 

しかし、2019年頃から、あるテクノロジーの登場により、このクラウドゲームサービスが遂に実現可能なものとなりました。

 

──それが、第5世代移動通信システム(通称、5G)。

 

5Gとは、「高速大容量」「低遅延通信」「多数同時接続」という3つの特徴を有した次世代通信インフラのこと。

 

この技術革新の登場によって、いまクラウドゲームサービスが次々に登場してきているという訳です。

 

 

拡大していくゲーム市場とGAFAMによるシェア競争
 

2019年度の世界ゲームコンテンツ市場は、株式会社KADOKAWA Game Linkageのレポートによれば、前年比約2割増の15兆6898億円と言われています。

 

出典:株式会社KADOKAWA Game Linkage

 

Google、Amazon、Microsoft等いわゆるGAFAMと呼ばれる米ハイテク企業は、この莫大商業ビジネスでシェアを取るため、いまクラウドゲームサービスに着手しています。

 

Microsoft:「xCloud」

Google :「Stadia」

Amazon  :「Luna」

 

しかし、いかにGAFAといえども、ゲーム市場でシェアを取るのは難しい。

 

なぜなら、日本には、全世界のゲーム業界のトップシェアを占める最強クラスのゲーム会社が二社もあるためです。

 

尚、下記ラジオでは、エンタメ業界に関する最新情報についていち早く発信中!

 

また、筆者がシナリオ担当として描いたダークファンタジー小説「LANCASTER《ランカスター》 不死のラーフ篇」についても気になる方は、ぜひ試し読みしてみてください。