クリエイター生活!

現役ゲームクリエイターの視点から「最新のエンタメ業界情報」「クリエイターの生活×仕事」 について毎日発信中!

シリーズ初のスマホゲーム『ロックマンX DiVE』が楽しみ!

シリーズ初のスマホゲーム『ロックマンX DiVE』が楽しみ!

概要:「シリーズ初のスマホゲーム『ロックマンX DiVE』が楽しみ!」という話。

 

プロフィール:わたなべ りょう 

f:id:Toaru-GameDesigner:20201026214250p:plain

 

▼略歴
・明治大学政治経済学部卒

・株式会社カプコンに4年半勤務

・ゲームプランナー/アクションプランナー

・フリーランスとして独立

・特技は「テコンドー」「カポエイラ」

 

▼制作実績

・モンスターハンター ライズ

・モンスターハンター エクスプロア

・小説「LANCASTER《ランカスター》」

 

当ブログは、現役ゲームクリエイターの視点から、 以下情報について発信するブログとなります。

 

・最新のエンタメ業界に関するニュース

・クリエイターのライフスタイル×ワークスタイル

 

尚、下記ラジオでは、エンタメ業界に関する最新情報についていち早く発信中!

 

 

 

シリーズ初のスマホゲーム『ロックマンX DiVE』が楽しみ!

 

最近、Twitterにて、以下ツイートをしました。

 

 

『ロックマンX DiVE』 配信開始日が10月26日(月)に決定とのこと!

 

『ロックマンX』シリーズがスマホで遊べるということで、かなり楽しみ!

 

今日は、「シリーズ初のスマホゲーム『ロックマンX DiVE』が楽しみ!」という話をしたいと思います。

 

 

そもそも『ロックマンX』とは?

※上記動画は『ロックマンX』シリーズ8作品について収録した『ロックマンⅩ アニバーサリー コレクション』の紹介映像。

 

『ロックマンX』シリーズとは、エックスと呼ばれる青い人型ロボットを通じて、次々と現れる障害物・敵を乗り越え、時には倒したボスの戦闘スタイルを利用して、ステージを攻略していく2D横スクロールアクションゲームのことです。

 

『ロックマン』シリーズについては、株式会社カプコン(9697)が販売する作品となります。

 

『ロックマン』シリーズの総販売数量については、3,600万本を記録したとのことです。

 

海外では、『Megaman』というタイトルで販売され、非常に人気なタイトルになっています。

 

  

スマホゲーム『ロックマンX DiVE』がいよいよ2020年10月26日配信!

www.youtube.com

 

『ロックマンX DiVE』ゲーム内容について

 

『ロックマンX DiVE』については、『ロックマンX』シリーズを軸とした作品になるということで、『ロックマンX』に登場したキャラクターが多数登場するとのことです。

 

エックス、ゼロなどの複数のキャラクターの中からキャラクターを選べるみたいです。

 

そのため、本作では、自分の好きなキャラクターを通じて、ステージ攻略を楽しめそうです。

 

また、本作では、武器、スキル、頭・胸・腰などの各部位ごとに存在するアーマーと呼ばれる装備など、カスタマイズ要素が豊富にあるみたいなので、カスタマイズのしがいがありそうです。

 

開発者視点で言えば、武器・防具・スキルなど育成要素が豊富にあるということで、マネタイズしやすそうだとも思っています。

 

 

『ロックマンX DiVE』ストーリーについて

 

様々なゲームデータが保存されている電脳世界"ディープログ"。

 

原因不明のバグにより、電脳世界"ディープログ"に保存されている「ロックマンX」のゲームデータがメチャクチャになってしまった。

 

プレイヤーは、突如現れたナビゲーター「リコ」に導かれ、"ディープログ"の世界に飛び込む(ダイヴ)ことに!

 

"ディープログ"で再現できるハンタープログラムの「エックス」や「ゼロ」などのおなじみのハンターを操作し、イレギュラーデータを倒してゲームデータを修復せよ!

 

出典引用: mobile.capcom.com

 

 

 

尚、事前登録者については、10万人を突破したとのことです。

 

事前登録者数10万人というと、最近アニメ化されたスマホゲームアサルトリリィ Last Bullet」の事前登録者より少し多いくらいです。

 

特に目立ったCM・メディアミックスもないのに、事前登録者10万人ということは、それだけ根強いファンがいるということだと思います。

 

リリースが楽しみです!

 

  

尚、下記ラジオでは、エンタメ業界に関する最新情報についていち早く発信中!

 

また、筆者がシナリオ担当として描いたダークファンタジー小説「LANCASTER《ランカスター》 不死のラーフ篇」についても気になる方は、ぜひ試し読みしてみてください。