クリエイター生活!

現役ゲームクリエイターの視点から「クリエイターの生活/仕事」 について毎日発信中!

小説「LANCASTER《ランカスター》」第22話 運命との邂逅(22)

小説「LANCASTER《ランカスター》」

概要:小説「LANCASTER《ランカスター》」第22話 運命との邂逅(22)

 

 小説「LANCASTER《ランカスター》」あらすじ

 

その男、死ぬ度に、思い出す度に、強くなる──

 

ある日、現代からタイムスリップした一人の男。

目が覚めると、そこは中世暗黒時代、百年戦争の地だった。

生きて再び現代に戻る条件はただ一つ。

あらゆる願いを叶える《奇蹟の円環》を手に入れる事ーー

生死を賭した中世ダークファンタジー剣戟譚、開幕!!

 

不死のラーフ篇 第1話 運命との邂逅(1)

 

 

不死のラーフ篇 第22話 運命との邂逅(22)

 

 

烏は、逡巡する。

 

「全て信じられた訳ではない。だが、それで、ある程度は説明がつく」

 

誰に聞かす訳でもなく思考を漏らす。

 

「瓦葺の村、盗賊、騎士……ここは、俺の知っている現実ではない」

 

烏の色褪せた記憶が蘇る。

ビル。車。道路を行き交う人々の姿。

まるで今とは異なる世界の情景が浮かぶ。

疑惑は、徐々に確信へ変わる。

 

「ここは、俺の知らない違う世界だというのか……」

 

ランカスターは、烏の顔を覗く。

 

「どうしたのだ。顔色が悪いぞ」

「あり得ない話だが……」

「……」

「もし、ある世界からこの世界に来た、と言ったら、信じられるか?」

 

震える声で言葉を絞り出す烏。

その足は、微かに震えていた。

 

 

次話:不死のラーフ篇 第23話 運命との邂逅(23)

 

 

▼電子書籍版