クリエイター生活!

現役ゲームクリエイターの視点から「最新のエンタメ業界情報」「クリエイターの生活×仕事」 について毎日発信中!

中世ヨーロッパの果物・デザート・スイーツ事情

中世ヨーロッパの果物・デザート・スイーツ事情
概要:『中世ヨーロッパの果物・デザート・スイーツ事情』について一挙紹介!

 

 

プロフィール:わたなべ りょう 

f:id:Toaru-GameDesigner:20201026214250p:plain

 

▼略歴
・明治大学政治経済学部卒

・株式会社カプコンに4年半勤務

・ゲームプランナー/アクションプランナー

・フリーランスとして独立

・特技は「テコンドー」「カポエイラ」

 

▼制作実績

・モンスターハンター ライズ

・モンスターハンター エクスプロア

・小説「LANCASTER《ランカスター》」

 

当ブログは、現役ゲームクリエイターの視点から、 以下情報について発信するブログとなります。

 

・最新のエンタメ業界に関するニュース

・クリエイターのライフスタイル×ワークスタイル

 

 

中世ヨーロッパを舞台とした作品を書きたい方は、以下1冊があると便利だと思います。 

 

【中世ヨーロッパ】果物(フルーツ)事情について

 

中世ヨーロッパでは、主に以下のような果物が食べられていました。

 

中世ヨーロッパの果物(フルーツ)①:葡萄

葡萄は、ギリシャ人によって、紀元前6世紀頃にフランスへ持ち込まれました。

 

その後、フランス南部では、ワインの生産が広がりました。

 

有名なワインの生産地としては、ブルゴーニュ、シャンパーニュ等です。

 

 

中世ヨーロッパの果物(フルーツ)②:メロン

メロンは、古くは古代エジプトから栽培されていました。

 

しかし、ヨーロッパ地方におけるメロンの栽培は、14~16世紀頃だとされています。

 

理由としては、メロンは温暖な気候でしか栽培できないためです。

 

庶民に行き渡るまでの生産量はなかったため、裕福な人ぐらいしか食べていなかっただろうと思われます。

 

 

中世ヨーロッパの果物(フルーツ)③:桃

桃については、紀元前2世紀頃より、シルクロードを通じて、中国からペルシャに伝わりました。

 

その後、ギリシャにも伝わりました。

 

6世紀頃には、フランスにも伝わりました。

 

当時の桃は、今のように甘くて柔らかい果肉ではなく、硬くて水っぽいようでした。

 

中世ヨーロッパの果物(フルーツ)④:林檎

リンゴは、コーカサス地方からヨーロッパに広がりました。

 

今から4000年以上前には、既に栽培が始まっていたようです。

 

尚、16世紀頃までのリンゴについては、今のリンゴより小さい果実でした。

 

 

中世ヨーロッパの果物(フルーツ)⑤:梨

梨は、ギリシャ・ローマ時代には既に栽培が始まっていたようです。

 

11世紀頃には、ヨーロッパ各国にて栽培が行われていたようです。

 

尚、フランスでは、特に梨の栽培が進みました。

 

 

【中世ヨーロッパ】デザート・スイーツ事情について

中世ヨーロッパのデザート・スイーツとしては、以下のような物が食べられていました。

 

中世ヨーロッパのデザート・スイーツ①:クレープ

中世ヨーロッパのデザート・スイーツ②:カスタード

中世ヨーロッパのデザート・スイーツ③:タルト

中世ヨーロッパのデザート・スイーツ④:ワッフル

中世ヨーロッパのデザート・スイーツ⑤:ウエハース

中世ヨーロッパのデザート・スイーツ⑥:キャンディ

中世ヨーロッパのデザート・スイーツ⑦:コンフェッティ(焼き菓子)

 

尚、フルーツ等がふんだんに入った豪華なデザート・スイーツについては、庶民の間では珍しいようでした。

 

 

ダークファンタジー小説「LANCASTER《ランカスター》」

小説「LANCASTER《ランカスター》 不死のラーフ篇」概要紹介

 

その男、死ぬ度に、思い出す度に、強くなる──

 

ある日、現代からタイムスリップした一人の男。

目が覚めると、そこは中世暗黒時代、百年戦争の地だった。

生きて再び現代に戻る条件はただ一つ。

あらゆる願いを叶える《奇蹟の円環》を手に入れる事ーー

生死を賭した中世ダークファンタジー剣戟譚、開幕!!

 

 

▼LANCASTER《ランカスター》 第1話

 

 

▼電子書籍版