クリエイター生活!

現役ゲームクリエイターの視点から「クリエイターの生活/仕事」 について毎日発信中!

小説「LANCASTER《ランカスター》」第20話 運命との邂逅(20)

小説「LANCASTER《ランカスター》」

概要:小説「LANCASTER《ランカスター》」第20話 運命との邂逅(20)

 

 小説「LANCASTER《ランカスター》」あらすじ

 

その男、死ぬ度に、思い出す度に、強くなる──

 

ある日、現代からタイムスリップした一人の男。

目が覚めると、そこは中世暗黒時代、百年戦争の地だった。

生きて再び現代に戻る条件はただ一つ。

あらゆる願いを叶える《奇蹟の円環》を手に入れる事ーー

生死を賭した中世ダークファンタジー剣戟譚、開幕!!

 

不死のラーフ篇 第1話 運命との邂逅(1)

 

 

不死のラーフ篇 第20話 運命との邂逅(20)

 

 

ランカスターは、凛としてホークアイを見つめる。

 

「私の瞳に掛けて誓おう。烏は悪い人間ではない、と」

「ランカスター隊長がそう言うのであれば……」

 

栗色の髪を揺らしながら謝罪するホークアイ。

花の蜜のような柔らかい甘い香りが漂う。

烏は、静かにホークアイを見つめる。

 

「別にいい」

 

ホークアイは、桜色の唇に指を当てる。

 

「それはそうと、烏というのは貴官の名前でしょうか?」

「どうやら記憶がないらしいのだ」

 

夜空に浮かぶ月を見上げるランカスター。

ホークアイは、眉をひそめる。

 

「記憶がない……?」

「ああ。自分が誰かも……ここにどうやって来たかも……」

「では、烏というのは……?」

「記憶の中でそう呼ばれていただけだ」

 

頭を抱える烏。

今はほかに何も思い出せなかった。

 

 

次話:不死のラーフ篇 第21話 運命との邂逅(21)

 

 

▼電子書籍版