クリエイター生活!

現役ゲームクリエイターの視点から「クリエイターの生活/仕事」 について毎日発信中!

小説「LANCASTER《ランカスター》」第43話 深まる謎(16)

小説「LANCASTER《ランカスター》」

概要:小説「LANCASTER《ランカスター》」第43話 深まる謎(16)

 

 小説「LANCASTER《ランカスター》」あらすじ

 

その男、死ぬ度に、思い出す度に、強くなる──

 

ある日、現代からタイムスリップした一人の男。

目が覚めると、そこは中世暗黒時代、百年戦争の地だった。

生きて再び現代に戻る条件はただ一つ。

あらゆる願いを叶える《奇蹟の円環》を手に入れる事ーー

生死を賭した中世ダークファンタジー剣戟譚、開幕!!

 

不死のラーフ篇 第1話 運命との邂逅(1)

 

 

不死のラーフ篇 第43話 深まる謎(16)

 

 

ランカスターは、ムキになって、一羽の山鳥を掴む。

 

「そこまで言われてはもはや引き下がれぬ」

「ま、待て……」

「料理は私が作ろう」

「……」

 

青ざめる一同。

まもなく料理ができ上がる。

一同の前に差し出された料理。

そこに、山鳥の姿形はもうない。

ボロボロの炭。

その味は、予想どおり凄惨だった。

ホークアイは、急いで残りの山鳥を捌く。

 

「あとは私が作ります!」

 

まもなく正真正銘の料理ができ上がる。

こんがり芳ばしく焼けた肉。

一口噛めば、肉汁が溢れる。

美味の一言に尽きた。

こうして激動の異世界生活一日目は、過ぎていった。

 

 

次話:不死のラーフ篇 第44話 明けない夜(1)

 

 

▼電子書籍版