クリエイター生活!

現役ゲームクリエイターの視点から「クリエイターの生活/仕事」 について毎日発信中!

小説「LANCASTER《ランカスター》」第12話 運命との邂逅(12)

小説「LANCASTER《ランカスター》」

概要:小説「LANCASTER《ランカスター》」第12話 運命との邂逅(12)

 

 小説「LANCASTER《ランカスター》」あらすじ

 

その男、死ぬ度に、思い出す度に、強くなる──

 

ある日、現代からタイムスリップした一人の男。

目が覚めると、そこは中世暗黒時代、百年戦争の地だった。

生きて再び現代に戻る条件はただ一つ。

あらゆる願いを叶える《奇蹟の円環》を手に入れる事ーー

生死を賭した中世ダークファンタジー剣戟譚、開幕!!

 

不死のラーフ篇 第1話 運命との邂逅(1)

 

 

不死のラーフ篇 第12話 運命との邂逅(12)

 

 

忘れていた記憶の一部が蘇る。

白い無機質の建物の中、鎧を纏った藁人形が無造作に並べられている。

烏。

そして、もうひとり別の人間が立っている。

背中に刀を差した黒衣の翁だ。

 

「烏よ、刃が通らぬ相手に、闇雲に刀を振ってはならぬ」

「なら、どうすればいい」

「どんな硬い鎧にも必ず弱点はある」

「弱点……?」

 

不思議そうに黒衣の翁を見つめる烏。

黒衣の翁は、地面に刃先を向けて構える。

 

「まあ、見てると良い」

 

刹那、上空へ高く飛び上がる。

 

「弐ノ殺陣 《鎧通し》」

 

地面に足を着ける黒衣の翁。

刹那、藁人形の首筋に刀が垂直に突き刺さる。

見事に鎧の間を刺し貫いていた。

思い出した記憶は、そこまでだった。

 

 

次話:不死のラーフ篇 第13話 運命との邂逅(13)

 

 

▼電子書籍版