クリエイター生活!

現役ゲームクリエイターの視点から「最新のエンタメ業界情報」「クリエイターの生活×仕事」 について毎日発信中!

小説「LANCASTER《ランカスター》」第8話 運命との邂逅(8)

小説「LANCASTER《ランカスター》」

概要:小説「LANCASTER《ランカスター》」第8話 運命との邂逅(8)

 

 小説「LANCASTER《ランカスター》」あらすじ

 

その男、死ぬ度に、思い出す度に、強くなる──

 

ある日、現代からタイムスリップした一人の男。

目が覚めると、そこは中世暗黒時代、百年戦争の地だった。

生きて再び現代に戻る条件はただ一つ。

あらゆる願いを叶える《奇蹟の円環》を手に入れる事ーー

生死を賭した中世ダークファンタジー剣戟譚、開幕!!

 

不死のラーフ篇 第1話 運命との邂逅(1)

 

 

不死のラーフ篇 第8話 運命との邂逅(8)

 

 

ザンテツは、鉤爪にこびり付いた肉をしゃぶる。

 

「オデ、オナカ、ヘッタ」

「なんだ、このデカブツは……」

 

黒刀を構え直す烏。

ザンテツは、苦そうに口から肉を吐く。

 

「オトコノ肉、マズイ。ハラヘッタ」

 

烏のことを気にも留めない様子のザンテツ。

まるで飢えた獣のように鼻をフガフガと鳴らし、辺りを伺う。

烏は、一足飛びでザンテツの背を取る。

 

「隙だらけだ。今の内に仕留める――」

 

黒い一閃を放つ。

ザンテツの首が打ち上がる。

――と思われた。

 

 

 

次話:不死のラーフ篇 第9話 運命との邂逅(9)

 

 

▼電子書籍版