クリエイター生活!

現役ゲームクリエイターの視点から「最新のエンタメ業界情報」「クリエイターの生活×仕事」 について毎日発信中!

【西洋史】ウェールズの長弓(ロングボウ)について

【西洋史】ウェールズの長弓(ロングボウ)について

概要:『中世ヨーロッパ ウェールズの長弓(ロングボウ)』について一挙紹介!

 

 

プロフィール:わたなべ りょう 

f:id:Toaru-GameDesigner:20201026214250p:plain

 

▼略歴
・明治大学政治経済学部卒

・株式会社カプコンに4年半勤務

・ゲームプランナー/アクションプランナー

・フリーランスとして独立

・特技は「テコンドー」「カポエイラ」

 

▼制作実績

・モンスターハンター ライズ

・モンスターハンター エクスプロア

・小説「LANCASTER《ランカスター》」

 

当ブログは、現役ゲームクリエイターの視点から、 以下情報について発信するブログとなります。

 

・最新のエンタメ業界に関するニュース

・クリエイターのライフスタイル×ワークスタイル

 

 

中世ヨーロッパを舞台とした作品を書きたい方は、以下1冊があると便利だと思います。 

創作に役立つ中世ヨーロッパ知識

 

【創作知識】長弓(ロングボウ)射程距離・飛距離について

 

主にイングランドにて使用された長弓の射程距離は、ディスカバリーチャンネルにて放送されたロングボウの回によれば、約100メートル程度と解説されていました。

 

しかし、1415年に起きたアジンコートの戦いでは、600~700メートル程度しかない平地に並べられた長弓兵が対峙する騎士に大損害を与えました。

 

このことから、発射位置・技量・筋量・熟練度次第では、射程は500メートル以上とも言えそうです。

 

尚、アジンコートの戦いを目撃した人の証言によれば、矢の雨だったということでした。

 

 

【創作知識】長弓(ロングボウ)の材料・材質について

 

主にイングランドにて使用された長弓(ロングボウ)の材料は、ヨーロッパイチイとなります。

 

ヨーロッパイチイの幹から取り出した材木は、芯材と辺材に分けられます。

 

白い辺材は、引っ張ると伸びる性質があるため、湾曲した弓の外側として使用されます。

 

一方、茶色い芯材は、圧縮に耐える性質があるため、弓の内側として使用されます。

 

これらの材木は、職人の加工を経て、より柔軟性を増します。

 

加工後は、ティラーという装置を利用して、弓の強度とバランスを試します。

 

半円を描くようにしなやかに曲がれば曲がるほど、良いものとされます。

 

 

【創作知識】長弓(ロングボウ)は鎧を貫ける程の威力があるか?

 

主にイングランドにて使用された長弓(ロングボウ)は、鎧の最も厚い部分さえも貫く威力があったとされています。

 

イギリス軍の弓兵は、長弓を以て、フランスの重騎兵を貫きました。

 

ディスカバリーチャンネルでは、鎧どころか、木々の幹を貫通した事例さえあると紹介されていました。

 

 

【創作知識】長弓(ロングボウ)のサイズ・長さ・大きさは4~6フィート(120~180cm)

 

主にイングランドにて使用された長弓(ロングボウ)のサイズは、4~6フィート(120~180cm)とされています。

 

大きい物では、2m近い物もあったとか。

 

 

【創作知識】長弓(ロングボウ)の重さ・重量は1kg程度

 

長弓本体の重さは、物にもよるけれど、大体1kgぐらいものが多いそうでした。

 

 

ダークファンタジー小説「LANCASTER《ランカスター》」

小説「LANCASTER《ランカスター》 不死のラーフ篇」概要紹介

 

その男、死ぬ度に、思い出す度に、強くなる──

 

ある日、現代からタイムスリップした一人の男。

目が覚めると、そこは中世暗黒時代、百年戦争の地だった。

生きて再び現代に戻る条件はただ一つ。

あらゆる願いを叶える《奇蹟の円環》を手に入れる事ーー

生死を賭した中世ダークファンタジー剣戟譚、開幕!!

 

 

▼LANCASTER《ランカスター》 第1話

 

 

▼電子書籍版