クリエイター生活!

現役ゲームクリエイターの視点から「最新のエンタメ業界情報」「クリエイターの生活×仕事」 について毎日発信中!

買切型ゲームアプリのメリットとデメリット

買切型ゲームアプリのメリットとデメリット

概要:「買切型ゲームアプリのメリットとデメリット」という話。

 

プロフィール:わたなべ りょう 

f:id:Toaru-GameDesigner:20201026214250p:plain

 

▼略歴
・明治大学政治経済学部卒

・株式会社カプコンに4年半勤務

・ゲームプランナー/アクションプランナー

・フリーランスとして独立

・特技は「テコンドー」「カポエイラ」

 

▼制作実績

・モンスターハンター ライズ

・モンスターハンター エクスプロア

・小説「LANCASTER《ランカスター》」

 

当ブログは、現役ゲームクリエイターの視点から、 以下情報について発信するブログとなります。

 

・最新のエンタメ業界に関するニュース

・クリエイターのライフスタイル×ワークスタイル

 

尚、下記ラジオでは、エンタメ業界に関する最新情報についていち早く発信中!

 

 

 

買切型ゲームアプリのメリットとデメリット

 

最近、Twitterにて、以下ツイートをしました。

 

 

日本一ソフトウェアから2019年4月に発売された家庭用ゲーム「殺人探偵ジャック・ザ・リッパー」が10月1日に買切型スマホゲーとして配信とのこと。

 

新規ボイスドラマも付くということなので、購入決定!

 

買切型アプリとアドベンチャーは、つくづく、相性いいと思う。

 

今日は、買切型ゲームアプリのメリットとデメリットについて紹介したいと思います。

 

 

そもそも「買切型ゲームアプリ」とは?

 

買切型ゲームアプリとは、パッケージソフトのように、一定金額を支払って購入するスマートフォンゲームアプリのことです。

 

例えば、以下の通りです。

 

「ドラゴンクエストV 天空の花嫁」 1840円

「 大逆転裁判」2560円

「真 流行り神 ブラインドマン編」370円

「深夜廻」1960円

 

 

 

 

買切型ゲームアプリのメリットとは

 

買切型ゲームアプリのメリットとしては、以下点が挙げられます。

 

買切型ゲームアプリのメリット① サーバー費用等の固定費が少なく済む(もしくはない)

オンラインのゲームアプリでは、逐次アップデート等が入るため、常にサーバーが必要となります。

 

また、オンラインMMO等では、複数のプレイヤーが協力してプレイすることがあるため、ある程度の同時接続による負荷に耐えられるサーバー容量が必要となります。

 

そのため、通常のゲームアプリでは、サーバー費用等の固定費が発生してしまいます。

 

しかし、買切型ゲームアプリは、一度購入すれば遊べるようになっているため、基本的にはサーバー費用等の固定費は不要となります。※アップデート等の通信を行うアプリについては除く

 

 

買切型ゲームアプリのメリット② ペイラインの算出をしやすい

買切型ゲームアプリの場合は、購入して貰った時点にて、収益が発生します。

 

そのため、開発側にとっては、ペイラインの設定がしやすいというメリットがあります。

 

つまり、何本ダウンロードして貰えれば、「開発コストの回収ができるか」が分かります。

 

ペイラインを超えれば、黒字。続編の検討も視野に入ります。

 

 

買切型ゲームアプリのデメリットとは

 

買切型ゲームアプリのデメリットとしては、有料課金を前提としたゲームのような高い収益性が見込めない点が挙げられると思います。

 

有料課金を前提としたゲームアプリの場合、大型アップデート等を通じて、一時的に高い収益を見込めます。

 

一方、買切型ゲームアプリの場合は、買切型となるため、コラボ・期間限定イベント等による高い収益性は見込めません。

 

そのため、一般的には、リピート販売によってコツコツ収益を上げていくことになります。

 

 

買切型ゲームアプリ×アドベンチャーは相性がいい

 

買切型ゲームアプリについては、アドベンチャーと相性がいいと考えています。

 

理由としては、エピソード1話ごとに販売することができるためです。

 

つまり、エピソード1話がペイラインに達すれば、エピソード2話、エピソード3話と販売ができるということです。

 

例えば、日本一ソフトウェア「真・流行り神」については、エピソード毎に販売しています。

出典:play.google.com

 

このように、エピソード1話ごとに発売すれば、「撤退」or「継続」について判断しやすいと思います。

 

そのため、買切型ゲームアプリについては、アドベンチャーと相性がいいと考えています。

 

尚、下記ラジオでは、エンタメ業界に関する最新情報についていち早く発信中!

 

また、筆者がシナリオ担当として描いたダークファンタジー小説「LANCASTER《ランカスター》 不死のラーフ篇」についても気になる方は、ぜひ試し読みしてみてください。