クリエイター生活!

現役ゲームクリエイターの視点から「最新のエンタメ業界情報」「クリエイターの生活×仕事」 について毎日発信中!

パズル×懸賞ゲーム「パズルde懸賞」シリーズの人気の秘密

パズル×懸賞ゲーム「パズルde懸賞」シリーズの人気の秘密
概要:パズル×懸賞ゲーム「パズルde懸賞」シリーズの人気の秘密という話。

 

プロフィール:わたなべ りょう 

f:id:Toaru-GameDesigner:20201026214250p:plain

 

▼略歴
・明治大学政治経済学部卒

・株式会社カプコンに4年半勤務

・ゲームプランナー/アクションプランナー

・フリーランスとして独立

・特技は「テコンドー」「カポエイラ」

 

▼制作実績

・モンスターハンター ライズ

・モンスターハンター エクスプロア

・小説「LANCASTER《ランカスター》」

 

当ブログは、現役ゲームクリエイターの視点から、 以下情報について発信するブログとなります。

 

・最新のエンタメ業界に関するニュース

・クリエイターのライフスタイル×ワークスタイル

 

尚、下記ラジオでは、エンタメ業界に関する最新情報についていち早く発信中!

 

 

 

パズル×懸賞ゲーム「パズルde懸賞」シリーズの人気の秘密

 

最近、Twitterにて、以下ツイートをしました。

 

 

スマートフォンゲームアプリ「パズルde懸賞」シリーズの累計ダウンロード数600万突破とのこと。

 

子供の頃、雑誌等でよく「ナンプレde懸賞」を遊んでいたっけ……懐かしい。

 

スマホゲーになっていたんだ。ゲームを遊んで、懸賞も当たるかもって面白いね。

 

今日は、パズル×懸賞ゲーム「パズルde懸賞」シリーズの人気の秘密について紹介したいと思います。

 

 

パズル×懸賞ゲーム「パズルde懸賞」シリーズとは?

 

「パズルde懸賞」シリーズとは、パズルゲームを通じて、ゲーム内の問題を解くことで、Amazonギフト券等の景品抽選に応募できるスマートフォンゲームのことです。

 

例えば、「クロスワードde懸賞」では、その名の通り、タテヨコに交差したマスに適切な言葉を当てはめることで、問題クリアとなります。

 

問題クリア後は、Amazonギフト券等の景品抽選に応募に使用できる懸賞ポイントを獲得することができます。

 

出典:play.google.com

 

尚、「パズルde懸賞」シリーズについては、以下の通りとなります。

 

  1. ナンプレde懸賞
  2. リンク絵de懸賞
  3. ぬり絵de懸賞
  4. ロジックde懸賞
  5. ジクソーde懸賞
  6. クロスワードde懸賞

 

また、累計ダウンロード数については、600万を突破したとのことです。

 

株式会社アイモバイル(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:野口哲也、東証一部上場:証券コード6535)の連結子会社である、スマートフォン向けアプリの企画・開発・運営を行っているオーテ株式会社が提供するスマートフォンゲームアプリ「パズルde懸賞」シリーズは、「ナンプレde懸賞」や「クロスワードde懸賞」など全6タイトルをメインで運営しており、この度累計ダウンロード数が600万を突破いたしました。

 
引用:prtimes.jp


 

 

 

「パズルde懸賞」シリーズの人気の秘密は2つ

 

「パズルde懸賞」シリーズの人気の秘密は、以下2点が考えられます。

 

ヒットの要因1:シンプルで奥深いパズルゲームとしての需要

 

本シリーズについては、ナンプレ、クロスワード、ジグソーパズル等、頭を使ってゆっくり問題を解くパズルゲームとなっています。

 

基本的には、いわゆるアクションゲーム等のように、反射神経を求められるようなゲーム性はありません。また、制限時間などもないため、自分のペースでゆっくりプレイすることができます。

 

そのため、子供~お年寄りまで幅広い年齢層に遊んで貰えるゲームになっている印象です。

 

それでいて、問題数は非常に多いため、シンプルながら飽きにくい設計になっています。

 

 

 

ヒットの要因2:あわよくば景品も貰えるかもしれないという欲求

 

「パズルde懸賞」シリーズでは、問題をクリアすることで、懸賞応募用ポイントを入手することができます。

 

懸賞応募用ポイントを使用することで、掃除機・パソコン等の懸賞に応募することができます。

 

そのため、ゲームを遊びつつ、懸賞が当たるかもしれないというワクワク感も味わうことができます。

 

 

このように、"パズルゲームとしての楽しさ+懸賞応募としての楽しさ"こそ、本作のヒットの理由だと考えています。

 

 

尚、下記ラジオでは、エンタメ業界に関する最新情報についていち早く発信中!

 

また、筆者がシナリオ担当として描いたダークファンタジー小説「LANCASTER《ランカスター》 不死のラーフ篇」についても気になる方は、ぜひ試し読みしてみてください。