クリエイター生活!

現役ゲームクリエイターの視点から「最新のエンタメ業界情報」「クリエイターの生活×仕事」 について毎日発信中!

電子マンガ・ノベルサービス「ピッコマ」ヒットの秘密に迫る

電子マンガ・ノベルサービス「ピッコマ」ヒットの秘密に迫る
概要:「電子マンガ・ノベルサービス『ピッコマ』ヒットの秘密に迫る」という話。

 

プロフィール:わたなべ りょう 

f:id:Toaru-GameDesigner:20201026214250p:plain

 

▼略歴
・明治大学政治経済学部卒

・株式会社カプコンに4年半勤務

・ゲームプランナー/アクションプランナー

・フリーランスとして独立

・特技は「テコンドー」「カポエイラ」

 

▼制作実績

・モンスターハンター ライズ

・モンスターハンター エクスプロア

・小説「LANCASTER《ランカスター》」

 

当ブログは、現役ゲームクリエイターの視点から、 以下情報について発信するブログとなります。

 

・最新のエンタメ業界に関するニュース

・クリエイターのライフスタイル×ワークスタイル

 

尚、下記ラジオでは、エンタメ業界に関する最新情報についていち早く発信中!

 

 

 

電子マンガ・ノベルサービス「ピッコマ」ヒットの秘密に迫る

 

最近、Twitterにて、以下ツイートをしました。

 

 

ピッコマで2018年にスタートしたノベル配信は、開始当初の約60作品から、この度2020年10月に3,000作品を突破いたしましたとのこと。

 

2年で3000作品という配信ペースは、凄い……

 

ピッコマは、いま本当に勢いある人気アプリですな。

 

今日は、「電子マンガ・ノベルサービス『ピッコマ』の人気の秘密に迫る」という話をしたいと思います。

 

 

そもそも電子マンガ・ノベルサービス「ピッコマ」とは?

出典:piccoma.com

 

電子マンガ・ノベルサービス「ピッコマ」とは、"毎日待つだけで1作品につき1話を無料で読むことができる"というコンセプトを売りにした電子マンガ・ノベルサービスのことです。

 

尚、アプリ版「ピッコマ」は、2016年4月20日のサービスリリース以来、累計2,300万ダウンロードを突破したとのことです。※ 累計ダウンロード数は 2020年9月時点の iOS/Android の合算です。

 

また、iOS/Androidアプリ売上ランキングでは、常にTOP10にランクインするような大人気サービスになっています。

 

ピッコマ TV CM

出典:www.youtube.com

 

  

「ピッコマ」ヒットの秘密①:毎日ログインしたくなる設計

 

ピッコマのヒットの要因の一つとしては、"毎日ログインしたくなる設計"が挙げられると思います。

 

ピッコマでは、ユーザーに毎日ログインして貰うために、主に以下2種の施策を行っています。

 

Ⅰ. 毎日1作品につき1話無料で読める

ピッコマでは、プラットフォーム内で配信中となる漫画であれば、毎日1作品につき1話無料で読むことができます。

 

例えば、今日無料で「ヒカルの碁」1巻1話を読んだ後は、また明日無料で1巻2話を読むことができます。

 

もちろん、"¥0+券"または"コイン"といった一部課金アイテムさえ持っていれば、続けて2話3話と読み進めることもできます。

 

しかし、このような一部課金アイテムを持っていなかったとしても、時間さえ掛ければ、基本的には毎日1作品につき1話無料で読むことができます。※最新話など一部エピソード除く

 

 

Ⅱ. ログインするだけでボーナスを貰える

ピッコマでは、毎日ログインするだけで、作品を読むのに使用できるアイテム/コインを入手することができます。

 

言ってみれば、スマホゲームのログインボーナスです。

 

 

このように、毎日ログインしたくなる設計にすることで、アクティブユーザー率が高くなっているのだと思います。

 

 

「ピッコマ」ヒットの秘密②:漫画・小説という続きが気になる特性を活かした課金システム

 

漫画・小説というのは、得てして1話・2話と見てしまうと、続きが気になるものです。

 

ピッコマでは 、"¥0+券"または"コイン"といった一部課金アイテムを持っていれば、続けて2話3話と読み進めることができます。

 

つまり、待てば無料で読めるけど、課金することで、ノンストップに読み進めることができます。

 

そのため、社会人など忙しいユーザー(可処分所得の高い層)を中心に、"課金してすぐに読む"という需要が高いのだと思われます。

 

 

いちユーザーとして、いちクリエイターとして、ピッコマを使ってみた感想としては、大体こんな感じです。

 

おそらく企画・設計の上流工程にスマホゲーム系のプランナーが加わっていそうという印象です。スマホゲームで使用されているゲームデザインがよく織り込まれていると思いました。

 

 

尚、下記ラジオでは、エンタメ業界に関する最新情報についていち早く発信中!

 

また、筆者がシナリオ担当として描いたダークファンタジー小説「LANCASTER《ランカスター》 不死のラーフ篇」についても気になる方は、ぜひ試し読みしてみてください。