クリエイター生活!

現役ゲームクリエイターの視点から「最新のエンタメ業界情報」「クリエイターの生活×仕事」 について毎日発信中!

ラノベ・小説1冊を書く際は5万字~10万字を目指そう

小説1冊を書く際は5万字~10万字を目指そう
概要:小説を制作・販売している視点から「小説1冊あたりの文字数の目安」について紹介!

 

 

プロフィール:わたなべ りょう 

f:id:Toaru-GameDesigner:20201026214250p:plain

 

▼略歴
・明治大学政治経済学部卒

・株式会社カプコンに4年半勤務

・ゲームプランナー/アクションプランナー

・フリーランスとして独立

・特技は「テコンドー」「カポエイラ」

 

▼制作実績

・モンスターハンター ライズ

・モンスターハンター エクスプロア

・小説「LANCASTER《ランカスター》」

 

当ブログは、現役ゲームクリエイターの視点から、 以下情報について発信するブログとなります。

 

・最新のエンタメ業界に関するニュース

・クリエイターのライフスタイル×ワークスタイル

 

尚、下記ラジオでは、エンタメ業界に関する最新情報についていち早く発信中!

 

 

 

小説・ラノベ1冊あたりの文字数は大体5~10万字程度

 

ライトノベル1冊あたりの文字数については、大体、5~10万字程度だと思われます。

 

例えば、ライトノベルで有名な電撃文庫の新人賞の規約では、1冊のページ数について以下の通りとなっています。

 

  1. 長編:400字詰め原稿用紙 250~370枚
  2. 短編:400字詰め原稿用紙 42~100枚

 

長編小説の文字数の目安については、10~15万字程度となっています。

 

一方、短編小説の文字数の目安については、15000~40000字程度となっています。

 

とはいえ、実際には、原稿用紙に目一杯に文字を埋めることは少ないため、ラノベ一冊あたりの文字数はもう少し少ないと思われます。

 

上記点を鑑みれば、ライトノベル1冊あたりの文字数については、大体、5~10万字程度だと思われます。

 

実際、筆者が制作している小説『LANCASTER《ランカスター》不死のラーフ篇』についても上記文字数程度となっています。

 

 

 

※統計などの正確なデータはないため、あくまで推測となります

※ライトノベルによっては文字数が多いものもあると思われます

※あくまで一つの目安として見てください

 

 

初めて小説・ラノベを書く人は5万字程度を目指そう

 

初めて小説を書く人については、一旦5万字程度を目指してみてください。

 

5万字程度あれば、無事に起承転結を経て、物語を終えることができると思います。

 

また、5万字程度あれば、書籍にした際に、本屋でよく見る文庫本くらいの厚さになるので、見栄えも良いです。

 

そのため、これから初めて小説を書く人については、一旦の目安として5万字程度を目指してみてください。

 

 

尚、短編の場合は、5万字も必要ないかと思います。

 

短編については、1万字程度あれば、書き上げられると思います。

 

 

ダークファンタジー小説「LANCASTER《ランカスター》」

小説「LANCASTER《ランカスター》 不死のラーフ篇」概要紹介

 

その男、死ぬ度に、思い出す度に、強くなる──

 

ある日、現代からタイムスリップした一人の男。

目が覚めると、そこは中世暗黒時代、百年戦争の地だった。

生きて再び現代に戻る条件はただ一つ。

あらゆる願いを叶える《奇蹟の円環》を手に入れる事ーー

生死を賭した中世ダークファンタジー剣戟譚、開幕!!

 

現在、下記各種プラットフォームにて、絶賛連載中!

 

▼エブリスタ

https://estar.jp/novels/25734692

 

▼アルファポリス

https://www.alphapolis.co.jp/novel/273525405/908432974

 

▼Pixiv

https://www.pixiv.net/novel/series/1432353

 

▼ノベルアップ+

https://novelup.plus/story/277321143

 

▼MAGNET MACROLINK

https://www.magnet-novels.com/novels/66473