クリエイター生活!

現役ゲームクリエイターの視点から「クリエイターの生活/仕事」 について毎日発信中!

小説「LANCASTER《ランカスター》」第18話 運命との邂逅(18)

小説「LANCASTER《ランカスター》」

概要:小説「LANCASTER《ランカスター》」第18話 運命との邂逅(18)

 

 小説「LANCASTER《ランカスター》」あらすじ

 

その男、死ぬ度に、思い出す度に、強くなる──

 

ある日、現代からタイムスリップした一人の男。

目が覚めると、そこは中世暗黒時代、百年戦争の地だった。

生きて再び現代に戻る条件はただ一つ。

あらゆる願いを叶える《奇蹟の円環》を手に入れる事ーー

生死を賭した中世ダークファンタジー剣戟譚、開幕!!

 

不死のラーフ篇 第1話 運命との邂逅(1)

 

 

不死のラーフ篇 第18話 運命との邂逅(18)

 

 

次の瞬間、森の中から勢いよく一匹の馬が飛び出る。

揺れる淡い栗色の髪。

なびく外套。

身の丈を超える大きな長弓。

月明りの下、翡翠の瞳の女弓兵が現れる。

 

「ランカスター隊長を傷付けようとする者には容赦しませんッ!」

 

驚異的な速射。

恐るべき命中精度。

額に風穴を開けて、次々に倒れる盗賊の残党。

あっという間に盗賊の死体が積み上がる。

烏は、怪訝に女弓兵を睨む。

 

「一体、何者だ……」

 

女弓兵は、馬から降りる。

烏をよそ目に、心配そうにランカスターの下へ駆け寄る。

 

「お怪我はありませんか、ランカスター隊長!」

「うむ。見ての通りだ」

「良かった……」

「礼を言うぞ、ホークアイ」

「れれれ礼なんて……そんな滅相もないですッ!」

 

ホークアイと呼ばれた少女は、風で乱れた髪を整えながら、嬉しそうにはにかむ。

 

小説「LANCASTER《ランカスター》」

 

 

次話:不死のラーフ篇 第19話 運命との邂逅(19)

 

 

▼電子書籍版