クリエイター生活!

現役ゲームクリエイターの視点から「最新のエンタメ業界情報」「クリエイターの生活×仕事」 について毎日発信中!

『ニーア リィンカーネーション』 の期待度が高い!

『ニーア リィンカーネーション』 の期待度が高い!

概要:「『ニーア リィンカーネーション』 の期待度が高い!」という話。

 

プロフィール:わたなべ りょう 

f:id:Toaru-GameDesigner:20201026214250p:plain

 

▼略歴
・明治大学政治経済学部卒

・株式会社カプコンに4年半勤務

・ゲームプランナー/アクションプランナー

・フリーランスとして独立

・特技は「テコンドー」「カポエイラ」

 

▼制作実績

・モンスターハンター ライズ

・モンスターハンター エクスプロア

・小説「LANCASTER《ランカスター》」

 

当ブログは、現役ゲームクリエイターの視点から、 以下情報について発信するブログとなります。

 

・最新のエンタメ業界に関するニュース

・クリエイターのライフスタイル×ワークスタイル

 

尚、下記ラジオでは、エンタメ業界に関する最新情報についていち早く発信中!

 

 

 

『ニーア リィンカーネーション』事前登録者数20万人突破!

 

最近、Twitterにて、以下ツイートをしました。

 

 

『NieR Re[in]carnation』の事前登録者数が20万人を突破したとのこと!

 

今作については、どのような世界観になっているのか、楽しみです。

 

『ニーア』シリーズは、RPGアクションとしても面白いけど、その独特な世界観も非常に気になるタイトルなので。

 

今日は、『ニーア リィンカーネーション』 の期待度が高い!」という話をしたいと思います。

 

 

そもそも『ニーア リィンカーネーション』とは?

出典:www.youtube.com

 

「ニーア リィンカーネーション」とは、株式会社スクウェア・エニックスが企画・制作を担当するスマートフォンゲームのことです。

 

あらすじについては、以下の通りです。

 

冷たい石の床の上で、少女は目を覚ます。

そこは大きな建造物が建ち並ぶ、広大な空間だった。

「ママ」と名乗る不思議な生物に導かれ、少女は石畳の上を歩き始めた。

失ったものを取り戻すため、そして、その罪を贖うために。

誰がどうやって作ったかも分からない

『檻(ケージ)』の中を。

 

引用:nierreincarnation.jp


気になるゲーム内容としては、公式トレーラーを見る限り、アクションRPGになりそうだと思っています。

 

尚、「ニーア」シリーズについては、今まで3作品ほど発売されています。

 

  1. 『ニーア レプリカント』
  2. 『ニーア ゲシュタルト』
  3. 『ニーア オートマタ』

 

前作『ニーア オートマタ』では、荒廃した世界から成るオープンワールドを舞台に、プレイヤーとなる人型アンドロイド兵士を通じて、アンドロイド特有の射撃アクション/飛行アクション/ハッキングアクションを楽しめるアクションRPGになっていました。

 

本作「ニーア リィンカーネーション」については、シリーズ初のスマートフォンゲームということで、アプリを通じて、"どのようなアクションRPGを楽しめるのか"期待しています。

 

 

『ニーア リィンカーネーション』北米・欧州版リリースも決定!

 

『ニーア リィンカーネーション』については、スクウェア・エニックスの発表によれば、北米・欧州版についてもリリースする予定とのことです。

 

尚、前作『NieR:Automata(ニーア オートマタ)』の世界累計出荷・ダウンロード販売本数については、450万本を突破したとのことです。※2020年3月時点

 

出典:dengekionline.com


そのため、本作『ニーア リィンカーネーション』についても非常にダウンロードされそうだと考えています。

 

欧州・北米におけるゲームの売上については、一般的には、ほかの海外市場より伸長しやすいため、売上についても見込めそうだと感じています。

 

いちゲームプランナーとしては、初動のダウンロード数について注目したい所です。

 

 

 

尚、下記ラジオでは、エンタメ業界に関する最新情報についていち早く発信中!

 

また、筆者がシナリオ担当として描いたダークファンタジー小説「LANCASTER《ランカスター》 不死のラーフ篇」についても気になる方は、ぜひ試し読みしてみてください。