クリエイター生活!

現役ゲームクリエイターの視点から「クリエイターの生活/仕事」 について毎日発信中!

小説「LANCASTER《ランカスター》」第33話 深まる謎(6)

小説「LANCASTER《ランカスター》」

概要:小説「LANCASTER《ランカスター》」第33話 深まる謎(6)

 

 小説「LANCASTER《ランカスター》」あらすじ

 

その男、死ぬ度に、思い出す度に、強くなる──

 

ある日、現代からタイムスリップした一人の男。

目が覚めると、そこは中世暗黒時代、百年戦争の地だった。

生きて再び現代に戻る条件はただ一つ。

あらゆる願いを叶える《奇蹟の円環》を手に入れる事ーー

生死を賭した中世ダークファンタジー剣戟譚、開幕!!

 

不死のラーフ篇 第1話 運命との邂逅(1)

 

 

不死のラーフ篇 第33話 深まる謎(6)

 

 

烏は、吐血しながら立ち上がる。

 

「俺が盗賊だと……」

「下手な芝居はよさないかい」

「勘違いしているのか」

「やれやれ、まだ続けるか」

 

長剣を構える眼帯の男。

烏もまた黒刀を構える。

 

「仕方ない」

 

一足飛びで相手の背に回る烏。

黒い一閃を放つ。

しかし、虚しく空を斬る。

眼帯の男は、すかさず長剣を振り下ろす。

 

「そんな単純な動きでは僕は倒せないよ」

「速ッ――」

 

なんとか間一髪で回避する烏。

眼帯の男は、感心したように頷く。

 

「へぇ、今のを避けたか」

「コイツ……」

 

烏は、今の一瞬で悟った。

この眼帯の男は、今まで出会ったどの敵よりも危険だと。

 

 

次話:不死のラーフ篇 第34話 深まる謎(7)

 

 

▼電子書籍版