クリエイター生活!

現役ゲームクリエイターの視点から「最新のエンタメ業界情報」「クリエイターの生活×仕事」 について毎日発信中!

スマホゲーム『二ノ国:Cross Worlds』のアンバサダー制度が面白い!!

スマホゲーム『二ノ国:Cross Worlds』のアンバサダー制度が面白い!!

概要:「スマホゲーム『二ノ国:Cross Worlds』のアンバサダー制度が面白い!!」という話。

 

プロフィール:わたなべ りょう 

f:id:Toaru-GameDesigner:20201026214250p:plain

 

▼略歴
・明治大学政治経済学部卒

・株式会社カプコンに4年半勤務

・ゲームプランナー/アクションプランナー

・フリーランスとして独立

・特技は「テコンドー」「カポエイラ」

 

▼制作実績

・モンスターハンター ライズ

・モンスターハンター エクスプロア

・小説「LANCASTER《ランカスター》」

 

当ブログは、現役ゲームクリエイターの視点から、 以下情報について発信するブログとなります。

 

・最新のエンタメ業界に関するニュース

・クリエイターのライフスタイル×ワークスタイル

 

尚、下記ラジオでは、エンタメ業界に関する最新情報についていち早く発信中!

 

 

 

スマホゲーム『二ノ国:Cross Worlds』のアンバサダー制度が面白い!!

 

最近、Twitterにて、以下ツイートをしました。

 

 

スマホゲーム『二ノ国:Cross Worlds』のアンバサダー制度が斬新で面白い!

 

公式HPにて、無料会員登録を済ませた上、ニュースレターを閲覧したりすることで、プレゼント応募等に利用できるポイントを貰えるよ。

 

俺もシリーズファンなので、とりあえず登録してみた。

 

今日は、スマホゲーム『二ノ国:Cross Worlds』のアンバサダー制度について紹介したいと思います。

 

 

そもそも『二ノ国:Cross Worlds』とは?

www.youtube.com

 

『二ノ国:Cross Worlds』とは、企画/制作「レベルファイブ」アニメーション作画「スタジオジブリ」音楽「久石譲」等、豪華メンバーによって制作されたRPGスマホゲームのことです。

 

あらすじは、以下の通りです。

 

プレイヤーは、ある日、仮想現実ゲーム「ソウルダイバーズ」のβテストに参加します。しかし、ゲームを進めていく中で「ここはもう一つの現実世界だ……」と気づきます。

 

プレイヤーは、謎の少女ラニアと出会うことで、自分の使命を知ることとなります。

 

使命を果たすための冒険が始まる。

 

2worlds.netmarble.com

 

二ノ国は、今までシリーズ作品として4作品が発売されています。また、2019年には、映画化までされました。

 

しかし、本作『二ノ国:Cross Worlds』については、トレーラーを見る限り、シリーズ未プレイの方でも楽しめるように、新規ストーリーになっているようでした。

 

シリーズをプレイしてきた自分が感じる二ノ国シリーズの魅力は、"ジブリのような優しいファンタジックな世界を舞台にした王道RPG"だと思います。

 

気になる方は、ぜひ事前登録してみてください。(2020年下半期にリリース予定とのこと)

 

 

『二ノ国:Cross Worlds』のアンバサダー制度という取り組みが面白い

 

『二ノ国:Cross Worlds』では、アンバサダー制度という取り組みを行っています。

 

アンバサダーになるためには、公式HPにてメールアドレスとパスワードを登録する必要があります。

 

アンバサダーとして、会員限定のニュースを閲覧したりアンケートに答えたりすることで、アンバサダーポイントを入手することができます。

 

このアンバサダーポイントを利用することで、『二ノ国:Cross Worlds』とコラボした限定商品に応募したり等することができます!

 

こうした取り組みは、いちゲームクリエイターとしては、非常に面白いと感じています。

 

なぜなら、アンバサダーとして継続的にゲームの最新情報に触れて貰うことで、リリースまでの間の繋ぎとして、ユーザーの熱量を維持するのに役に立ちそうだと感じているためです。

 

俺も実際にアンバサダー登録をしてみました。

 

感想としては、『二ノ国:Cross Worlds』に関する最新情報を追いかけつつ、プレゼント応募もできるので、楽しいですね。

 

気になる方は、一度見てみてはいかがでしょうか?

2worlds.netmarble.com

 

尚、下記ラジオでは、エンタメ業界に関する最新情報についていち早く発信中!

 

また、筆者がシナリオ担当として描いたダークファンタジー小説「LANCASTER《ランカスター》 不死のラーフ篇」についても気になる方は、ぜひ試し読みしてみてください。